久々の読書、小さなおうち

何の気なしに妻が読んだ”小さなおうち”を見つけ
船橋から鴨川に持ってきた。

P2070016_convert_20140207183043.jpg


TVで映画を宣伝していたし、
帯の”世界を閉じ込めた家の中で、秘密を抱いて暮らした、忘れえぬ日々”
の文章が松たか子と共に何故かなまめかしく感じていた。

小説を読むのは半年振り以上か、新聞以外の活字から
遠く離れている。

何時か読もうと持ち出したが、半月以上ほっぽり出していた。

今日、何気なく読みだすと止まらない。
ストリーが面白いというものではないが、
何か懐かしく・ホットするものを感じて、引きこまれていく。

半日で読み終える。

でも、読み終えて、特に何も残らない、でも、何か温かい。
不思議な小説だった。

それに、主演女優は松たか子ではないな、
もっと華やかで清楚な中にも気丈な人があっているように感じる。
(特に声が合わない)

それでは、だれが良いか?
鈴木京香?、原田知世?
 
考えるのは楽しいが、性格が一見矛盾しているので、難しいですね。

映画を見るのはよそう。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する