9/24 年2度の吾亦紅

”暑さ寒さもお彼岸まで”とよく言ったもので
この頃は暑さも峠を越し、朝晩は肌寒さく
感じるようになりました。(早いですね)

女房の両親の墓参りに行くため、
船橋に戻ってきて、
昨晩はご近所さんと中華で一杯やり、旧交を温め、
今日は朝早くから女房の両親の墓参りに行ってきました。
1506228644059.jpg

自分の両親の墓参りは長兄に任せきりにしておきながら、
女房の方は年2回、律義に行っております。

自分の両親は怒りはしていないと思いますが、
私らしいと苦笑いしていると思います。

反省です。吾亦紅です。

9/23 久しぶりのご近所さんとのゴルフ

天気は曇り、いつものメンバー、
場所はアバイデイングクラブです。

初めてのコースは自分に合っているのか、
合っていないのかと初心者にとっては気になるものです。
DSC_0008.jpg

今回は凶とでました。
DSC_0005.jpg

フェアウエイは狭く、まっすぐホールが見えるコースはなく、
ほとんどが深いバンカーに囲まれた砲台グリーンです。

OBこそないものの、あちこちに打ち散らかし、
バンカーにつかまりXX打、やってられません。

正確性が要求されるコースには
手も足もでず、撃沈です。

疲れました。

9/21 ルンバがやってきた

鴨川での炊事・掃除・洗濯は
一応、私がやっています。

船橋の家では一切手出ししないのに、
健気なものです。(笑)

最初の頃は基本的なことがわかっていなくて、
よくご指導を受けたものです。

例えば、掃除機の吸い込みが悪くなって、
故障かなと思ったら、
ゴミ袋を取り換えずにいつまでも使いっぱなしだったりです。

主婦には当たり前でもそんなことが気づかないのです。

炊事・洗濯は好きではありませんが、嫌いでもありません。
洗濯ものを干すとき、パーンと広げた時に
しぶきが飛んでくるのはそれなりに快感です。

嫌いなのが掃除です。
地味で汗をかくし、意外と重労働ですよね。
何とかならないかと、
漸くルンバがやってきました。

夫婦とも新しい電化製品に興味がなく、
普通の家庭にはあたり前にある電化製品がないのです。
まさに石器時代です。

まずは1階の掃除をさせます。
P9210026.jpg

どんなふうに掃除をするのか、
ゴミを取り漏らさないかと興味津々でみます。

四角い部屋を丸く、掃除をしだしますが、
疲れを知らず、あちこち動くので、
それなりにくまなく掃除するものです。

これで、ボタンを押して外出していれば、
掃除が出来上がっているんですね。
便利です。

縄文時代から弥生時代くらいには進化しましたかね。

9/19 今年は変なものが出来ます。

ガングリゴン(汗腺を壊し老廃物がこぶのように膨らむ)が
今年はよくできます。
DSC_0002.jpg

お金は貯まらないのに、
変なものばかりたまり、2度目です。

虫にさされて、できものになったのを無意識に
掻いてしまって、皮膚にある汗腺をつぶすと、
汗等の老廃物がこぶのように溜まります。

痛くとも痒くともないのですが、
年寄り臭くて困りものですね。

医者に行けば1分で切って取り除いてくれるのですが、
なんとなく億劫でほったらかしにしていますが、
そろそろ限界です。


9/17 実りの秋を迎えた小さな庭に台風がやってくる

南の海をのろのろしていた18号が日本を縦断してきます。
大きな被害がなければいいのですが、
のんきに小さな庭の心配をしています。


P9170023.jpg

栗が収穫の時期を迎えています。
P9170020.jpg

それぞれまだ小さな木で
柿は小さな実をたくさん、
栗はそれなりの大きさながら少し実をつけています。

鴨川にも大雨・暴風注意報等がでて、
それなりに厳戒態勢(雨戸を閉めただけ)で
夜を過ごしましたが、
今朝起きてみると風は吹いたものの何事もありませんでした。
(被害に遭われた方にはのんきなことを言ってすみません。)

柿は葉が落ちたものの、実はしっかり残り、
栗は大きなものが落ちて、小さなものは木に残っています。
P9180024.jpg


それぞれ自然の摂理にしたがい、
けなげに種の保存に頑張っています。

9/13 まずは庭の草刈りが終わりました。

草に埋もれていた庭の草刈りが終わりました。
P9130007.jpg

太い雑草が伸びていて、
1度目は大雑把に草を刈り、
2度目に土もろとも根っこから刈り、
それでもダメなのは手で引っこ抜きます・

1日2時間*3日で漸く終わりました。
くたびれました。

埋もれていた花が陽の目をみます。
シュウメイ菊
P9130009.jpg

ダリア
P9130016.jpg

アマリリス
P9130011.jpg

セージ2種
P9130018.jpg

P9130015.jpg

ランタナ2種
P9130013.jpg

P9130012.jpg

最後はアンデスの乙女
P9130008.jpg

バラは弱り切っていたり、草を刈る時に
誤って切ったりしてしまいました。
復活まで1か月の辛抱です。

9/9 楽あれば苦あり

5週間留守にしていた鴨川に戻ってきました。
いつものことながら、草はぼうぼう

庭も
P9090003.jpg

畑も
P9090005.jpg

入るのもはばかれるほど草が伸び、
畑の作物が草の中でどうなっているのか皆目わかりません。

それに、今年は雨が多かったのか家の中が湿っています。

窓を開け広げ、
まずは布団干しから始めます。
P9090006.jpg

涼しくなったとはいえ、房総は蒸し暑く、
道北帰りには応えます。

これから草刈りを徐々に始めます。

絵にかいたような楽あれば苦ありです。

9/6、7 無事帰ってきました。

6日に下川を出発し、苫小牧→仙台間をフェリーで渡り、
夕方に無事、船橋に戻ってきました。

そのフェリーの中で
写真を1枚、いたずらで取ってもらいました。(エッヘン!)

1504742129581.jpg

子供の頃、あこがれた制服です。

周りの知らないお客さんからも似合っていると、
はやされましたが、
本人もまんざらではありません。

生まれ変わったら
次の人生は船乗りもいいですね。(笑)


9/3 ちょっと変わったコンサートへ

ショートステイも残り3日、そろそろ帰る準備を始めます。
荷物の片付けの前に、
まず帰りの長距離ドライブに備えて体を休めます。
家でゴロゴロからです。

そんな時、
”たかはしべんと仲間の歌”コンサートに誘われます。

場所は家から3分ほどの
ガーデニング・フォーレスト フレベ、2時開演です。
P9030020.jpg

会場には子供も含めて、60~70名ほど。

たかはしべんさんの挨拶、歌で始まります。
P9030014.jpg

初めて知る歌手、歌う歌も初めて、
P9030015.jpg

風貌も何故か親しみを感じます。
歌も
”はえをのみこんだおばあさん”、”ゴキブリの歌”
”おまじない”のような子供目線のものから
”世界中の海”のようなやわらかなメッセージソングまでです。

おまじないの
”涙の止まるおまじない、ぎゅーとして”や
世界中の海の
”世界中の人が声をあげたら
 どんなに大きな声だろうな”
等、素敵な歌詞があり、軽妙なおしゃべりと共に
あきない2時間を過ごします。

他にも支援者のアマチユアの方の出演があります。

オカリナ演奏:音程を外したのは愛嬌、澄んだ音色素敵です。
P9030016.jpg

グループバンド:ばたばたしていたのが愛嬌
P9030017.jpg

プロとアマってやはり歴然と差があるのですね。
でもそれがアットホームでよかったです。

こんな演奏会が地元の支援で行われるなんて、
下川町も捨てたもんじゃありません。

皆さんありがとうございました。

9/2 ヨックルの収穫祭でバーベキュー

ヨックルの裏庭に畑が有志の手で作られ、
P9020003.jpg
(雑然としながらも無農薬で手作り感一杯の畑)

利用者が勝手に野菜を取ることが出来ます。

P9020004.jpg
(中にはこんなきれいな花も)

今日はその野菜の収穫祭が行われ、
収穫した野菜を使ってバーベキューが行われます。
P9020006.jpg

お世話いただくNPOの方、地元の支援者や我々利用者で
和気あいあいとビール片手に楽しみます。

支援者の中には関東や中部地区から
下川に移住されている方が多く、
我々と同じ目線の生きた地元情報を沢山いただきます。

もう既に秋の気配が濃厚で寒いながらも、
火にあたりながら遅くまで歓談し、有意義な収穫祭でした。

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する