8/30 見っけ、スープカレーの店:名寄の”ブッダ”

ショートステイの基本は自炊です。
地元の食材を使った料理を作り、食べるのですが、
そうは言っても3食を作るのは大変です。

1日で1食くらいは外食したくなります。

その時、困るのがまず朝食です。
北海道にはファミレスや喫茶店(あっても10時開店)が少なく、
モーニングを食べることが出来ません。

仕方なくビジネスホテルの朝食に行きます。
P8260016.jpg

こんなありきたりのバイキングでもうれしいものです。

次に昼食・夕食です。
ネットを頼りに店を探しますが、
何故か道北は情報が少なく、あっても口コミの点数が低くて
店がなかなか見つかりません。
入ってがっかりすることも多くあります。

そんな中で、今日見つけたスープカレーの店、
名寄の”ブッダ”は当たりです。
1504129149168.jpg
(客がいないのではありません。
 いない時を狙って写真を撮ったのです。)

1504129137943.jpg

辛さも5段階で選べ、
注文したのはチキン・野菜カリーでさらっとした中にもコクがあり、
具だくさんで美味しかったです。

今までのチエーン店の”喜多郎”と同様お気に入りになりました。
(安上がりの夫婦です。(笑))

こんな風に
”あたりだ”、”はずれだ”と苦労しながら楽しんでいます。

8/29 飽きもせず今日も温泉・層雲峡へ

今日も雨、外遊びはお預かけ、
飽きもせず層雲峡温泉に出かけます。

ここは今回で3度目、馴染みの景色・温泉を楽しみます。
P8290039.jpg

青空がないのが残念、
それでも散策するときには、不思議と雨が上がっています。
晴れ男なのかな?

P8290033.jpg

連日の雨にもかかわらず、水量の少ない滝、
滝の幅がいつもの1/3くらいです。

川は増水していても滝の水はすぐには増えないのですね。

シャワーのように降り注ぐ水滴は次回にお預けです。

後は温泉に入ってゆっくりと。
P8290036.jpg


露天は小さ目、
P8290038.jpg

泉質は単純硫黄泉、白濁したお湯に湯の花が浮かぶ
馴染みのあるお湯です。

中国からのお客さんが多いのか
至る所に中国語があふれていますが、
チエックイン前なので静かで人も少なく、
清掃が行き届いて気分爽快です。

これで今日も一日静かに過ぎていきます。

8/28 鮭釣りの解禁を控えて下調べ

今日は夫婦別行動です。
ジイジは海に出かけ鮭釣り場の下調べ、
バアバは街へウインドウショッピングです。

まずは興部から枝幸に向け車を走らせ、
海岸、港を片っ端から覗きます。
雄武までは港に釣り人がいても、チカを釣る人だけで
鮭を釣る人は全くいません。

漸く、幌内から枝幸間の海岸で
どぶ釣りの仕掛けが200m以上並ぶのを見つけます。
P8280030.jpg


皆さん,9/1の解禁
(河口から1k以内の釣り禁止が解除される)
を待って場所取りをされています。
車のNOを見ると八戸や愛媛等道外の人が多いようです。
それも全員シルバーです。
執念です(笑)

その一人にお話を聞くと、8月初めから場所取りをしていて、
9/1から10/中までここで鮭釣りをする予定だそうです。

どぶ釣りするなら、もう場所はないよ、
ルアーなら地元の人が帰った後を狙えば、
場所があるかもとの厳しい状況です。

定置網にはまだ鮭は入らず、
ブリやカラフトマスばかりで
鮭の気配がない状況のうえ、入る場所がないでは
今年は鮭釣りもあきらめかも。
(道東以上に厳しいですね。)

8/27 看板に偽りなし 陽殖園って何?

昨日までの天気が嘘のように、今日は晴れ渡っています。
澄み切った空気、青い空、白い雲、
こんな日にはガーデン巡りでしょう。

そこでTVで
ベニシアさんがあこがれの北海道に来て
一人で野趣あふれる広大な「夢の庭」をつくってきた
園芸家との語らいを楽しんだと言う
陽殖園(滝上町)に向かいます。

”自然を再現する8万平米の花園”
”62年にわたって一人で整備、現在も進化し続ける花園”との
うたい文句に期待して出かけましたが、

入ってみるとガーデンらしい花も何もありません。
P8270026.jpg

ただの里山の遊歩道を歩いているようなものです。

それに入園料800円です。

私に見る目がないのか、
だまされ感を感じてがっかりです。

帰り道、ふと道端の看板を見ると
P8270028.jpg

園主自ら”日本一変わっている花園”と認めていました。

シャレにならないと思いながらも納得です。

気分直しは帰り道で偶然出くわした
西興部町の町おこし祭りです。
P8270025.jpg

時間がなく、木こり競争は見れませんでしたが、面白そうです。(次回期待です。)
P8270024.jpg

小さなお祭りですがここでお茶の接待を受けます。
P8270023.jpg

小学生の女の子がたどたどしくお茶をたててくれます。
美味しい!

その上、菊芋茶までいただきます。

地元の人の優しさに触れたようでうれしく感じます。

8/26 下川うどん祭りがおこなわれています。

林業と農業(畑・稲作と牧畜)の下川町で
P8260014.jpg
(手前が田んぼ、奥の丘の上に牧場が広がっています。)

26日~27日の期間、
名産の手延べうどんを食べるお祭りが開催されています。

急に激しい雨が降ったり青空が出たりと
生憎の不安定な天気の中、歩いて5分の会場に
出かけてきました。

町民の皆さんの手作り感あふれるお祭り、
出店しているのも町内のお店・団体、来られているのも町民
P8260017.jpg

年1度のお祭りを楽しんでおられます。

夜には日頃練習した腕をご披露されます。
1503786700141.jpg

腕前はばらばら、
上級レベルの太鼓や
学芸会レベルのフラダンスが次々と披露され、
だれだれさんが出ていると知人の応援にも熱(義理?)が
入ります。

てき屋等のプロの店もなく、こじんまりしたお祭りですが
この手作り感・親近感が良いですね。

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する