3/10 鶯の初音が聞こえました。

今日、初めて鶯の初音が聞こえてきました。
去年と比べると1週間遅れです。

P1050455.jpg

考えてみれば、鶯は冬の間どこにいるのでしょうか?

普段もメジロは姿を見せても、鶯の姿は見たことがありません。
声はすれども姿は見えず、ほんにお前はXのような。

渡り鳥でもなく、雑木林にいる鶯、本当に冬の間はどこで、何をしてるでしょう?

このまま、暖かくなって。

コメント

メジロその後

鶯もいいですね。
本当に、寒い夜など私もメジロはどこで寝ているのだろうと思うことがあります。

こちらヒヨドリ来訪を許容していたらだんだん我が物顔にのさばるようになり、メジロの訪れが激減する事態に。ヒヨドリがあんなにがさつで浅ましくなく、他の鳥と共存できればいいのですけれどね。

それでひと月ほど前、断然ヒヨドリの拒絶を決意しました。
ヒヨドリ威嚇・メジロ歓迎をくり返しているうちに、餌の出しっぱなしはだめだと気づき、ヒヨドリが来る前に餌をひっこめ、メジロが来たら出すようにしました。メジロの鳴き声をキャッチ。
それを確定申告の準備と母の食事介助行きのあいだにくり返していたら、対メジロ福利厚生→為メジロ服務→被メジロ奴隷と化し、へとへとになりました。

 過去記事のメジロ長距離飛行?!尊敬します。夕方の虹の記事も興味深かったです。

水玉うみうし

そう、にっくきヒヨドリです。
餌箱の餌を独り占めし、メジロを追い払い、
ついでに隣の畑の白菜を食い散らしていきます。

昨年は餌箱に細い棒を格子状にしてヒヨドリが入れなくしましたが、
今年はヒヨドリの必死さに免じて放任です。

梅が咲き出してからはメジロが短時間ですが来ては蜜を吸っています。
ヒヨドリが来ると逃げますが、隙を見つけるのも美味くなったように感じます。

あるがままですかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する