8/2 洞爺湖の散策を堪能

午前中は日課の散歩をしたりして、
のんびり過ごし、
11時過ぎから洞爺湖(車で1H強)の散策に出かけました。

目的は上から横から真正面から見る洞爺湖の眺望を
楽しむことです。

散策の順は
1.道の駅洞爺湖の展望台から見る洞爺湖
IMG_1861.jpg

 *ごくごく普通の風景です。
  遠くの山の頂にウインザーホテルが見えます。

2、大泉洋、原田知世主演映画
  ”しあわせのパン”の舞台となった
  カフェゴーシュから見える洞爺湖
IMG_1871.jpg

 *映画の風景とはちょっと違っていました。
  やはりプロの撮影技術は
  数倍もよく・雄大に風景を見せるものだと
  感心させられます。(プラス音楽も)

  好きな俳優大泉洋(気取らずさっぱりした自然な演技)の
  好きな映画の舞台を見れて
  大満足です。

3.わかさ芋本店の湖畔から見える洞爺湖
IMG_1891.jpg

 *夏らしい入道雲が浮かぶ洞爺湖の風景です。
  暑い中にもからっとしたさわやか感がありました。
  それに、おやつに食べた”いもてん”
  (わかさ芋を天ぷらに揚げたもの)が
  意外とおいしいかったです。

4.ザ・ウインザーホテル洞爺リゾートから見える洞爺湖
IMG_1899.jpg
 
 *ラウンジでコーヒーを飲みながら、
  娘二人と家族4人でLINEサミットを行い、風景を共有し、
  家族のきずなを確認しました。(笑)
  そのうえ、ちょっとした贅沢感も味わいました。
  (安上がりな2人です。:笑)

  Tシャツ・Gパン姿もドレスコードにひっかからず、
  無事ホテルに入れました。

それぞれの場所・雰囲気の中で見る洞爺湖は
それぞれ良かったという反面、
変わり映えしないなと言う不埒な感想も沸き上がります。
(これが本音かも。笑)

散策の合間に昼食・3時のおやつを頂きます。
昼飯は
多国籍料理の”カフェジャリブ”純和風の田舎家で食べる料理は
満足のいくものです。
IMG_1882.jpg

いつも通り、夫婦で別々の料理を注文し、
シェアーしながら2つの味を楽しみます。

1品目はジャマイカジャークチキンプレート
IMG_1888.jpg

2品目は豚ひき肉のタイ風ガパオ
IMG_1889.jpg

それぞれスパイスが効き、
鶏肉は外はぱりぱり、
中はジューシーにからっと焼きあがって
美味しかったです。

手軽な昼食に向いていました。

仕上げはお決まりのソフトクリームで、
場所はレークヒルズファームです。
IMG_1917.jpg

ここは人で混み混みで、ジェラートのほうには列を作って並んでいます。
どこにこんな沢山の観光客がいたのか不思議です。

IMG_1913.jpg

ソフトクリームも濃厚でお勧めでした。

コメント

No title

まあ房総さん、
皆さんでお楽しみ、いいですね。

洞爺湖も、ウインザーホテルも今年厳冬期に行ったら
その上荒れていて、影も形も見えませんでした。

大泉洋さん、ほんといい俳優さんですね。
この方の旅行記など
放映されると必ず録画して楽しみます。
北海道出身で、北海道を愛されてるのが伝わってきて、そこへ
抜群のウィットやユーモアに富んだコメントが大好きです。

食レポ、テレビなんかより伝わりましたよ。
今日の気合の記事に、いいねいいね、です。

どうか存分にお楽しみください。
当方は、病み上がりでヒヤヒヤ時期なので、今夏はスルー、
房総さま、記事で楽しませてください。

楽しみに拝読いたします。

お通さんへ

洞爺湖見れずに残念だつたですね。
でも、ウインザーホテルに泊まるなんてリッチですね。
夫婦そろっての行動は基本、このショートステイだけです。
お互い放し飼い状況です。
武蔵さん、よほど私なんかよりお元気に体を動かされていて、
元に戻られたように感じています。
また、旅行再開されるといいですね。
大泉洋、妻も好きで昔の”水曜どうでしょう”を
いまだに楽しんでいます。
ちょっと都会的ですが、同じ匂いのおひょいさんもいいですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する