バリ島 サヌール お世話になりました。

今回の6泊7日の旅では贅沢はせず、質素なダイビングオンリーの旅でしたが、

NCM_0024_convert_20150120200555.jpg
(サヌールのメインストーリ)

南国の島らしい暖かい・人懐っこいおもてなしを受け、
日々楽しく過ごし、あっという間に終わってしまいました。

お世話になった方々や気になったことを備忘録としてまとめておきます。

1.まず気候について
  今は雨季で雨が心配されましたが、深夜 や早朝に降ることが多く、
  日中に降ったのは1日だけでした。それも午前中には上がりました。
  気温は30度くらいで暑いですが、日本のような蒸し暑さはありませんでした。

2.両替について
  断然、現地で両替するほうがお得です。
  ガイドブックにも
  日本の空港>現地のホテル>現地の両替商 と
  現地の両替商が一番お得と書かれております。
  それでも、現地の両替商はお金をごまかすので注意するようにと追記もありますが。

  私は少額だったのでガイドを無視して、
  羽田で両替しましたが、びっくりするような悪いレートで、
  現地で両替した友人のレートと大きな差がありました。
  
  羽田空港 1ルピア=0.0125円  現地の両替商 1ルピア=0.091円
  1万円をルピアに両替するとして
  羽田空港の場合は800、000ルピア 、
  現地の両替商の場合は 1098,901ルピアで
 
  差は29、891ルピアで約3000円近く現地で両替するほうが得です。
  
  そのうえ、友人はごまかされないように
  1回につき計算しやすい1万円を両替していました。(偉い)
 
3.交通事情
  我々はほとんどホテル近くで過ごし、
  遠出することがなかったので交通手段を使っていませんが、
  バス等の公共の交通手段はなく、タクシーのみです。
  このタクシー料金が破格に安く、
  1時間程度のっても100、000ルピア(千円)程度です。
  
  それ以外にはレンタルバイクを欧米人は使っていますが、
  車とバイクが入り乱れてレース場のような運転は日本人には無理です。
 
4.お世話になったダイブSHOP
  ブルーシーズンバリ

  NCM_0032_convert_20150117112024.jpg

  オーナーは日本人だそうですが欧米人とバリ人のスタッフがシステマチックに
  サポートしてくれ、快適でした。
  スタッフもやさしく、人懐っこいです。
  BCDのセッテイングや海に入る時やあがる時の補助は助かりました。

  *正月明けだったので日本人スタッフは遅れた休暇中だったのかな?

5.食事処
  
  朝食はホテル、昼飯はダイビング付きで自分たちで食べるのは夕食だけでした。
  ホテルを出てすぐのメインストリートを1k程度の範囲で賑わっている店を見つけて
  入りましたが、どこもそれなりに美味しく、安かったです。
  ビール1、2本に料理でどこでも2~3千円ですみました。

  行った店は

  ・日本料理:漁師

   NCM_0026_convert_20150120200643.jpg

 ・ステーキ/バーベキュー:EL COMEDOR
  NCM_0033_convert_20150120200812.jpg
  ビートルズの弾き語りは懐かしかったです。
  また、バーベキュー味のステーキは美味しくて、2度も食べました。
  お勧めです。

 ・ピザ&パスタ:VILLAGE

  NCM_0028_convert_20150120204910.jpg

 ・インドネシア料理:CRIYA SANTRAAN

  NCM_0039_convert_20150120200726.jpg

  海際の芝生の上でショーを見ながらのビュッフェスタイルの食事は
  リゾート気分最高でした。

  IMG_0086_convert_20150120201053.jpg

 その他に現地の人がいく屋台村がありましたが、
 今回はもしもを考えてパスしましたが、一度は行ってみたいですね。

 NCM_0023_convert_20150120200420.jpg

6.ホテルはTAMAN AGUNG
  ヴィラ形式のホテルで食堂とプールが2つあるだけのシンプルなホテルで
  部屋もバスタブ・WIFIが使えるだけの簡単なものでした。

  賑やかな大型のリゾートホテルとは違った落ち着いた雰囲気でした。

  フロントのおばさんの笑顔がたまりません。
  NCM_0044_convert_20150120200858.jpg

 いろいろお世話になり、楽しく過ごすことが出来ました。
 有難う。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する