4/21 ”縄文の虹 双子の神々”作品展、独特の世界です。

鴨川生活の初期のころにひょんなことで知り合い、なんとなくお付き合いが続いている
高田一さん。

性格も趣向も全く異なり、独特の感性・強烈な個性を持たれていますが、
それを人に押し付けず、自由気ままに暮らされているのが妙にあっています。

付き合っていても肩がこらずになんとなく続いています。

頻繁に会うわけでもなく、
3,4月に1度くらいのペースで会えば、”やぁ!元気!今何してるの?”って
気軽に話し合える関係ってありますよね。

その彼が東京に続き、鴨川の古民家カフェ”夜麦”で作品展をやられていると聞き、
ランチを兼ねて出かけてみました。

まずは作品から

IMG_1466.jpg

IMG_1472.jpg

IMG_1471.jpg

縄文大好きな彼が作る作品は妙に存在感があり、
芸術がわからない私にも落ち着きを与えてくれます。

数年前、酒の席で酔いに任せて”庭に置きたいから作品を頂戴”と言って、
微笑まれたのを思い出します。

私の失礼な申し出にも怒るでもなく、軽く聞き流してくれたのが彼らしいです。

昭和の農家風の部屋に飾られた縄文土器、一度は覗きに行ってみてください。
独特の世界を味わえますよ。

期間は4/14から5/10まで
場所は鴨川市金束1137
    04-7094-5790
    古民家カフェ ”夜麦”
    IMG_1475.jpg

   定休日は火・水曜日(除く祝日)です。

ちなみに私が食べたランチはナポリタンで味はごくごく普通ですが、
雰囲気代だと考えれば料金1000円は満足のいくものです。
IMG_1474.jpg

鴨川に来られたら是非、お立ち寄りください。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する