12/2 洲崎神社に立ち寄る。

今日の昼は波左間にある”伝平で”海鮮丼を妻と食べます。
いつもながら安くて魚一杯の丼で、1時間かけても行く価値があります。

その帰り道、洲崎神社を見つけます。
普段は素通りですが、タカ&トシが旅番組で紹介していたのを妻が思い出し、
ミーハー気分で立ち寄ります。

長い階段が続き、登れるか心配になりますが、息を切らしながらも登り切ります。

IMG_1085.jpg
登りきったところに本殿が堂々とあります。
IMG_1094.jpg

さすが、安房の国の一宮だけあって、風格がにじんでいます。
参拝者もなくひっそりとたたずんでいますが、境内はきれいに掃き清められており、
地元に脈々と愛され、崇拝されているのがうかがえます。

無神論者の私でも厳粛な気分になります。

帰り道、富士山を望む高台に向かいますが、残念ながら霧の中です。

IMG_1096.jpg

妻が”幸せの鐘”を思い切りならし、遊んでいるのか?何かをお願いしてるのかな?
カンカンカン。

真下の海岸を見て、帰途につきました。

コメント

海鮮丼がどんなものか見たかったです。

洲崎神社の階段、高いですねー。

カンパニュラさんへ

伝平さんは何度も取り上げているので素通りしてしまいました。
すいません。
過去の記事を見てください。
http://kamogawasyuumatu.blog.fc2.com/blog-category-15.html
1600円で新鮮なネタがいっぱいです。
おいしいですよ。

はじめは階段の段数を数えながら登っていたのですが、
妻に話しかけたとたんに忘れてしまいました。
100段くらいですかね。

No title

○洲崎神社のお参り良かったですね、難しい事を考えず機会があったらスッとお参りすることが神道の信心です、決して強制等はしないのが特徴です、自分の気持ちで何か「良い事がある」と思って下さい、でも洲崎神社の階段をよく登りましたね!

神道さんへ

神道さんは行かれましたか?

階段を登りながら神道さんならさぞ喜ぶのになあと
妻と話していました。

また、一宮の意味も教えてもらったのを思い出していました。

大きく有名な神社もいいですが、地元に埋もれている神社も
いいものですよ。

No title

そうですか。
奥方さまと参拝されましたか。

お正月にはきっと大勢の方が
参詣されるのでしょうね。

こんな風に、ふいっと参るのもいいなあ。

南天の実さんへ

隠れた観光地は沢山あるのですが、
地元の人は見過ごしており、TVで取り上げられて、その良さを知ることが多いです。

不信心、一宮の神社を観光地と言ったら逆に地元の人から
怒られるかも。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する