7/20 涼を求めてキス釣りへ

毎日暑い日が続きます。

今日の最高気温は27度とそれほどでもないのですが、
風がなく、その上に湿度が高いので、
肌にまとわりつくようなじとっと暑さです。

こんな時は
家の中にいるよりも、海に行ったほうが
涼しそうです。

思い立ったら車で15分、近くていいです。

14:30にいつもの海岸に着き、
キス釣りを始めます。

IMG_1783.jpg


思った通り、風がそよぎ、家よりはるかに涼しいです。

狙いは上げ8分のこのタイミングです。
釣るのは今です。

キスの船釣り用の細い竿を使い、
30~40mほど投げて、ゆっくりとさびいてきます。
するとすぐにあたりがあり、
小さいながらも本命のキスが釣れてきます。

竿が細い分あたりがダイレクトに響き、楽しいです。

少し、遅くさびくとフグの猛攻にあい、
仕掛けが切られてしまいます。

早め早めと意識して、釣り続けます。

飽きない程度にキスが遊んでくれ、
1時間半で終了します。

もっと釣りたければ場所を移動すればいいのですが、
これで十分です。

釣果は8匹。
IMG_1785.jpg

週末の友人との飲み会にキスの天ぷらを出そうと思っています。

7/16 ありがとう!北の国からの釣果のたより。

昨年、道東・中標津でお会いし、
渓流でのルアー釣りを教えていただいたIJさん。

今年も6月下旬から
ご夫婦で道東シーズンステイをされていて、
日々楽しまれています。

生憎、天候は良くなく、
気温は20度以下で涼しいのを通り越して
寒いくらいだそうです。(まあ、いつも通りですね)

もうすでに何度も近くの川に出かけ、
釣りをされているようで
ルアーでアメマスの50センチ級を数本釣り上げ、
写真が送られてきました。

0002.jpg

立派なアメマスです。

0003.jpg

フライでは小さなオショロコマしか釣れないようで、
もっぱらルアーで釣られているようです。

でも、川に向かう途中で熊に出会ったそうです。

本州だけではなく北海道でも熊の餌が山に少ないのか、
街近くに熊が下りてきているようです。

同じく、
道南の鹿部でシーズンステイされているSMさんからも
熊に出会って釣りにならないと連絡が入っています。
怖いですね。

気を付けてほしいものです。

後2週間で、
私も道南の黒松内にショートステイに出かけます。
IJさんの釣果を聞きながら、心躍らせて、
早く、8月か来ないかと心待ちにしています。
でも熊が出ては渓流釣りはあきらめかも!

早く、暑い鴨川を脱出したい。



7/8 近場のキスを狙って

6月頃は、海岸から5~6色(1色25m*5、6)近く遠投しないと釣れなかったキスも
7月になり暑くなると2~3色近くに寄ってきます。
下手な釣り人が楽しめる季節です。

そこで今日はあげ潮と重なる夕方に南房総の磯に出かけ、
今年初めてのキス釣りを行います。

IMG_1725.jpg

先客2名もそこそこ飽きない程度に釣れているようで、
挨拶をして横の岩場から始めます。

欲張って竿を三本、仕掛けは船釣り用の2本バリの天秤仕掛けです。
餌のジャリメをつけるのももどかしく、急いで投入します。

すぐ、小さなあたりがありますが、
どうもフグのようで、次から次と仕掛けを切られます。

フグを避けるために竿を置きっぱなしにしないで、引きながら釣ると
綺麗なキスのあたりが出てきます。
立て続けに4匹、その後キスとは違ったあたりがあって、
あげてみると舌平目が釣れあがってきました。

いつものことながら、
続かなくて、パタッとあたりがなくなります。
釣れたのはほんの30分ほどです。

IMG_1727.jpg

まだ、5時半ですが、こんな時は粘っても同じ。
早々に引き上げます。

正味1時間半で5匹、今年初めてにしてはまずまずです。


6/22 執念のウナギ釣りも完敗

うなぎが食べたい。
それも自分で釣った天然ものを。
執念です。

出かけたのは前回と違って太い川、
去年小さいながら釣り上げた実績のある川です。

ドバミミズも畑で取り、餌は十分です。

午後4時半に川に到着して、あれ!
水が極端に少なく、川底がひえあがったり、
底が見えています。

関東地方は全体的に雨不足ですが、
南房総は例年通り雨は降っています。
昨日も大雨洪水注意警報が出ています。

それなのに、どうしたことでしょう。

釣れる気がしませんが餌も準備し、釣る気満々で来たので、
仕方なく竿を出します。

IMG_1699.jpg

小さなあたりは2度ほどありましたが、のりません。

しばらくすると、常連の釣り人がやってきて、
川を見るだけで帰っていきました。
先週、良いサイズのウナギをここであげたそうですが、
その時より水が少なくなっていてこれでは釣れないとあきらめたようです。

私も6時過ぎたころに釣りをやめて帰ります。
ついていません。


6/19 2回目のタコ取り

大潮の1日目、HTさんを誘って、タコ取りに出かけます。
干潮は10時、9時半に現場に着き、
潮の引くのを待ちますが、

P6190007.jpg

なかなか潮が引かず、岩場が見えてきません。

胴長を穿いている私はなんとか岩場の隙間にモリをついて、
タコを探せますが、
普通の長くつのHTさんは全く岩場に近寄れません。
これではタコを探すどころではありません。

仕方なく、ウロウロするだけで1時間で引き上げます。

家に帰って潮汐表を見ると
今日は大潮でも底の潮位が25cmもあり、
3日後の中潮には潮位が11cmと下がっています。

”大潮=一番潮が引く”と単純に考え、
底の潮位を見なかった素人の失敗です。

今日はタコが取れないどころか、遊びもできず、
これが本当のタコ坊主です。


プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する