7/26 ダリヤの蕾がふくらんできました。

6月に友人のINさんから
ダリヤの球根を沢山いただきました。
園芸店で売られているものとは違って
わっか状に球根が
10個ほどついたものです。

すでに芽が出ているものあり、
慌てて地植えにしました。

普通、春に球根を植え(既に2か月遅れ)、
夏に花を見ると思っていたので、
INさんに”いつ花が咲くの?”と聞いても、
INさんも花農家からもらったお裾分けなので、
皆目育て方や開花時期等を知りません。

IMG_1799.jpg

まあなるようになると思っていたら、
茎が伸び、あれよあれよと言う間に株が育ち、
1か月半で蕾がふくらんできました。

IMG_1801.jpg

この調子でいくと来週頃から花が咲きだします。
(ちょうど、鴨川を留守にする時期です。ありゃまぁ!)

品種は黒蝶、熱唱、純愛、彩雪、カーネリアンの5種類です。
(ダリアは可愛い名前がついているのですね。
 初めて知りました。)

頂いたときは球根が一緒くたになっていたので、
それぞれの品種は判りません。

花を見て、品種を判断しようとしたので、
1か月後の鴨川に戻ってくる9月まで
花が咲いていればいいのですが。

なんの手入れもしなくて、持ってくれるかな?

7/25 ヤマユリ、めっきり数が減りました。

山ユリが白い大きな花を咲かせだしました。
清楚ながら豪華ですね。

IMG_1797.jpg

10年前には小屋周辺にいっぱい咲き誇っていましたが、
今ではめっきり少なくなりました。

猪が球根を掘り起こし、食べまし、
別荘地が放置され、
木が大きくなりすぎたり、草刈りをしなくなり、
適当な日当りがなくなっているせいもあると思います。

林の中に咲いていたものは全滅です。

残っているのは石垣のきわ等、猪が掘り起こせない場所に
残っているのみです。

里山の自然が徐々に崩壊してきています。

囲いでもして山ユリを保護して、
残す時期に来ているのかもしれません。

やるかな。


7/24 ご近所さんを誘ってキス釣り

釣りをやられないご近所さんのANさんを
誘っていつもの場所にキス釣りに出かけます。

狙いは下げ潮の3分、初めてでもここなら釣れるだろうとの
思いです。
IMG_1793.jpg

ANさん、最初の1投で、
キスを釣り上げ、順調なスタートですが、
その後が続きません。
IMG_1792.jpg

アワビ取りで潜っているおばさんに聞くと、
潮が濁りすぎで、アワビが見つからないとのこと。

潮が濁って、キスが餌を食べないのかもしれません。

1時間半ほど粘って、THE ENDです。
海風がそよぎ、暑さを感じさせない天気だけには
恵まれ、英気を養えたのがせめてもの慰めです。

でも、転んでもただでは起きません。
IMG_1795.jpg

見ると磯玉がいっぱいあり、土産に取って、
塩ゆでして夕飯の酒の肴にします。



7/22 まだ、プラムを干しています。

7/5から干しだしたプラム、
本当だったら3~10日で干しあがり、
ドライプルーンが
出来上がるはずが、
20日近くたっても
干しあがっていません。

IMG_1788.jpg

天気の日には外にだし、雨の日には冷蔵庫で
保存して、毎日毎日干していますが、
やはり梅雨時なのですね、
湿度が高すぎます。

すでに干しあがったかなと思うもののありますが、
まだ梅干のように柔らかいものもあり、
バラバラです。

干すたびに、味見をするので、
段々数が少なくなってきています。

甘いもの、酸っぱいもの味もバラバラです。
やはり売っているもののようにはいきませんね。

全部出来上がるころには何個残っていることやら。
困ったものです。(笑)

7/21 三日坊主の危機

今日は朝から雨、三日坊主の危機です。

健康のため再開した朝1時間の散歩、
足腰の衰えを感じ、再開して1週間がたちます。

明確な病気や遊び対応ならば、
その目的に沿って頑張れるのですが、
漠然と健康のためだと、
今日は暑い、寒いとか天候のせいにしたり、
今日は気分が乗らないとか、調子が悪いとか、
散歩道が変化がなく面白くないとか、
何かを理由にして、怠け癖が出ます。

そして毎日の散歩が
週4日になり、3日になりいつの間・・・。

”自分に優しく、他人に厳しい”私の面目躍如です。

前回の散歩をやめてしまったのは、
6月でした。
その時の理由は暑さ?。いや、なんとなくでした。

歩くことが癖になり、歩かないと気分が悪いという風になれば
良いのですがね。

今は片道1.5k、往復3k、一戦場公園までの一本道を
IMG_1770.jpg
(目的地:一戦場公園:伊豆で負けた頼朝が鴨川に逃げてきて、再起戦を行った場所)

散歩していますが、
小さな目標としてもう2kほど距離を伸ばして、
魚見塚の展望台まで行けるようにします。
(早朝の鴨川海岸・松島、きれいだろうな!ちょっとしたモチベーション?)

その為には工程の半分を占める単調な坂道の克服です。
行きは下り、帰りは疲れの追い打ちの登りで、きついです。
IMG_1777.jpg

させさて、うだうだと書きましたが、
今日の散歩はどうしたでしょうか。

”行った”、いや”さぼった”。
さあどっち?(そんなの関係ない、そんなの関係ない。笑)

7/20 涼を求めてキス釣りへ

毎日暑い日が続きます。

今日の最高気温は27度とそれほどでもないのですが、
風がなく、その上に湿度が高いので、
肌にまとわりつくようなじとっと暑さです。

こんな時は
家の中にいるよりも、海に行ったほうが
涼しそうです。

思い立ったら車で15分、近くていいです。

14:30にいつもの海岸に着き、
キス釣りを始めます。

IMG_1783.jpg


思った通り、風がそよぎ、家よりはるかに涼しいです。

狙いは上げ8分のこのタイミングです。
釣るのは今です。

キスの船釣り用の細い竿を使い、
30~40mほど投げて、ゆっくりとさびいてきます。
するとすぐにあたりがあり、
小さいながらも本命のキスが釣れてきます。

竿が細い分あたりがダイレクトに響き、楽しいです。

少し、遅くさびくとフグの猛攻にあい、
仕掛けが切られてしまいます。

早め早めと意識して、釣り続けます。

飽きない程度にキスが遊んでくれ、
1時間半で終了します。

もっと釣りたければ場所を移動すればいいのですが、
これで十分です。

釣果は8匹。
IMG_1785.jpg

週末の友人との飲み会にキスの天ぷらを出そうと思っています。

7/19 ホテイアオイ、花の命は短くて。

メダカを入れている火鉢のホテイアオイが咲きました。

金魚を飼った人なら、
一度はホテイアオイを育てているはずですが、
花を見るのはそう機会がないかもしれません。
(偉そうに言って、私だけが初めてなのかも。)

前日にはなかったのに、朝見ると
茎が伸び、花が蕾を膨らませています。
IMG_1756.jpg

陽が上がると花が咲き、
IMG_1761.jpg

それなりに可愛いです。

翌朝には茎がおれ、
IMG_1763.jpg

1日で花がしおれてしまいました。

本当に短いものです。

茎を分割して、子孫を増やすので、
受粉して種で子孫を増やす必要がないからですかね。

7/19 ねむの木が咲き誇っています。

家の周りに自然に生えたねむの木が咲き誇っています。

IMG_1759.jpg

枝を横に大きく伸ばし、
やさしいピンクの花(おしべ)を咲かせている姿は
ほっとした癒しを感じさせてくれます。

IMG_1755.jpg

私にとっては
ねむの木を見聞きすると
すぐ宮城まり子さんのねむの木学園を
思い出します。
50年も前に身体不自由児のために
私財を投げ打ち学園を作り、
福祉活動を始められました。

どうせ、芸能人・金持ちの道楽とみていましたが、
その後も活動を広げ、継続されています。
立派なものですね。

ちょうど大学生だった私には大きな刺激でした。

一時はTVでも取り上げられたりしていましたが、
今もお元気なのでしょうか?

ご健在なら90歳近いのでしょうに。

そのやさしさと花がぴったり合って
いつまでも記憶に残っています。


7/17 軽トラでメダカを探す。

火鉢に水を張り、
ホテイアオイ、ハスを育てています。

ボウフラ除けにその中にメダカを
放していますが、いつの間にか姿が見えなくなりました。

そこで、メダカを求めて、
あちこちの店をのぞきますが、
田舎ゆえ、ペットショップがあるわけでもなく、
どこにも見当たりません。

千倉の直売所に立ち寄った時
ダメもとでメダカを置いていないかと、
尋ねると、置いてはいないが飼っている人がいるからと、
聞いてみてくれて、取り寄せてくれました。

親切です。
(軽トラで行くと地元だと思って、特に親切にしてくれます。
 これだから、田舎暮らしでは軽トラが手放せません。)

IMG_1752.jpg

翌日、取に行くとペットボトルにメダカを入れて売ってくれました。

何種類かのメダカの名前が書かれていますが、
どれがどれだか皆目わかりません。
でも、25匹もあれば火鉢に入れるには十分な数です。

IMG_1753.jpg

今度は気を付けて世話をして、
子供を産んでくれるようにしたいものです。

7/16 ありがとう!北の国からの釣果のたより。

昨年、道東・中標津でお会いし、
渓流でのルアー釣りを教えていただいたIJさん。

今年も6月下旬から
ご夫婦で道東シーズンステイをされていて、
日々楽しまれています。

生憎、天候は良くなく、
気温は20度以下で涼しいのを通り越して
寒いくらいだそうです。(まあ、いつも通りですね)

もうすでに何度も近くの川に出かけ、
釣りをされているようで
ルアーでアメマスの50センチ級を数本釣り上げ、
写真が送られてきました。

0002.jpg

立派なアメマスです。

0003.jpg

フライでは小さなオショロコマしか釣れないようで、
もっぱらルアーで釣られているようです。

でも、川に向かう途中で熊に出会ったそうです。

本州だけではなく北海道でも熊の餌が山に少ないのか、
街近くに熊が下りてきているようです。

同じく、
道南の鹿部でシーズンステイされているSMさんからも
熊に出会って釣りにならないと連絡が入っています。
怖いですね。

気を付けてほしいものです。

後2週間で、
私も道南の黒松内にショートステイに出かけます。
IJさんの釣果を聞きながら、心躍らせて、
早く、8月か来ないかと心待ちにしています。
でも熊が出ては渓流釣りはあきらめかも!

早く、暑い鴨川を脱出したい。



プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する