4/4 里山からのおすそ分けを頂く


自然生活では何かと
桜を暦の基準にしていることがあります。

例えば遅くとも桜が咲く前に椎茸の菌を打てとか、
ジャガイモを植えろとか、

桜が生活に入り込んでいるのですね。

そう、桜が咲けば山菜採りでしょう。今でしょう。(古!)

P4040074_convert_20140404175347.jpg

まずはどこにでも生えている野ふきです。
細いですがあくも少なく、柔らかいのが特徴で
きゃらぶきにしていただきます。

P4040071_convert_20140404175230.jpg

ワラビは去年出ていたところを探しますが、どうしたことか1本も見つけられなく
友人の庭から取らせてもらいました。

手入れが良いのか沢山生えています。

重曹をワラビに少しまぶして、熱湯をかけて一晩置いておけば
おひたしで美味しく頂けます。

ノビル(エシャロット)は沢山生えていましたが、
手では引き抜けません。
スコップを持っていかなかったので今日はパスです。

これも、味噌をつけて食べるとピリ辛味が酒の肴にぴったりです。

後はタラの芽を探します。
出ているには出ているのですが、まだ蕾が小さく後2~3日たってからです。

風の強い中、1時間ほどの散歩がてらの山菜とりでしたが、
自然を肌と口で味わいます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する