FC2ブログ

5/6~5/12 同窓会出席を兼ねて”ふらっと旅”

5/8に南紀白浜で今年も大学のゼミの同窓会が行われます。
例年は飛行機でパッと行ってパット帰る味気ない旅でしたが、
今年は車で地べたをはって行く旅に変更しました。

ふらっと旅と名付けて、
詳細な計画を立てず、
大まかに行きたいところだけをリストアップして、
その時の気分で行動します。

まず交通手段は
車、それも基本は高速道路を使わず、地べたを走ります。

宿泊は
車中泊と宿屋泊です。

食事はすべて中食か外食で
地のものを食べることにし、
全国的なチエーン店は使いません。
但し、コンビニは例外とします。

以上の制約をつけて、
高校時代に味わったサイクリングツアーと同様の
地元との出会い・触れ合いを楽しむ旅にします。

行きのコースは
1日目(6日)
東海道に沿って横浜から浜松に向かい
浜名湖近くの道の駅で1泊(車中泊)です。
ここでは舘山寺にお参りし、ウナギを食べて終わりです。
DSC_0409.jpg
(舘山寺から浜名湖を望む)

2日目は早朝(3時)に出発して
名古屋経由で
津から伊勢志摩をめぐり、
スペイン村のひまわりの湯で沐浴した後
伊勢神宮の外宮
DSC_0414.jpg
内宮とまわり
DSC_0415.jpg

うっそうとした木立の中で厳粛な気分に浸ります。

その後、尾鷹から熊野に南下し、
紀伊半島を横断して白浜に向かいますが、
白浜の一つ手前の椿にある道の駅で車中泊です。

この日のドライブ中に見た雨上がりの
川霧のきれいだったのは絶品です。
幻想的で忘れません。

3日目(8日)は同窓会です。、
時間に余裕があったので、
3段壁、
DSC_0423.jpg
千畳敷、
DSC_0419.jpg

円月島を観光し、
DSC_0430.jpg

だめもとで海で竿を出し、ゆったりと過ごします。
それでも時間があったので白良浜海岸にある
市の温泉に入って時間をつぶします。

夕方に同窓生とホテルで合流し、
いつもながらの飲み、話しで旧交を温めます。

疲れが出ていたのか、
2次会の途中で独り早く床に入ります。(笑)

4日目は
熊野神社本宮をお参りします。
DSC_0435.jpg
信仰心が篤いわけではないですが話の乗りです。
そのうえに
近くの秘湯”川湯温泉”の
川原の露天風呂に入りに行きますが、
残念ながら
生憎の前日までの雨でクローズされています。
せっかくなので急遽、富士屋に泊まり、温泉につかります。
これが当たりで料金(1.7万)のわりに
温泉も料理も良く大満足です。

5日目は
高校時代の友人(奥さんの介護を一人でやる)と再会し
慰労するために
紀伊半島を縦断して奈良に向かいます。
途中、谷瀬の吊り橋で
DSC_0439.jpg
スリルを味わい、
奈良に着いたら着いたで
興福寺を参拝し、
DSC_0447.jpg

奈良公園で鹿と戯れます。

夕方から友人と会い、
居酒屋で飲みながらお互いの近況報告です。
日本酒がハイピッチですすみ、
始めて見る友人の泥酔です。

今まで尽くしてくれた女房が脳梗塞で倒れから、
俺が介護しなくてどうする、
当然のことと
愚痴も言わずに一人で介護しています。

やはり疲れて、ストレスが溜まっているのです。

心を許す仲だからこそ見せる弱い姿です。

頑張れとは言わない、
頼れるものならすべて頼れ、
無理するな。
それしか言えません。

午前様になって、友人を家まで送り届け、
ホテルに戻ります。

6日目も大学の友人の見舞いです。
毎年、同窓会に出席していたのが体調不良で今回欠席したので
心配しての友人宅(大阪)訪問です。

夫婦そろっての大病ながら、
思った以上に元気で、一安心です。

再発を恐れ、
一喜一憂しないで病気と付き合っていくしかありません。
健康が第一と痛感させられます。

午後から帰路につきます。
帰路は大阪から名阪で名古屋に入り、中央道に沿って戻ります。
中津川近くの道の駅で車中泊です。

7日目も一路鴨川に向けて走ります。
長野あたりで渓流釣りの積りでしたが、その気にもなれず
どこにもよらず、昼過ぎに鴨川にたどり着きます。

これで6泊7日のふらり旅は終わりですが、
地べたを走ったお陰が行きも帰りも見えた富士山の景色です。
行きの富士山(前方、横から長時間見えます)
DSC_0402.jpg

帰りの富士山
DSC_0451.jpg
(釜無川に沿って
遠くから徐々に近くにこれも長時間見えます)

観光用の絶景ポイントではありませんが、
これが日常の地元の人が味わっている富士山の姿で、
これが良いのです。
少しは味わえたかと思います。

初めてやってみて、
基本的にこのような旅の形態には
達成感もあり、満足していますが、反省点もあります。

1.車中泊については思った以上に狭い等の制限が
  気にならず、心地よいくらいです。
  ただ、車にスモークを張っていないので電気をつけると
  車内が丸見えなのには困りました。
  電気を消して寝るしかなく、
  それが早寝・早起きにつながりました。

  
2.道の駅では火気厳禁だと知らずにコンロを持参し、
  早朝のコーヒーを楽しみにしていましたが、
  これがかなわず、困り果てました。
  次回までには何か対策を考えたいと思います。

3.中食、外食について
  昼、夕食はチエーン店を使わずとも
  不自由はなかったのですが、
  朝食は困りました。
  地元の店は朝早くからは
  開店(普通は11時)していません。
  朝早くから開店しているファミレスが使えず、
  コンビニでは味気なくてないのが困りものでした。

  条件を緩めるか対策を何か考える必要があります。

4.高速道路の基本的に使用禁止の緩和
  行は横浜まで
  帰りは八王子から高速を利用しましたが
  何とか原則は守れました。
  ただ、今回も大阪や名古屋等の都市部を地べたを走って
  渋滞に巻き込まれました。
  ここも例外にするかですが、
  その為には地元の道路事情を詳しく調べる方法を
  考える必要があります。

5.計画を詳細に立てないことと
  事前調査なしとの勘違い
  相手がある同窓会、お見舞いの
  日時・場所についてのみ決めていましたが
  それ以外は全くのフリープランでした。
  フリープラン=事前調査なしと勘違いしていて、
  行き当たりばったりになっていました。

  例えば、松阪を2度も通っていながら
  その通る時間を考えていなかった為、
  食事時間以外に通る羽目になり、
  松阪牛を食いそびれました。

  今回は現地で見つけた地のものとして
  ・浜松のうなぎ〇
  ・伊勢のてこね寿司△、赤福△
  ・和歌山の目はり寿司△、さんま寿司×
  ・奈良で関西のお好み焼き×・明石焼き×
   (味音痴の奈良で食べたのが間違い。
    独断です、奈良の人ご免。)
  くらいで、良いものに出会えていません。
  
  食べる食べないは別にして
  せっかく行くなら  
  下調べくらいはしとかなきゃと反省です。

  それから、帰路こそ事前調査が必要です。
  急ぐ旅でもないのに、
  目的がないと帰ることしか考えなくなります。
  これでは高速道路で帰るのと
  変わりなくなってしまいます。

走行ルートを追記

コメント

まぁjoyさん素晴らしい旅をなさってきましたね。
自分もこんな旅をイメージするのですが実行出来ずにいます。
Joyさんの行動力と健康はうらやましいです。
帰路は無意識のうちに帰宅をめざすというのはよくわかります、帰巣本能?

是非、第二弾の旅行記をお願いします

碧さんへ

ふらっと旅、面白かったです。
観光旅行と違った喜びもありまして、
数は少ないですが、出会いもありました。(人、場所)
次回は人の少ない東北か北陸地域と思っていますが
何時になるかです。また、妻も同行したいと言っていますが、今の車では2人が寝るスペースがないので、車中泊に変わる方法を考えてみます。

No title

昨日は道の駅まで送って下さり有難うございました。
今日は母のいる老人施設に昼食介助に行ってきました。
ご友人の奥様が脳梗塞とのこと、麻痺が残ってしまわれているのでしたら大変ですね。JOYさんがおっしゃる通り、公共の介護サービスをできるだけ利用されるといいですね。要介護3(?)以上でしたら特養ホームという選択肢もあると思います。

JOYさんの旅のスケールの大きさに感嘆いたします。
車の窓の件は、カーテン、または布か日よけシートで窓を覆うのはいかが。コーヒーを沸かすのは、電源があれば電気ポットで出来ると思います。回し者ではありませんがTファールの小さな電気ポットはかなり早く水が沸騰します。
ではお元気で、充実した楽しい毎日をお祈りしています。




ミモザの林さんへ

デイサービスとか宿泊のサービスは利用(今回も)していますが、自宅で介護しているようです。
寝たきりで意識も曖昧になってきて、
食事も流動食一歩手前の食材を細かく切ったものを作って食べさせているようです。介護しだして3年、疲れ切っているようですが子供たちの家庭を壊してはいけないと一人頑張っています。
妻への愛=自宅介護と思い込んでいるようで、かたくなです。
Tファール、カーテンの件、次回までに参考にします。
有難う。

No title

読み応えある力作、

どう感想を述べようか、と考え
上記になってしまい、申し訳ございません。

イヤイヤ、地図などとてもとても、、
又、反省が細かくほーう、etcetc、

オオマサリが芽を出したそうで
武蔵さんがブログに書いています。

覗いてあげてください、
祝着な結果になれば、いいけど。

ブログ、毎度拝見、
これからもよろしくお願いいたします。

武蔵さん、
ご老体につき
今から暫くは特に心配です、

田んぼが大変なんですよ。
では紀行の感想と、おおまさりお知らせまで。


お通さんへ

こちらはすでに田植えは終わりました。
武蔵さん処はいよいよですね。
米作り、田植え準備、田植え、草刈りまでは良いのですが、問題は稲刈りですよ。暑くて集中してやらないとだめなので参ります。
私もこれでやめました。(コマーシャル風:(笑))

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する