7/31 立ち寄り湯、アブに追われて退散です。

せっかく、苦労して写真を撮りましたので、
さかのぼって書きます。
(裸でカメラを持って写真を撮る間抜けな姿を想像してみて。:笑)

行きのドライブ中に温泉に立ち寄るのが
恒例になっております。

今年は網張温泉の休暇村に立ち寄りました。

ここは岩手山麓にあり、
本館内の「大釈の湯」、「白泉の湯」、
日帰り温泉「薬師の湯」と
野天風呂の「仙女の湯」、「鹿追足湯」の計5湯を
自由に入ることが出来ます。

まず、本館に向かいます。
岩手山の雄大な景色が目に飛び込み、つかみはOKです。

IMG_1816.jpg

入浴料600円を払い、大釈の湯に入ります。

内風呂、露天風呂があり、
強い硫黄の匂いが漂っています。
(硫化水素が発生しているので換気の注意書があります。)

強い日差しの中の昼間のお湯、気分は最高です。

IMG_1805.jpg

でも、露天風呂はいけません。
いい気分もつかの間、邪魔者・アブが出てきました。

従業員の方がハエたたきを持ってきてくれますが、
アブを取ってくれるれるわけではなく、ハエたたきを置いて戻っていきます。

あれ!戻るの!
(気が弱く、取ってと言えない親父。ざまぁないです。:笑)

頭を襲うアブを追い払っての入浴は気分が萎えてしまいます。

早々に退散です。
もちろん、5湯巡りもあきらめてです。
(泣く子とアブにはかないません。気温が高すぎたのですね。)

でも、この温泉、秘湯感はありませんが、
お湯(単純硫黄温泉)、景色も施設も最高でした。
(施設は新しくすべてに清潔感があります。)

秋に紅葉の中のお湯狙いで、もう一度来たいと思います。
でも、ゆう((湯)だけで、実際はその時になると来ないんですよね。
チャンチャン。(笑)


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する