2/4 抱湖園の桜が満開です。

例年2月の第一日曜に開催される抱湖園での桜まつりに
ご近所さんと行ってきました。

今年は寒波にすっぽりと日本列島が覆われ
寒いはずなのに、
例年より桜が早く咲いたようです。

いつもは3分咲だったりして、
お祭りを少しずらせばいいのにと思っていたのですが、
今年は満開です,ドンピシャです。

不思議ですね。

DSC_0211.jpg

その為、大勢の地元の人で賑わい、
太鼓演奏、
DSC_0207.jpg

琴演奏、

紙芝居(和田町で花栽培を始め、抱湖園を作った人の自伝)が
DSC_0210.jpg

行われています。

青い空と海、ピンクの桜が良いコントラストです。

抱湖園の上の池の周りの桜は
残念ながら桜が枯れたりして桜が少なく、
勢いがなくなっているように感じます。

DSC_0212.jpg

世話をする人が年々少なくなってきているようです。
老齢化、残念です。

1/29 椎茸の原木の伐採

今期の椎茸は何故かなりが悪く、
ほとんど収穫(10個)が出来ませんでした。

夏の日差しをカバーしていた寒冷紗がはがれていたりして
直射日光が当たりすぎたせいかもしれません。

毎年、取れていたものが取れないのは寂しいものです。

それで、2年おきに原木を補充していたのを、
今年は去年に引き続き行います。

DSC_0198.jpg

林に入り、クヌギを探し、チエンソーで木を切り倒します。
チエンソーの切り倒しは手慣れたもので簡単にできます。

困るのは切り倒した木が他の木に寄りかかり、
途中でひっかかり倒れてくれないことです。

ロープで引っ張り倒そうとしますが、なかなか。

3人がかりでエッチラエッチラと汗を流します。

漸く切り出した原木を陽に当て乾燥させます。
DSC_0199.jpg

3月になれば原木に椎茸の菌を植え付けて出来上がりです。

2/27 寒波で凍る中にも南房総には春の兆しが

朝起きると部屋の気温が8度、寒さに震えます。

それでも、陽がさしてくると、部屋はポッカポッカ、
ストーブはいりません。

お陽さんに誘われて、久しぶりに二子棚田へ散歩に出かけます。

DSC_0191.jpg
人っ子一人おらず、静寂そのものです。
田起こしされた棚田、
春の田植えに向かって準備が進んでいます。

DSC_0195.jpg
道端の桜も蕾をつけ、咲きだしています。

DSC_0193.jpg
お目当ての蕗の薹もちらほら。

食べる分だけ少し頂き、蕗味噌を作って
昼飯にアツアツのご飯にのせていただきます。

甘苦い春の香りが口の中にパアーと広がります。
春はもうすぐそこまで来ています。

1/26 寒波襲来の中のゴルフってあり?

ご近所さんとのゴルフを南総ヒルズカントリーでやります。

1、2月でもゴルフをやりますが、
今回は何十年ぶりかの大寒波が襲っている中のゴルフです。
1週間前に状況は予想されたのですが、
キャンセル料を取られるのが嫌で強行します。

8時スタート。
まず、
テイーショットをしようと地面にテイーを刺そうとしても、
地面が凍っていて刺さりません。

毎回、
テイーボーリング(写真の右端に立っている棒のようなもの)を
使ってまず穴をあけてからテイーを刺し込み
テイーショットを打つことになります。
DSC_0188.jpg

普段飛ばない私でもランが出て、飛距離は1割増し、
凍っていても良いこともあるものです。

が、バンカーに入るといけません。
砂がカチカチでクラブが砂に入っていきません。
バンカーに入れば、”トホホ”です。

又、グリーンもボールが止まりません。
ナイスショットと思っていても、
ボールは止まらず、グリーンから転げ落ちます。

まるでコンクリートの上でゴルフをしているようです。

体のほうは下着を着こんだり、
カイロを張ったりして寒くはなかったですが、
こんな経験は初めてです。

文句を言いながらもいつも通り楽しく回って
終わってみればいつも通りの煩悩のスコアーです。

プレイ条件は変われども、プレイする私の腕は変わらずです。

1/24 やりたい病発症、アボガドの栽培

隣の空き地に植える果樹、何が良いと尋ねると、
女房が珍しく、アボガドを作ってと言いだします。

温室もないのに栽培なんか絶対無理だと思いながらも
ネットで調べると関東近辺でも露地栽培が可能で実をならすこともできそうです。

早速、アボガドの苗を探します。
あるにはあったのですが、1本12千円と高価です。
(ケチですね。)
諦めかけていたら、アボガドを食べた後の種からでも
発芽させ、苗が出来ると分かります。

タダほど安いものはありません。

ただ時期的には
5月以降で気温が20度以上必要と書かれていますが
思い立ったら止まりません。

まず、アボガドの種を取り出し、薄目の洗剤で良く洗い、
油分や薄皮をきれいに取り除きます。

DSC_0185.jpg

そのあと、つま楊枝にさし、種の半分くらいを水に浸けておきます。
直射日光が当たらない暖かい場所に置き、
水が腐らないように1、2日に1回水を変えてやれば、
30~40日で発芽し、半年もすれば50cmくらいの苗木が出来上がるはずです。

Foliage_Plant-1.jpg

今は1月、気温が低すぎます。

少しでも暖かい場所と思い
日中は窓際に置き、直射日光は寒冷紗でよけて、
夜は毛布でくるんで育て始めます。

こうすれば少しは暖かくなると思いますが・・・・。

1・29 追記
大きな変化はありませんが、皮に縦のひびが入りました。
DSC_0200.jpg

2/5 追記
種の皮がはがれ、お尻が割れてきました。
DSC_0217.jpg
ヒヤシンスの水耕栽培なら1週間くらいで発根してくるのに
大きな変化なし。
初めての栽培、しかも季節外れの栽培なので
心配。

2/12 追記
大きな変化わないが、よくよく見れば
種が割れた真ん中に米粒大のものがあり、
見ようによれば根っこが出てきているように見える。
DSC_0224.jpg
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する