8/24 能取新港からブリ釣りに出船

今日は早朝4時、能取新港・釣洋丸に乗って、ブリ釣りに出かけました。
客は私一人、
乗船前に船長から波が高く(1.5m)風が強いので揺れるよ、
出船するかと聞かれますが、
数字的には房総では穏やかなほう、行くことにします。

湾を出ると波、風で大きく船がゆれます。

ブリを求めて、あちこち船を走らせますが、海荒れで群れが散ってしまったのか、
目ぼしい群れが見つかりません。

出船して1.5H後に漸く、竿を下ろします。
160gの大きなジグを下ろし、海底から上にしゃくりあげてきます。
小魚が弱って、逃げているようにジグを躍らせ、ブリにくわえさせます。

第一投でガシっとブリがかかります。
竿も半月状態に曲がります。

リールを巻く手も興奮しています。
50mから40m、30m、20mへとブリとやり取りしながらあげてきます。
あと少しとなった時に急に軽くなり、ブリが外れます。

逃げた魚は大きい、5~6kはあったと思います。
残念。

IMG_0730-1.jpg

気持ちを切り替えて、再度投入、巻き上げを繰り返しますが、
波が高く、船が揺れて、たって釣るのがきつくなります。

ブリを求めて船をあちこち移動しますが、魚探には何も映らず、空振りばかりです。

船長も一緒に竿を出していますが、お互いフグを1匹釣った以外なにも釣れません。
(腕の差ではなく、ブリが見つからないのです。本当です。)

これ以上やっても仕方ないので7時半ごろに早上がりを決めますが、
諦めきれない船長は帰り道にもブリを探してくれます。

でも、見つかりません。

8時にあがった後は帰路、養老牛温泉のカラマツの湯に立ち寄り、
冷めた体を温めます。

IMG_0748-1.jpg

無人温泉ながらきれいに管理されていて、
せせらぎの音を聞きながら、湯船の玉砂利の刺激を受け、一人温泉に浸かるのは
贅沢の極みです。

疲れも吹っ飛び、次回こそは釣り上げるぞと意気が上がります。

コメント

No title

○渓流釣りに海釣り北海道の自然を満喫していますね、帰りの温泉入浴など贅沢の極み羨ましかぎりです!

神道さんへ

北海道は本当に温泉天国ですよね。
商業的な温泉はもちろん私的に地元の人が管理する無人温泉があります。

感謝しながら利用させてもらっています。

養老牛温泉のカラマツの湯、神道さん入らなかった?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する