12/9 2匹目のドジョウを狙って・・・

先日、久々に良い思いをしたイシモチ釣り、その後も、毎日釣り場を覗きますが、
1週間、餌では全く釣れていません。

皆さん、ギャング針を使った引っかけ釣りをされています。
海の色で50~80m先のイシモチの群れを見つけて、そこに仕掛けを投げ、いとも簡単に釣り上げられています。
ベテランは半日で50~60匹、良型です。
PC030042_convert_20141203161326.jpg
(3.5kの良型ヒラメも釣れています。)

釣るのは簡単なのですが、海の色でイシモチの群れを探すのが大変です。
当然、一か所にとどまることなく動き回っていますし、小さな群れの水深5m位にいる魚の影です。
微妙です。

ベテランの人は”あそこ、海の色が赤黒くなってるでしょ”と言って、仕掛けを遠投して、見事に釣り上げられます。
言われた私は唖然、、岩礁や波と見分けがつきません。

見ていても仕方がない、やってみるしかないと、9日に仕掛けを自製し、引っかけ釣りをやってみました。
釣果は2匹のみで、作った仕掛けはみな海の中、
あさ黒い処を狙ったつもりが岩礁にひっかけ、散々な結果です。

見かねたベテランが仕掛けを直してくれたり、助言してくれます。
房州弁の荒いしゃべり方ですが、
1週間も顔を合わせていれば、自然と顔を覚えてくれていて、やさしく教えてくれます。

要は習うより慣れろで普段の海の色を頭に畳み込み、普段と違う場所を見つけることが出来るかです。

再度、今日10日にチャレンジです。

追記:釣り場は南房総ですが、狭いので詳細はここに書けません。悪しからず。

コメント

ベテランさんの眼力はすごいですね。岩礁や波を一瞬で見分けるのですね。

違いがわかる男達

12月初めから同じ釣り場に通っていますが、
必ず、ベテラン達がイシモチを釣っています。
皆勤賞です。
そんなに釣ってどうするのと思いますが、
釣った魚は2の次、釣りそのものが好きなようです。
毎日、見ていると海の色の差が分かるのでしょう。
まさに、”違いがわかる男”です。

No title

○自然を相手にすると此方の思惑通りに行きません、またそれが自然のだいご味で工夫したり改良して上手になるのでしょうね、根気とチャレンジ頑張って下さい。

忙しいですね

神道おじさん、持ち上げたり、なだめたり、
忙しいですね。
なんちゃっておじさんは根気だけは
あります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する