5/14~5/17 ゼミの仲間との再会

還暦を過ぎてから始めたゼミの同窓会、毎年懐かしい仲間と再会します。

今回は奥飛騨に行き、観光と酒と温泉を楽しみます。

集まった仲間は8名、話題はもちろん学生時代の武勇伝です。
飽きもせず、懐かしく、一気に大学生に戻ります。

67~69歳と見栄えは年相応に衰えても、
気持ちだけはまだまだ若いつわものたちです。

IMG_0055-2.jpg


1日目は平湯温泉に12時現地集合。
早めに着いた私は
その前に白骨温泉で日帰り湯を楽しみ、乗鞍高原を巡り、ゆっくり集合時間前に到着。
(何しろ夜中の2時過ぎに出発しています。どんだけ早いんだ。笑)

IMG_0021-1 - コピー

IMG_0017-1.jpg

合流後は旅館の女将の案内で新穂高展望台、上高地を」巡ります。
展望台から槍ヶ岳が目の前に広がります。山々に圧倒されます。
まるでアルプスのようです。(笑)
(スイスに行ってはいなくてもTVでみる景色です。)

IMG_0053-1.jpg

1時間ほど歩いてたどり着いた河童橋から山を望みます。
山の名前を聞いたのですが、完全に忘れています。
(中学時代ワンゲル部に入っていたのですが、山は素人です。
 どの山も同じように見えます。笑)

IMG_0083-1.jpg

2日目の白川郷は人人で大混雑、中国語が幅を利かせています。
20数年前に行った時とは様変わりです。

ああ!しんど!

IMG_0153-1.jpg

3日目は高山の朝市、旧市街地観光です。

IMG_0106-1.jpg

IMG_0110-1.jpg

ここも人でごった返しています。
人を避けて入った茶房だけがひっそりとしており、外の喧騒から逃れて
妙に静かな時間が流れています。

IMG_0115-1.jpg

IMG_0113-1.jpg

店は京都の町屋と同じウナギの寝床、間口は狭くとも奥行が広く、
しっとりしています。

店には悪いがこれでなくては趣がありません。

ここで同窓会は解散をして、
私は奈良井宿のほうに向かい、単独で渓流釣りに向かいます。

4日目、20数年前、渓流釣りを始めた記念の場所で朝早くから竿を出します。
どうしたことかうんともすんとも魚信がありません。

諦めきれず昼過ぎまで川を釣りあがりますが、釣れたのは小さいヤマメが数匹。

IMG_0099-1.jpg

完全に期待はずれです。

今回の同窓会は行きと帰りの車の移動距離が長いものでしたが、
疲れもせず、無事鴨川に帰ってきました。

コメント

楽しかった様子が伝わって来てこちらも同行したような気がしてきます。
山や河童橋の写真が綺麗に撮れてますねー。
強行軍の様子、お元気ですね。

シクラメンさんへ

行き帰りとも、6時間の運転、気が抜けませんでした。
2度の休憩時に軽く運動し、コーヒーを飲んで、
眠気を飛ばしました。

青春時代を共有した者たち、気兼ねも遠慮もいりません。
いつもは現地集合・現地解散で昔話に花を咲かせ、酒を酌み交わすだけでしたが、今回初めて一緒に観光をしました。
これもいいもんですね。

天気に恵まれ山がきれいでした。
ただこんなところにも中国人・韓国人がわんさかと押しかけていました。傍弱無人な振る舞いに興ざめさせられます。こんな状況で観光日本を本当に目指してもいいのでしょうかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する