6/22 執念のウナギ釣りも完敗

うなぎが食べたい。
それも自分で釣った天然ものを。
執念です。

出かけたのは前回と違って太い川、
去年小さいながら釣り上げた実績のある川です。

ドバミミズも畑で取り、餌は十分です。

午後4時半に川に到着して、あれ!
水が極端に少なく、川底がひえあがったり、
底が見えています。

関東地方は全体的に雨不足ですが、
南房総は例年通り雨は降っています。
昨日も大雨洪水注意警報が出ています。

それなのに、どうしたことでしょう。

釣れる気がしませんが餌も準備し、釣る気満々で来たので、
仕方なく竿を出します。

IMG_1699.jpg

小さなあたりは2度ほどありましたが、のりません。

しばらくすると、常連の釣り人がやってきて、
川を見るだけで帰っていきました。
先週、良いサイズのウナギをここであげたそうですが、
その時より水が少なくなっていてこれでは釣れないとあきらめたようです。

私も6時過ぎたころに釣りをやめて帰ります。
ついていません。


6/19 2回目のタコ取り

大潮の1日目、HTさんを誘って、タコ取りに出かけます。
干潮は10時、9時半に現場に着き、
潮の引くのを待ちますが、

P6190007.jpg

なかなか潮が引かず、岩場が見えてきません。

胴長を穿いている私はなんとか岩場の隙間にモリをついて、
タコを探せますが、
普通の長くつのHTさんは全く岩場に近寄れません。
これではタコを探すどころではありません。

仕方なく、ウロウロするだけで1時間で引き上げます。

家に帰って潮汐表を見ると
今日は大潮でも底の潮位が25cmもあり、
3日後の中潮には潮位が11cmと下がっています。

”大潮=一番潮が引く”と単純に考え、
底の潮位を見なかった素人の失敗です。

今日はタコが取れないどころか、遊びもできず、
これが本当のタコ坊主です。


6/18 お昼に安兵衛屋”陣地”で蕎麦会席を楽しみます。

10年ほど前に蕎麦打ちを始める時に、
教えていただいた師匠が趣味で
蕎麦屋を家の横で始められました。

いつか行かなければと思いながら、
1年以上たってからの訪問となります。

自宅の横にコツコツと一人で小屋を建てられ、
IMG_1683.jpg

こだわりが出ています。

IMG_1687.jpg

その一つが囲炉裏と土間、2つ目は土壁、
3つめは手製のスピーカーです。

小さな部屋で10人も入れば一杯になりますが、
オールデイーズの曲が流れる落ち着いた空間です。

メニューは蕎麦会席(完全予約:2000円)と
もり蕎麦(800円)、ぶっかけ蕎麦(800円)の
3種類だけです。

我々はせっかくなので蕎麦会席を頼みました。

IMG_1692.jpg

鯵のたたき、魚の焼き物と野菜の煮物小鉢3品と茶碗蒸しが出てきます。
途中でタラの芽の天ぷらも。

同じ世代の師匠が作ったとは思えない丁寧な味です。 
ゴボウの木の芽和えなどは
少し甘めで懐かしい関西風の味付けです。

蕎麦打ちだけではなく、料理もできるなんて見直しました。

この時、焼酎が置いてあるので
自由に飲んでくださいと言われましたが、
残念ながら車で来ているので、あきらめノンアルコールで喉を湿らします。
(この肴は焼酎に合うだろうなぁ。、残念です。)

仕上げはもり蕎麦です。

IMG_1693.jpg

蕎麦も自前の畑で作られており、
前日製粉したものを当日に打っておられ、
9割蕎麦にしてはぼそぼそせず、のど超しのいいそばです。
(好き好きですが人によっては腰がないというかも)

我々が食事している間にも次々とお客さんが来られ、
師匠一人が忙しそうに対応されていますが、

我々は遠慮なく、2時間近く、ゆっくりと過ごさせていただきました。
(何も我々が厚かましいのではなく、慌てて食べて、席を譲る気遣い不要の店なのです。)

雰囲気・味ともよく、また、気軽に来たい店です。

安兵衛屋 陣地
営業日、時間 土日の11:00~14:00
場所       南房総市千倉町川戸371-2
          住所をナビに入れようとしましたが該当する住所はありません。
          近くの番地を入れ、看板を見つけるしかありませんね。

電話      090-6138-0350

6/17 変な送り物、麦わらです。

最近、下の娘が麦わらを使ったルームアクセサリー作りに
はまっています。
1466188266303.jpg

私にはその良さはいまいちわかりませんが、面白いらしいです。

困ったことに、
大阪では麦わらを手に入れることが難しく、高いお金を払って買っているそうです。
何とかこちらで手に入らないかと相談を受けました。

お安い御用です。
毎年、農家のOSさんから軽トラ一杯の麦わらをもらって、
畑に敷き藁をしています。(夏の留守対策です)

二つ返事で、もらったら送ってあげるよと約束してしまいます。

それが、あてにしていたOSさんは今年は小麦・大麦と両方の麦をまいたそうですが、
ウサギに芽が出たとたん食べられてしまい、麦は作っていないそうです。

それでも、藁(?笑)にすがる思いで
OSさんに相談すると知り合いの農家に声をかけて、
手に入れてくれました。

いつもながらありがたいことです。

NCM_0011 (1)

早速、麦わらを段ボールに詰め、娘に送ります。

送る段になって宅急便のおばさんに中身を聞かれます。

麦わらですと言うと怪訝な顔で
何にするの攻撃に合いました。

それはそうですよね。
こちらでは収穫して脱穀した麦わらは使い道がなく燃やしてしまいます。

6/17 早朝の珍訪問者、ヤマドリか?

5/10には棚田でキジに出会い、ブログで紹介しましたが、
今朝はヤマドリの親子が庭に姿を見せてくれました。

IMG_1681.jpg

ゆっくりと庭を歩き、ミミズをついばんでいるようです。

雄と雌の親に子供が1匹、
やはり子供は雌にくっついて歩いています。

IMG_1682.jpg

その後を雄が一人で歩いています。

今までにもリスやウサギが来たりしていましたが、
人に姿を見せないヤマドリ(?)が来るなんて、
うれしい限りです。

6/14 2匹目のドジョウならぬウナギを狙って

昨年、房総で初めてウナギを釣りましたが、
あまりの小ささに、喫茶カムカムの常連に冷やかされたことがありました。

それを覚えていて、
今年になってからもどこそこでウナギが釣れているよと
親切(?)に教えてくれます。
半分冷やかしが入っています。

せっかく教えてもらっていかない手はないと、
今日、その川に出かけていきます。
IMG_1677.jpg

家から車で5分ほどの小さな川です。

IMG_1679.jpg

釣り方はつけ針です。
道糸に何本もの針をつけ、餌はドバミミズをつけて
夕方に投げ入れ、朝引き上げるといった手抜きの釣り方です。
(子供時代、丹波の田舎で釣ったやり方です。)

仕掛けを入れていると
ご近所のおじぃさん、おばぁさん達5、6人が
何をやっているのかと集まってきます。

水が澄んでいてこれでは釣れない、
やるなら昨晩のように雨が降った後の
濁りが入った時でないと、
とか色々教えてくれます。

教えていただくのはうれしいのですが、
こちらはひっそりやろうと思っていたので
気恥ずかしくなります。

3本ほど仕掛けを投げ入れて、早々に引き上げます。

朝、仕掛けを引き上げてみると
餌はすべてなくなっていますが、釣れてはいません。
一度で釣れるほど甘くはありません。覚悟の上です。

川は判ったので今度は釣れる場所を
探っていきます。

6/13 こんな風にして世間を狭くしていく。反省。

2か月前の4月にIMさん((サラリーマンを辞め50代で会社を興した友人)から
お誘いを受けていました。
YTさん(定年間際に大学教授に転身した元同僚)が私に
会いたがっているので6/15に席を設けるので会わないかと言うものです。

懐かしく、うれしいお誘いです。
2つ返事で厚意に甘えて会うことにし、予定を押さえておきました。

その後、全くIMさんから連絡がありません。
両人とも日々忙しく働いているので、忘れてしまったのかと思います。

現役当時なら直前まで連絡がなければ、どうなったのと普通に聞いたり、
場合によっては連絡がないのは失礼だろうと怒ったりしたでしょうけど、
リタイアしてしまうと、
なんだか昔の関係にしがみついて、押し付けているようで、
気楽に聞いたり、怒ったりできなくなっています。
変な気兼ねが出来てしまっています。

もともと、現役時代は同じ目標に向かい、
毎日一緒に汗を流し酒を酌み交わし
強く結ばれた仕事仲間で性格を熟知していたはずなのに、、、、。
忘れてしまうんですね。

半分、勝手に怒って予定を外してしまいました。

そうしたら、IMさんから今日になって15日の確認メールが入りました。

IMさんは忘れていたのではなく、
日にちと場所を決めていたので
直前まで確認連絡しなくても良いと思っていたようです。
完全に食い違いです。

その後、気まずい電話でのやり取りになってしまいました。

私が逆に失礼なことをしてしまったのです。

やはり、現役とリタイアした人の間には時間の流れの差や変な遠慮が
出てきてしまいます。

最後は今度また会いましょうと何事もなかったように電話を終えますが、
これでまた世間を狭くしていくのでしょうね。

反省です。



6/10 梅雨の合間のゴルフ、天気がいいと気持ちがいいです。

前回は大雨の中のゴルフ、こりごりでした。

今日の天気予報は曇り晴れのはずが
6時ごろに雨が降り出します。 あれ!

昨日も曇りのはずが雨が降ったり、
この2,3日天気予報が微妙に外れています。

30分ほどで雨はやみましたが、嫌な感じです。
予報、はずすなよ!

9時過ぎに花王カントリークラブに着き、準備を始めたころは
青空が広がり、気持ちのいいそよ風が吹いています。

IMG_1675-1.jpg

いつものメンバーでいつものコース、天気は良し。

そろそろ各自の目標スコアーを超えられそうな予感がします。
・・・・・・。

でも、結果はそれぞれ未達です。

これで賭けを初めて3連敗です。
(目標スコアーを達成しなければ千円をだし、
 プールしておき、年末の宴会費用とします。)

でも、良いこともありました。

今回初めて、ANさんが15番ホールで
見事、池越えショートカットに成功しました。
IMG_1448.jpg
(写真は古いです。前回のを使用)

230ヤードのナイスショット、他の2人はおまけで2度ショットしましたが、
あと少し(2~5ヤード)で池ポチャです。

どうも、浮島まで180ヤードと書かれていますが、
実際は200ヤード以上あり、
その上に、毎回、向かい風が吹いています。

これはでは難しいですよね。

夜の反省会の酒の肴にはこと欠きません。

6/9 脇役も頑張っていますよ。

今の時期の庭の主役はバラですが、
目立たないところで脇役の花も頑張って花を咲かせています。

IMG_1665.jpg

柿の木の下で、東側はつるバラに太陽を奪われ、
通常の倍以上に背を高くして、
頑張っているユリです。
植えっぱなしで2年持っています。

IMG_1674.jpg

半日蔭の場所があいておらず、
デッキの下で放置されているローズマリーに比べたら、
地植えしてもらっているだけでもいいほうだよ、
ゆりさん。

どちらも生存競争に負けるなよ。

IMG_1667.jpg

IMG_1669.jpg

それに引き換え、
太陽を好むセージは1株から勢力を拡大して、
どんどん大きくなってきています。

こちらの危険は目立ち過ぎて、私に飽きられてしまうと、
抜かれてしまうことです。

ほどほどに、がんばれよ。(笑)

6/8 朝とりトウモロコシはいかが!

2月に種を蒔き、大事に育てていたトウモロコシが
大きくなってきました。

無農薬で虫にやられたもの、
鳥には釣り糸を上に張って防ぎ、それでもやられたものもありますが、
それなりに収穫できそうなものが出来てきました。

IMG_1661.jpg

収穫間際です。

それにしても長いですね、4か月ですか。

まずは味見です。

もぎたてが一番ですね。

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する