7/31 カレイ釣りを堪能。

今日も9時から薫別港でカレイ釣りを楽しみます。
堤防につくと先着者が1名、様子を聞き、横に入らせていただきます。
先着者は三重県からのショートステイ者で9月に鮭釣りを楽しんでから帰るそうです。

今日の釣り方は先日師匠から教わったルアー仕掛けで釣ります。
この為、ルアー竿も安いのを買いました。

P7310042_convert_20140731164520.jpg

ルアーの針にアオイソメをつけ、しゃくっては様子を聞きながら引いてきます。
しゃくった時ルアーが踊り、カレイの食い気を誘い、釣るやり方です。

一投目から20~30㎝(主は20㎝)のカレイやコマイ(20~25㎝)が釣れます。
先着者の投げ釣りにはカレイがかからないのに、ルアー仕掛けには面白いように釣れます。
1時間ほどは入れ食いです。

そのうち、潮が効いてくると投げ釣りの人にも当たりがあり、お互い好調に釣れ続きます。
このルアー仕掛けはカレイの食い気がない時に効果があるようで、食い気が出てくると
1本針の分、釣果に差がついてきます。

11時頃、親子連れが堤防に様子を見に来ます。
千葉県の稲毛からの旅行者です。
釣れているのを見て、サーモンパーク行きを止めて、やおら用意をして釣り始めます。

小学6年生の男の子、バス釣りが趣味と言うだけあって、投げる動作も様になっています。
次から次とカレイやコマイを釣りあげます。
昨日のウトロでの不調が嘘のようだと喜んでいます。

1時過ぎに餌切れで私は釣り終えます。
釣果はカレイ40匹、コマイ30匹と大漁です。大満足です。

P7310039_convert_20140731164209.jpg

この間、堤防で釣っていたのは三重県1名、千葉県3名で全て道外者です。
地元の人は今日の天気予報の最高気温30度に恐れをなして、釣りどころではないようです。
暑さに弱いのですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する