2/21 春一番に続いて春2番、強風警報発令です。

この頃、季節・天候の変動が極端ですね。
昨日も強風が吹き荒れ、
家はがたがた震えるは、
ビニールハウスはぐじゃぐじゃに壊れるはでさんざんです。
台風並みです。

普段なら、
春一番、なんとなくうきうきと心が高揚するのに、
ここまで吹くと”もうやめて”って叫びたくなります。

庭に置いている小物も当然吹き飛んでいます。
餌箱、半分壊れたかな。
IMG_3040.jpg

意味もなく置いているお茶セット、毎度のことです。
IMG_3041.jpg

壊れたビニールハウスの写真は
省略しようかなと思うほどです。

娘たちへ、心配しないで大丈夫だよ。
IMG_3039.jpg

見晴らしが良いってことは
風当たりが強いってことだから、ある程度は仕方がありません。

また、木曜日にも春3番が吹く予想です。
遅咲きの梅が漸く咲きだしたのに、この強風でどうなることやら。
IMG_3043.jpg

もう少し、咲くのを遅らせて、
強風をやり過ごしてほしいものです。

それにしても極端な天候変動、
温暖化のせいとは言え、つくづく嫌になりますね。


2/17 春一番と共にスギ花粉が

今日は予報が外れて雨が降り出しています。

生温かい風・春一番が吹き、ストーブなしで部屋でうだうだしています。

外を見ると杉が茶色に色づいています。

まず西側。ひどく茶色ですね。
IMG_3033.jpg

正面の南側。西に比べましですが、中の何本かは茶色になってきています。
IMG_3034.jpg

杉花粉です。
花粉症の人には見てるだけで鼻がむずむずしてくることでしょう。

私自身は花粉症はありませんが、
それでも春先、庭で土いじりをしていると
鼻汁がすーと落ちてくることがあります。
頭は痛くも何ともありません。

老化なのか?、花粉症になりかけているのか?

こんな時は老化であってほしいと思います。
人間て都合のいいものですね。(笑)

2/16 竹の伐採に汗を流します

家の周りは、昔開発した別荘の放棄地です。
来る人もいなく、全くの手つかずの状態になっています。

これはこれで自然を感じていいのですが、
困ったことがあります。

手を入れないとすぐに竹が生えてきて、密集してきます。

油断すると隣との境のブロックの下を乗り越えて、
庭にまで竹が生えてきます。

それで定期的に隣の空き地の竹の伐採を行います。
IMG_3032.jpg

今年はこの上に竹専用の除草剤をまくつもりです。

まきたくないのですが、毎年同じことをやるのも
飽きてきて、根っこから枯らす最終手段を取ります。

2/14 世の中、今日はバレンタインデー

朝起きて、何気なくTVをつけると、
バレンタインデーのチョコの話をしています。

もらってうれしいチョコは
ビター(45)、ミルク(45)、ホワイト(10%)だそうです。
ホワイトチョコは今一つ人気がないそうです。

IMG_2932.jpg

妻から貰ったチョコセットはビターもミルク、ホワイトも
セットされていて、すべて貰ったようで得した気がします。

それにしても義理チョコならぬ、身内チョコが1つとは
寂しいものです。

来年に向かって行動範囲を広げて、
義理チョコを獲得するぞ!

マーキング拡張宣言です。

2/2 物持ちいいです、母の思いやり。

義兄が10年間の闘病生活を終え、
81歳で穏やかに亡くなりました。

死に顔は野武士のように凛としています。

久しぶりに出会った兄弟、
父母や子供時代の昔話に花が咲きます。

1泊2日の葬儀に大阪に行き、戻ってきた今朝、
妻が”こんなのもあるよ”と
グンゼの下着を取出してきます。
IMG_2999.jpg

亡き母が私が結婚するときに持たせてくれた下着だそうです。
44年も前のものです。

長袖のシャツやズボン下、今どきは着ないですよね。

下着をいっぱい持たせてくれた母、
それを大切に保存していてくれた妻、
思いやりがありますね。

感謝です。

IMG_3000.jpg

上本町4丁目 だるまやのシールがついています。
生まれた場所の店です。
セピア色のシールが年月を物語っています。
懐かしい。


プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する