4/19 ひだまりの郷でもりだくさんの体験

月に一度の蕎麦の会、今日はメニューがてんこ盛りです。
まずは草木染、その後、竹の子堀、みかんの収穫と続きます。

天気も良く、ぽかぽかで体験日和です。

NCM_0027[1]

草木染の講師は臼井から館山に移住されたNさんです。
綿を種から育て、糸を紡ぎ、草木染を行う本格派です。
朝のあいさつのあと、草木染(今日はよもぎ染め)の説明、体験が始まります。

実は私は草木染にはあまり興味がなかったので、周りをうろうろするだけで
話はほとんど聞いていませんでした。
でも、女性陣は楽しそうです。

大まかな草木染の手順は
NCM_0022[1]NCM_0028[1]  
NCM_0025[1]NCM_0029.jpg
NCM_0031.jpg


まず、ヨモギの葉をとり、水に煮出して、煮汁を越し、その煮汁に染める布を入れ、少し温ながら染める。
色具合を確認しながら、できた布を水洗いして、干して完成です。

柔らかい色合いに染まりあがっています。

昼食後、竹の子掘り、みかん狩りですが、
昼食時に一番元気なKOさん(ダイエットと言いながら食べすぎ)や
竹の子掘りで大喜びな子供達。
気分はハイ、でも少し眠たそう、でも安心です。大人が見守っています。

それぞれが好きなことを自分の体力に合わせて楽しめばよいのです。

この緩さがこの会の長く続く理由で、良さです。

コメント

ほのぼのした良い会が続いているわけがわかります。

筍掘りは皆さん大喜びしたことでしょう。のどかさもよく伝わりますね。

シクラメンさんへ

私自身は草木染をパスしたら、
竹の子掘り、みかんの収穫と先日実際にやったものばかりでした。
ほとんど見守るだけで、周りをうろうろ、知ったかぶりして、
教えたりしていました。

竹の子は猪にほじくられて、全滅状態でしたが、この日に合わせて、柵を強化したりして、猪の侵入を防げたお蔭で、少ないながらも10本ほど収穫できました。
主催者の気配りで各自お土産をゲットでき、皆さん大喜びです。
みかんもそれぞれ10個ほど。

No title

房総さーん、
先日のテレビ、西田敏行さんの「人生の楽園」で南房総市が
舞台だったので、ついつい房総さんをイメージしながら観てしまいました。

お人は違っても、土地柄はああいう風な雰囲気なのでしょう、
と思いましたので一言。

いつも読んで心和ませていただいています。
ありのままで、飾らないところに好感好感、これからもよろしくー。
今日の記事もそうでーす。

桃が咲くさんへ

いつもコメント有難うございます。
妻からも同じようなことを言われました。
同じ自然相手なのでやることも似ています。

毎年毎年同じことの繰り返しですが、
感じることは少しですが変わってきています。
少しは進歩してるのですかね。(退化?)

筍採りNo title

自然との触れ合いを満喫していますね
先日、もうそう竹をとりにゆきました。

まだ、少し顔を出たところで、やわらかく
あくも少なく、美味しくいただきました。

次回は、5月下旬にハチクを。

最近は、飲み友達の畑で、酒の肴をつくり
楽しんでいます。

一度、西山と遊びに行きたいと思ってますが。。。。

田中さんへ

え、あの田中さんが畑を手伝っているの?
変われば変わるものですね。

今は奈良に住んでいるのでしょ。
是非、遊びに来てください。
待っていますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する