1/11 バリ島ダイビング1日目

今日のダイビングスポットはトランベン、車で2時間半の場所です。

バリ島そのものは愛媛県とほぼ同じ550万米と小さな島で
トランベンはサヌールから北東の海岸にあります。
地図では近くだと思っていたのですが実際は遠いです。

サヌール市街を離れると片道1車線の道を車とバイクが
ちょっとしたレースのように追い抜きを繰り返して走っていきます。

信号待ちで少しでも前に出ようと右折車線に入り、
青になると直進車線に割り込むのも平気です。
不思議とクラクションも鳴らされず、特に意地悪もされません。
不思議なルールがあるようです。

中国の乱暴な運転とは違いますが、日本人には危なくて前をまともに見ておれません。

IMG_9775_convert_20150118013528.jpg

ハラハラしながら、眠ることなく、漸く、トランベンのレストランにつきます。

早速、準備・着替えをして
重いタンクを背負って海岸から歩いて行き、腰くらいの深さの所でフィンを履きます。
波が高く、苦労させられ潜る前にお疲れモードです。

潜ると、海の透明度は10m位と悪く、少ない魚を探します。

1本を潜った後はレストランで食事をとり、十分な休憩をとった後、2本目を潜ります。

2回のダイブで見つけた魚はコブダイやナガラ、オコゼ、カニ、ハコフグ等です。
特に見るべきものには出会いませんでした。

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(61)_convert_20150118014208 繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(38)_convert_20150118014021
IMG_9750_convert_20150118013439.jpgIMG_9733_convert_20150118013220.jpg
IMG_9726_convert_20150118013058.jpgIMG_9719_convert_20150118013014.jpg


それでも、どこにでもいる魚でも群れ(デバスズメ)のほうがやはりいいですね。

IMG_9745_convert_20150117234532.jpg 

気分直しに水面浮上時の泡でも見てください。

スクリーンショット (51)

海況はその時の天候に左右されるので、透明度、魚が少なくとも仕方ありませんが、
着替えて、また2時間半かけて帰ると思うとぞっとします。

ロケーションはリゾートぽくっていいのですが、
不安なバリ島ダイビングの幕開けでした。




 

コメント

No title

インドネシア、ボロヴドゥールなど観光はしましたが
房総さんのなさったダイビング、知識がないので分からないのですが、

でも、特技が、それも半端ないことはよく分かります。
海はきれいで、楽しそう。
でも、危ない目に遭われたことは? 大丈夫でしたか。

アンカさんへ

インドネシアに旅行に行かれたのですか、
いいところですよね。
私は観光には全く興味がなく
ほとんどどこにも行っていません。

今回も体内の窒素を1日かけて抜いてから
飛行機に乗らなければならないので、最終日にウブド観光をしたくらいです。
何しろ体を動かさないものには興味がありません。
ダイビングは初心者なのでガイドさんといつも一緒なので
特に危険な目には合っていません。
今回いったところも数年前に船がいなくて、上がってきた日本人が流されて犠牲者が出たところですが、スタッフ全員がベテランで慎重でした。
他の遊び、スポーツに比べても事故率は低いですよ。

たのしそうですね。
見ているとやってみたくなりますね。
60代からでも大丈夫ですか?

シクラメンさんへ

もちろん大丈夫ですよ。
沖縄あたりだと2泊3日でCカードを取らせてくれますよ。

体力も知力(?)もいらず、ちょっとした勇気さえあれば
筆記テスト、実技テストを受け、誰でも簡単にとれます。

見方によればシュノーケルや素潜りより簡単ですよ。

パラオで出会った女性は70代で年間100本以上潜っておられ、
すでに3000本潜っている猛者もおられます。
潜る姿は飄々としていて、
省エネで魚さえ人の気配を感ぜず、寄ってくるそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する