2/5 ひだまりの郷での味噌作り

何はなくともお米と味噌があれば、
なんとか生きていけると言った人がいましたが、

今日はその味噌をひだまりの郷で作ります。

ひだまりの郷に着くと、大釜で豆を煮る作業が始まっていて、
煮あがるまでは特にやる作業はありません。

囲炉裏で干物を焼いて、食べたり、おしゃべりに花を咲かせたり、
大根を収穫に行ったりして
おもいおもいに時間を過ごします。

忙しいのは押元さんの奥さんと料理を手伝う女性陣のみ。

IMG_3002.jpg

今日の手料理は数日遅れの恵方巻、クジラの竜田揚げ、
イセエビ、蕗のとうとヤーコンの天ぷら、ぬた、山芋等々、
それぞれを一口づつ食べただけで、お腹がいっぱいになります。

昼食後は場所を加工センターに変えて
味噌を作ります。
皆さんたちは房総味噌を作られますが、
私だけ別メニューで白味噌を作ります。

麹(3.8k)、煮た豆(5.4k)、塩(0.8k)を混ぜて、
IMG_3004.jpg

ミキサにかけてミンチ状にします。
IMG_3006.jpg


それを樽に空気を抜きながら詰め込めば
10kの味噌の出来上がりです。

房総味噌に比べ白味噌は麴が多い分、
早く出来上がり、1か月もすれば熟成した白味噌が
いただけます。

コメント

素敵な仲間達☆

joyさん こんばんは〜

お味噌造りの前に、宴会ですか?
美味しそうな、お料理がズラリと並んで〜〜良いですね〜
近くでしたら、押しかけたのに、残念です〜笑
ひだまりの郷のお仲間達〜〜良いなあ💚
大豆、煮えすぎになりそう〜楽しすぎて!

joyさんのお味噌は、プレミアムなお味噌かな〜〜
私の中では、自家製のお味噌って、祖母との想い出です。母は、新しい物好きでパンとか焼いてて、味噌、醤油、甘酒は祖母の代で終了〜〜笑
手作りのお味噌で、お美味しいお料理、沢山出来ますね〜
素敵なお仲間達と、joyさん〜〜お疲れ様でした❣️

AKOさんへ

コメント、ありがとうございます。
料理も会話も楽しいものです。
でも、この会も参加者が少なくなり、今年から
年10回の定期開催が
年4回ほどのイベント開催に変わります。
10数年たち参加者も主催者も歳をとりすぎました。
房総味噌は普通にからく、私の口にはあいません。
白味噌は丹波のおばさんが毎年、お雑煮用に作り、送ってくれた
思いでの味です。郷愁ですね。

No title

すごい御馳走ですね。

<忙しいのは押元さんの奥さんと手伝う女性陣のみ>
そうなんです。未明の起床と往復約六時間の移動とお手伝いの
ことを考えると、ローバは自分にその体力が欠けていると思うときはだらしなくも欠席になります。

昨年末に頂いた木彫り作品、大事に連れ帰りました。
大小二名は食器棚のオープンスペースに飾っています。
サンタでなく森の小人か妖精と考えて。

明るい色彩と表情で、台所の一隅を照らしてくれています。
見ていると、焚き火をしている時のように色々なことが
あたまに浮かんでは消え、浮かんでは消えします。
素敵な作品をありがとうございました。



ミモザの林さんへ

そうですね、近ければアッシー君になれるのですが、
東京から電車で来るとなると、億劫ですよね。
とは言っても、ミモザさんが来ないと寂しいです。
何とか老体に鞭打ってでも((笑)、来てくださいよ。
お待ちしています。

小学生のような作品、喜んでいただきありがとうございます。
必ず、5m以上離れてみてくださいよ。

次回、5月ごろお会いできるのを楽しみにしています。
はにかみ屋なので、特に話をするわけでもないですが。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する