12/9 竹林の整備に汗を流す。

いつもシーズンになると竹の子狩りをさせていただいているSさん宅にお邪魔して
本の気持ちだけのお手伝いです。

9時につくとご主人がすでに竹の間引き作業をされています。
挨拶もほどほどにすぐに竹の間引きを手伝います。

木漏れ日がさす程度に竹を切るのですが、毎年のことながら竹が生い茂りすぎで、
ご主人が毎日切っておられても、切っても切っても理想の竹林にはなりません。

IMG_1125.jpg


ほどほどでいいですよといたわりの声が聞こえてきますが、
できるだけ手助けになるように頑張ります。

今日のような好天の日は戸外で汗を流すのは気持ちのいいものです。

IMG_1123.jpg


途中、休憩時には竹を燃やす火で焼き芋を焼き、おやつに頂きます。 
脂分を含んだ竹は切たてでも、パチパチといい音をたてて燃え盛っています。

IMG_1122.jpg


休憩後も作業を再開して20本ほどの竹を切りましたが、
まだまだ切らなければだめな竹がいっぱいです。

でも、私の作業時間限度は3時間(ウルトラマンの3分よりはまし?)、
午前中でやめてお昼をごちそうになります。

そのうえ、家庭菜園で取れたキュウイやサツマイモ、ブルーべりをお土産に頂き、
お役に立ったのか、気を使わせただけなのか、
申し訳ない気分で引き揚げさせてもらいました。

竹の間引きは2月まで、もう一度くらい手伝おうかな!

コメント

No title

○竹林伐採のお手伝いご苦労さまでした、感じとしては汗以上の対価があったように思います私の邪推でしょうか、何れにしても体(精神的にも)に良い事ですね!

神道さんへ

そうなんです、私の性格からすると、
この年になって嫌なことはしません。
でも、あまり気遣われると、それも負担になります。
(こんなことを言ったら怒られますが。)

自由、あるがままをもっとにしたいと願っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する