8/13 てんこ盛りの函館観光 その1

道南に来たら、函館でしょうってことで、
朝早くから夜遅くまで函館を観光しまくります。

一番の目玉は函館の夜景です。
1週間、天気予報とにらめっこして、
夜に晴れる日を選んで出かけます。

18時にケーブルカーに乗り、頂上へ、
日没を今か今かと待ちます。

1時間ほど寒い中を待ち、孫たちは限界を超えています。

それでも耐えます。
IMG_2289-1.jpg

耐えて耐えて、19時半ごろにクライマックスの瞬間が訪れます。
1471124001273-1.jpg

やった!
3度目で初めてのすっきり夜景です。

神戸・長崎に比べ、狭い展望台にひしめいて見る夜景は
情緒にかけますが、きれいさは一番かもしれませんね。

これで日本3大夜景の
神戸・長崎・函館をすべて制覇・見ることが出来ました。

夜景に比べたら後の観光はおまけみたいなものですが、
それでも一通り回ります。

まずは黒松内から車を2時間ほど走らせ、
函館の手前の大沼公園の
ターブル・ドウ・リバージュでテイータイムを取ります。
ここからから見る景色がお気に入りです。

まずは大沼、
IMG_2234-1.jpg

遠くに駒ヶ岳がくっきり見えます。
IMG_2250-1.jpg

ゆったり、スローな時間が流れているようです。

でも、ここに行くときは時間とタイミングが大事です。
数年前は湖畔にひっそりとたたずんでいましたが、
今では観光バスや中国・韓国からの観光客が押し掛けるようになり、
雰囲気もくそもなくなることがあります。

次に回ったのが五稜郭、
1471123894714-1

元町を
旧イギリス領事館→ハリスト正教会→カトリック元町協会の順に
散策しますが、
IMG_2273-1.jpg

このころになると孫たちは完全にだれています。
IMG_2283-1.jpg


少し、孫たちのご機嫌を取るべく、
金森赤レンガ倉庫に行き、おもちゃを買います。
IMG_2288-1.jpg

ここで、夜景の時間待ちです。

お昼に行った中島廉売市場についてはその2で
紹介します。
乞う、ご期待を!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する