2/11 一日遅れの反省会

一日遅れのゴルフの反省会です。
今回の当番は私、ポパイ鍋を用意して、皆さんを待ちます。
他の二人も思い思いの手料理を持ち込み
5時半から始まります。
IMG_3022.jpg

Aさんの珍品、からすみです。
IMG_3023.jpg

久しぶりにからすみを大根に挟んで食べますが、
昔の塩辛くて、はじをかじって
日本酒をちびちび飲んだ時のものとは大きく変わっています。

やはり今流に塩分控えめなんですかね。

いつもの同じメンバーで飲んでいますが、
不思議と話題に事欠かなく、延々と食べ、飲み、話して、
お開きは10時過ぎです。
この調子では同じメンバーでも
煮詰まることはなさそうで、
当分このまま続けられそうです。

朝起きてみると
IMG_3026.jpg

焼酎はいつもの三岳と
今回初めて飲んだ
茜霧島(きりっとしまった味、お気に入り)、ですが、
1本半あき、
灰皿に吸い殻がてんこ盛りになっています。
お酒はいいとして、煙草は吸い過ぎです。
少し控えないといけませんね。(自戒です)

2/10 切ってくるぞと勇ましく、撃沈。

切ってくるぞと勇ましく、
誓って家を出たからは、
105切らずに帰りょうか、(今どき軍歌、古!)

場所は花生カントリークラブ、
メンバーはいつもの3人組です。

午前中は風が強いものの快晴で太陽に当たっていると
温かく気持ちがいいくらいの天気です。
IMG_3018.jpg

鹿が気持ちよさそうに草を食べています。

ただ一つ困ったことがあります。
4組前の4人組がちんたらちんたらとプレイするので、
これ以降が大渋滞です。
4人の中に一人でも
気づかいできる人がいればよかったのですが。

その結果、通常ハーフを2時間前後で回るのに、
この4人組のせいで
今日は2時間50分もかかってしまいます。

ハーフをあがったところで、
クラブハウスに注意をしてもらうようにお願いしますが、
昼からも同じ調子で大渋滞です。

一打毎に待たされて、うんざりなうえに、
途中から激しく雪が降り出します。
IMG_3020.jpg
(この白い点々が雪です)

打ったボールは見えなくなるし、手がかじかんで
ゴルフにならなくなります。

仕方なく、浮島がある名物ホールの
ドライバーを打ったところで、終わりにします。
IMG_3021.jpg


こんな時に、初めてドライバーでボールが浮島にONします。
ショートカットに成功したのに・・・残念です。

スコアーは途中棄権ながら、
あのまま行っても・・・・撃沈でしたね。

105切りは次回にまたお預けです。

2/8 菊芋を試食します

数年前から、
黄色いはコスモスのような花が好きで
菊芋を空き地に植えています。
hana21.jpg

この花、明治時代に入ってきた外来種ですが、
生命力が強く、背がそれなりに高いため、
在来種の花を覆いつくして
枯らすと言う理由で嫌われ者になっていますが、

IMG_3015.jpg
(洗ってしまうと成分がなくなるので、土のまま保存です)

一方で、芋に天然のインシュリンといわれる
”イヌリン”を豊富に含んでいるため、
糖尿病に効く健康食として再注目されています。

年末に掘り起こし、土に埋めて保存していた菊芋を
血糖値で悩んでいる人におすそ分けしようと思っていますが、
実はまだ一度も食べたことがありません。
(いつもの調子です。(笑))

それで急遽レシピーを調べて1品を作ってみます。
IMG_3014.jpg

菊芋を一口サイズに切って、
片栗粉をつけ、
低温であげ、
甘辛の味をつけたものです。

芋は小芋とジャガイモを混ぜたような味で、
ねっとり、ほくほくで結構おいしいものです。

これなら自信を持ってお裾分けできます。

めでたしめでたし!

2/7 ノースポールが咲きだしました

2/4の立春を迎え、
寒さのピークが過ぎ、徐々に春めいた気候になってきます。

でも、今年の天候は温かかったり、寒かったりと
週替わりで異なり、安定しませんでしたね。
雪が降った割には全般的に温かかったのかもしれません。

今までは水仙以外花がなく、庭が寂しかったのですが、
漸くノースポールが白い花を咲かせだしました。
IMG_3011.jpg

毎年、種がこぼれ、季節になると花を咲かせてくれる
丈夫な花です。
まだ、苗が小さく見栄えはしませんが、
これから苗も大きくなり全体を覆うと可憐で見栄えがします。

木鉢の裏にも
名前の知らないピンクの花が咲いています。
IMG_3012.jpg

春の匂いが漂いだしました。

花が咲き乱れる春はもうすぐです。
待ちどおしいものです。

2/6 何のみかん? 正体を明かせ!

数年前にホームセンターで
オレンジの苗木を買い、庭に植えました。

昨年、初めて2つ実をつけ、
お正月に孫たちが来た時に収穫しましたが、
見た目はオレンジぽくないし、
味も酸っぱくて食べれないものでした。

今年は30個ほど実をつけ、
IMG_3008.jpg

熟すまで待っていますが、
風が吹くたびに実が落ちて、
1/2ほどに減ってきています。

IMG_3010.jpg

落ちた実を食べても酸っぱくて食べらたものでは
ありません。

一体、何のみかんで、いつ頃食べられるようになるのか
皆目わかりません。

君の正体は何?

2/5 ひだまりの郷での味噌作り

何はなくともお米と味噌があれば、
なんとか生きていけると言った人がいましたが、

今日はその味噌をひだまりの郷で作ります。

ひだまりの郷に着くと、大釜で豆を煮る作業が始まっていて、
煮あがるまでは特にやる作業はありません。

囲炉裏で干物を焼いて、食べたり、おしゃべりに花を咲かせたり、
大根を収穫に行ったりして
おもいおもいに時間を過ごします。

忙しいのは押元さんの奥さんと料理を手伝う女性陣のみ。

IMG_3002.jpg

今日の手料理は数日遅れの恵方巻、クジラの竜田揚げ、
イセエビ、蕗のとうとヤーコンの天ぷら、ぬた、山芋等々、
それぞれを一口づつ食べただけで、お腹がいっぱいになります。

昼食後は場所を加工センターに変えて
味噌を作ります。
皆さんたちは房総味噌を作られますが、
私だけ別メニューで白味噌を作ります。

麹(3.8k)、煮た豆(5.4k)、塩(0.8k)を混ぜて、
IMG_3004.jpg

ミキサにかけてミンチ状にします。
IMG_3006.jpg


それを樽に空気を抜きながら詰め込めば
10kの味噌の出来上がりです。

房総味噌に比べ白味噌は麴が多い分、
早く出来上がり、1か月もすれば熟成した白味噌が
いただけます。

2/2 物持ちいいです、母の思いやり。

義兄が10年間の闘病生活を終え、
81歳で穏やかに亡くなりました。

死に顔は野武士のように凛としています。

久しぶりに出会った兄弟、
父母や子供時代の昔話に花が咲きます。

1泊2日の葬儀に大阪に行き、戻ってきた今朝、
妻が”こんなのもあるよ”と
グンゼの下着を取出してきます。
IMG_2999.jpg

亡き母が私が結婚するときに持たせてくれた下着だそうです。
44年も前のものです。

長袖のシャツやズボン下、今どきは着ないですよね。

下着をいっぱい持たせてくれた母、
それを大切に保存していてくれた妻、
思いやりがありますね。

感謝です。

IMG_3000.jpg

上本町4丁目 だるまやのシールがついています。
生まれた場所の店です。
セピア色のシールが年月を物語っています。
懐かしい。


プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する