1/24 やりたい病発症、アボガドの栽培

隣の空き地に植える果樹、何が良いと尋ねると、
女房が珍しく、アボガドを作ってと言いだします。

温室もないのに栽培なんか絶対無理だと思いながらも
ネットで調べると関東近辺でも露地栽培が可能で実をならすこともできそうです。

早速、アボガドの苗を探します。
あるにはあったのですが、1本12千円と高価です。
(ケチですね。)
諦めかけていたら、アボガドを食べた後の種からでも
発芽させ、苗が出来ると分かります。

タダほど安いものはありません。

ただ時期的には
5月以降で気温が20度以上必要と書かれていますが
思い立ったら止まりません。

まず、アボガドの種を取り出し、薄目の洗剤で良く洗い、
油分や薄皮をきれいに取り除きます。

DSC_0185.jpg

そのあと、つま楊枝にさし、種の半分くらいを水に浸けておきます。
直射日光が当たらない暖かい場所に置き、
水が腐らないように1、2日に1回水を変えてやれば、
30~40日で発芽し、半年もすれば50cmくらいの苗木が出来上がるはずです。

Foliage_Plant-1.jpg

今は1月、気温が低すぎます。

少しでも暖かい場所と思い
日中は窓際に置き、直射日光は寒冷紗でよけて、
夜は毛布でくるんで育て始めます。

こうすれば少しは暖かくなると思いますが・・・・。

1・29 追記
大きな変化はありませんが、皮に縦のひびが入りました。
DSC_0200.jpg

2/5 追記
種の皮がはがれ、お尻が割れてきました。
DSC_0217.jpg
ヒヤシンスの水耕栽培なら1週間くらいで発根してくるのに
大きな変化なし。
初めての栽培、しかも季節外れの栽培なので
心配。

2/12 追記
大きな変化わないが、よくよく見れば
種が割れた真ん中に米粒大のものがあり、
見ようによれば根っこが出てきているように見える。
DSC_0224.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する