12/7 千葉在来そば祭りへ

陽だまりの郷・蕎麦の会のメンバーと
同じ野呂蕎麦を育てている千葉市若葉区野呂町のそば祭りに
応援がてら参加してきました。

PC070054_convert_20141207170404.jpg

我々の陽だまりの郷のそば祭りとは規模が違って、大規模でシステマチックです。

蕎麦を打つ先生方も10数名、並んで打つ姿は手際よく、さすがです。
見とれます。

PC070046_convert_20141207170437.jpg

10時開場にもかかわらず9時にはお客さんが詰めかけ、
前倒しして9時半に開場し、打ちたての蕎麦を食べ始めました。


PC070052_convert_20141207172511.jpg

蕎麦はもり蕎麦と温かいとり蕎麦の2種類のみで、千葉在来の野呂蕎麦を使っています。

私はもり蕎麦を食べましたが蕎麦がまる抜きのため、香りが少ないように感じ、
普段食べなれている陽だまりの郷の蕎麦のほうがおいしいと感じました。
(手前味噌ならぬ手前蕎麦ですか? 笑い。)

それにしても蕎麦の人気はすごいものです。

続々とお客さんが来て10時半には会場内外に蕎麦を待つ長蛇の列が出来上がっています。

PC070056_convert_20141207170719.jpgPC070058_convert_20141207170758.jpg

予定の500食は軽くオーバーしたでしょうが、
応援に駆けつけた我々の出番はなく、蕎麦を食べて早々に退場しました。

後はファミレスでお茶を飲んで、館山の相浜亭で遅めの昼食(海鮮丼)を食べて、
ゆっくりドライブを楽しみ帰りました。







コメント

蕎麦ってすごい人気なんですね、
でもご自分たちのお蕎麦はやはり最高の
ようですね。
こういう会への参加も楽しいことだったと思います。

そうなんですね

碧さん、コメント有難うございます。
和田町でやっていると50名程度の集客がやっとですが、
千葉市だと、人が多く、集客力に大きな差があります。
地元紙にそば祭りの開催を知らせる記事が載っただけで
500名以上の人が集まります。
すごいものです。改めて蕎麦人口の多さに驚きです。
いい刺激を受けました。

でも、自分で好きな時にそばを打って、食べる。
美味い、まずいの前に、これが一番です。

No title

先生方の蕎麦打ちの様子、壮観。
写真があるのでよく分かります。

この辺は、出石の皿そばが有名です。
ああ、皿そばもそうだけど、その近くの竹田城が
あれよあれよと言う間にアッと言う間に超超有名になってびっくり。

少し前までは、ほんとマイナーで、山城に関心のある人だけがパラパラ行っていたのに。何でも、火が点くと凄い、びっくりしました。

出石蕎麦いいですね

ユタリンさん、コメントありがとうございます。
そちらは出石蕎麦ですか、いいですね。
地方地方にその土地だけの蕎麦の種があり、
水や気候風土や蕎麦粉のひき方・打ち方で味が変わり、蕎麦自慢があります。
日本は自然豊かですね。

雲海に浮かぶ竹田城、一度は見てみたいものですが、
人気が出すぎで、ためらっています。
少し、落ち着いてからですかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する