10/26 棚を2個作りましたが、その後が・・・

貰った廃材が残っているので、
ビニールハウスの中に入れる棚を作り出しました。

PA250034_convert_20141026161815.jpgPA250032_convert_20141026161659.jpg

やることは、材木を切り、削り、塗装し、ねじとめするだけで、
前の柵作りと同じようにできます。

慣れてきたのか、スイスイと作業が進み、2個の棚が出来上がりました。

PA250033_convert_20141026161735.jpgPA260038_convert_20141026161608.jpg

出来上がってからが大変、重くて一人ではビニールハウスまで運べません。
(とほほ・・・)

それでも一つは意地で何とか運び、地面に放置していたシンピジュームを
棚に置き整理しました。
やはりすっきりすると気持ちがいいものです。

もう一つは漬物置き場用です。
サイズ的には2つともほぼ同じなのですが、
疲れたのか、自分のあほさにあきれたのか、重くて力が出ません。

庭に置きっぱなしですが、明日になればやる気も出てくるでしょう。(笑い)

コメント

No title

お上手です。

家の主人は、造っても
センスというか、田舎育ちの朴訥さんで
そういうのが無くて、これでええやろ感満載な物ばかり。

これはセンス感じます。お好きなのですね。

全くのど素人です

いえいえ、日曜大工を始めたのは50過ぎからで、
それまでは、何一つできませんでした。
(やる気も起こりませんでした)
今は電動工具があり、誰でもができるようになっています。

欧米などのドラマを見るとおおざっぱですが、
自分たちのことは自分たちでやるようですね。

自分たちが気に入れば、それで良いのだと
割り切っています。

必要に迫られてやっているうちに、それなりに面白くなりました。
決して好きなわけではありませんが。

運べました

今朝、ご近所さんのTさんの手をかりて、
ビニールハウスに棚を運びました。

ようやく、これで大工仕事は終わりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する