3/24 そろそろ餌やりも終わりです。

冬の餌が不足する間だけ、鳥たちに餌を与えて楽しんでいます。

P3210028.jpg

スズメ、モズ、ウソ、カケス、メジロ、ヒヨドリ等が庭にやってきます。

冬の初めは米等の穀物、途中からはみかん類を輪切りにして与えます。

餌をやりだした頃はメジロがたくさん来ていたのですが、次第にヒヨドリが餌を独占しだし、
他の鳥を追いかけまわすようになりました。

P3200017.jpg

自分が食べないときでも近くで見張っていて、餌箱に他の鳥が近づくと追っかけています。
可愛げのない鳥です。(フェンスの中ごろにいます。)

餌箱にヒヨドリが入れないように格子状に枝をいれても、
その枝をくちばしで外して、その効果は長続きしません。

今ではあきらめて、ヒヨドリの好き放題にしてしまっています。

P3210026.jpg

写真を撮ろうと、餌箱を毎日少しづつ窓辺に近づけようやくパチリととりました。
この時はガラス戸があるとはいえ、私が座る席から4mほどの距離でも怖がらずに餌を食べています。

怖さより餌なんでしょうね。必死なんでしょうね。

貪欲さのなかにけなげさを感じてしまいます。

こうやって楽しむのももう少し、4月になれば餌やりをやめます。
好きなメジロが伊豆の大島に戻ってしまうからです。
(これも不思議ですよね。
 あの小さなメジロが房総と大島を海を渡りいききするんですよ。)

コメント

(野鳥の会)・・楽しんでますね

ヒヨドリは体の色がもひとつですね、でもだいぶ仲良くなられたわうですね。

メジロが大海原をわたるなんて健気なことですね。

碧さんへ

コメントありがとうございます。

北海道のように
珍しい鳥はいませんが、それなりに面白いです。

そうなんです、大海原を超えてくるメジロは房総の居つきのメジロより一回り大きく、鳴き声もきれいだそうです。
(私には違いは判りませんが)

メジロのような小さい鳥が 休む事なく海を渡りきれるのですね。
今まで何の疑問ももたず、ただ飛んで来るんだと思っていましたが、すごい事ですよね。
たまに我が家にもメジロが飛んで来ますが ちょっと見る目が変わりました。(多分在来種でしょうが)

カボスさんへ

鶴のようにシベリヤから飛んでくる渡り鳥もすごいですが
身近なメジロが大島から南房総に飛んでくるのもすごいですよね。
冬の間だけ花(餌)を求めて飛んでくるのでしょう。

みかんをやると喜びますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する