FC2ブログ

12/24 餅つきで今年も締めくくります

陽だまりの里の行事の締めくくりは餅つきです。

今回も頼もしい助っ人に若者(?)が参加し、
DSC_0117.jpg

力強く、腰のある餅がつけます。

ついた量はいつもの半分、一臼3升を10臼です。
これなら我々ロートルも余裕です。

途中、蒸かしたもち米を食べたり、

昼飯にいつもの田舎料理を食べたり、
DSC_0122.jpg
(漁師の奥さん手作りのイサキの煮つけ、フライに
 農家の奥さん手作りの野菜料理の数々)

食後には手作りのケーキを食べたりと、
DSC_0121.jpg
(クリスマスだと言うことでメンバーの手作り2ホールです。)

早めに餅つきを終え、
まったりと談笑して昼食会のようです。

これだけ食べるとさすがにお腹いっぱいで、
安上がりな幸せを味わいます。

さらに帰りぎわにはのし餅とあんこ餅を頂き、
正月の準備完了です。

コメント

体力の使い納めでしたね。
去年のお餅つきの様子のブログから1年の早さを実感しますね。
恒例行事は楽しい皆さんとの時間、空間ですね。

臼と杵でのお餅つき。
我々団塊の世代の子供時分は、大掃除と共に年末の恒例行事でした。
つきたてのまだ熱いお餅を好みの味付けでパクリ 。ヨダレものです。(笑)
パックに入ったお鏡や、ついたとしても電気餅つき機が主流の昨今、
恒例のお餅つき・・・いいですね〜💕
足腰を鍛えていつまでもお続け下さいね。

みどりさんへ

本当に早いです。
主催する方も参加する方もそれぞれ歳をとり、
多くはつけなくなりました。
娘家族分も頼んでいましたが、今年は自家用の1升のみです。
貴重な行事の火を消さないよう楽しみます。

カボスさん

子供の時はそうですね。
大阪の商家だった父が大掃除、おせち準備で忙しい祖母や母に暮れに餅をつくと言い、ばたばたしていましたね。
暮れなど休みはなかったですよね。
店の人や店を手伝う兄2人は仕事でいないので、暇な父と誰?がついていたのですかね。

No title

いいなあ、

うちは今、武蔵さん、手傷を負って
重いものが持てず
日にち薬状態、 みんなでワイワイ、ほんといいですね、
その田舎のお料理も美味しそうで、あー羨ましい。

お通さんへ

どこも同じです。
この集まりも主催者も参加者も歳がいき、(新規募集はやめています)、力仕事が出来なくなっています。
餅つきも毎年、出来るかどうか冷や冷やものです。田舎体験から茶話会に変身中です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する