5/27 土砂降りの雨で撃沈

1か月ぶりのいつものご近所さんとのゴルフ。
前日の天気予報は小雨(1ミリ)、
当日の朝の予報では雨(6ミリ)と悪くなっています。

キャンセルするかと悩みますが、やりたい気持ちが勝って決行します。
(やめときゃ、よかったのに)

場所は御宿のキャメルゴルフリゾート、初めてのコースです。

到着すると雨の中、多くのお客さんが来られています。
(あほが多いとこちらも勇気づけられます。笑)

スタート時間の前に、INコースから回り始めます。

はじめは雨具を着ていましたが、
どうしてもスイングの邪魔になり、
”暖かいから、雨にぬれてもいいや。
 もともと濡れるのは嫌じゃない”と
一人雨具を脱いで、プレイします。

どうしてもプレイが早くなり、ミスが多くなりますが、
スコアーは普段通りのダボベースです。

何とかINを回り終わり、
スルーでOUTコースに向かいます。

この頃からより一層雨足が強くなってきましたが、
まだまだやる気満々。
フェアーウエイにも水たまりが出てきます。
2ホール後の11番を回っているころには強風が吹きだし、
最悪の状況になります。

雨でぬれた体に風が体温を奪っていきます。
(あほの極みです。)

”やめよう”の一言で、一目散にクラブハウスに戻ります。
その時のカートの早かったこと、暴走族並みです。

雨で断念するのはこの1年で2度目、場所は同じ御宿です。
ついていませんね。鬼門ですね。

午前中に終わり、家に戻って昼寝をした後は
ANさん宅で男だけの反省会です。
IMG_1620.jpg

手製のアジフライ、ピザ等の男の手料理がならび、盛り上がります。
焼酎のピッチもあがります。

それにしても昼寝している間に
手料理を準備してくれたANさんには感謝です。

5/25 あれ!ビワの収穫時期を間違えました。

先週、ビワの木を見に行った時は、まだ熟していなくて、
今日ぐらいが取り頃と思っていました。

今日のお昼に行ってみると
あれ!
摘果して大事に育てていたビワはほとんどありません。
残っているのは摘果しなかった鈴なりの小さなビワだけです。

IMG_1617.jpg

中には自然に風で落ちて摘果され、
それなりに大きいものが残っていますが、少しです。
IMG_1614.jpg

どうしたのでしょう。
鳥、ハクビシン?
奴らは熟す時期を知っていて、
いいタイミングで横取りしていきます。
それとも頭の黒い・・・?

残念です。
今までにはこんなことはなく、初めてのことです。

畑はイノシシ・キョン・ウサギにやられ、
電柵なしには作物を作れなくなっていますし、
その上に果樹までやられるようになっては
全くのお手上げです。
(大きな木に網をかけるわけにはいきませんので)

思い直して、
大きなビワの生食はあきらめて、小さなビワをビワ酒用に取り切ります。

それでも、籠いっぱい取れました。

5/24 バラが満開です。

1週間ぶりの鴨川、戻ってみるとバラが今を盛りに満開です。

東側の垣根にピンクのつるバラが
IMG_1577.jpg

庭の東側にはピンク、赤のバラが
IMG_1597.jpg

西側の庭には白、赤、黄色、藤色、ピンクのバラが
IMG_1599.jpg

咲いています。
雑草が生えていて、もう一つ見栄えがしないのが残念です。

バラの品種はほとんどわかりませんが、
一覧で表示してみます。

つるバラ2種。

IMG_1601.jpg IMG_1606.jpg


木立ち性バラ7種
NCM_0014.jpg NCM_0015.jpg
NCM_0018.jpg NCM_0016.jpg
IMG_1603.jpg IMG_1531-1.jpg
IMG_1609.jpg


一つ一つ花を見ればきれいなのですが、
庭として見ればまだまだです、バラ園のようにはなりません。

強風やモグラに痛めつけられています。(対策の効果なし)

木立性のバラが大きくなって、もっと目立つようになればいいのですが。
まだまだ時間がかかりそうです。

5/23 お世話になった懐かしい顔、お久しぶりです。

勤めていた会社内の大学のOB会に
10数年ぶりに出席してきました。

お付き合いは入社試験から始まり、
試験後には先輩方に食事をご馳走していただいたり、
また入社後には歓迎会をしていただいたりと、
入社前から定年になるまで、毎年のように飲み会、旅行と
大学の諸先輩とのお付き合いをさせていただきました。

また、各部署でそれなりの役職についておられたので
仕事面でもお力をお借りすることが多かったです。

地方大学の良さですね。
学生も少なく、人間関係が濃密で、
のどかな学風そのままのお付き合いです。

場所は三田にある会社の倶楽部、
メンバーは95歳の長老
(残念ながら骨折で今回は欠席、でもご健在で時折麻雀をされているとか)
から我々団塊の世代までの約30名ほどで、都合のついた13名が出席です。

皆さんお元気で、コーラスやゴルフ、旅行等
フルにリタイア生活を楽しんでおられます。

数年かけて奥の細道や
東海道等の街道を歩いたりと
まだまだ健脚ぶりを披露する先輩も。
IMG_1575.jpg

それぞれの近況報告。
この歳になるとみなさん自由人です。
淡々と短く話される方、長々と話をされる方もいます。

先輩の話の腰をおれず
幹事一人がやきもきしたりしていましたが、
大学・会社での二重の先輩後輩の関係を大切にしながら
歓談していきます。

決して堅苦しいわけではありません。
お酒も入りわきあいあいのうちに2時間半が過ぎていきます。

鴨川での田舎生活にどっぷり浸かった身には
久しぶりの現役時代を思い出す楽しいひと時でした。

5/17 リキュールが出来上がりました。

今日は1日雨、外遊びができません。
家でゴロゴロしているうちに、縁の下にしまい込んでいるリキュールを思い出し、
急遽,、瓶詰めすることにします。

しまいこんでいたのは、
1.びわ酒(一年物)
2.レモン酒(半年物)
3.梅酒(1年物)    でいい色に仕上がっています。

空き瓶を熱湯消毒して、濾しながら瓶に詰めるだけなのですが、
それぞれ味見をするので、終わるころにはほろ酔いです。

甘いのでついついアルコールを意識しませんが、
40度の焼酎を使っているので本当はきついお酒なんですよね。(笑い)
IMG_1572.jpg

空き瓶がなくなり、11本で途中で終わりましたが、作りすぎですね。

それでも、自家用に残るのは数本、娘家族や普段お世話になっている方への
おすそ分けに使い切ります。

5/14 親子そば打ち体験に参加します。

今年も和田町のひだまりの郷で親子自然体験を開始します。
第一回目はそば打ちです。

集まったのは10組の親子、不思議に父親は一人、ほとんどが母親と子供たちです。
土曜日だということで父親が少なかったのですかね。不思議です。

IMG_1563.jpg
はじめる前に集合写真をパチリ。
サポートする我々シルバーも胸に名札をつけさせられていますが、
その名札がXXジイジ、XXバアバ、ちょっと抵抗を感じますね。(気は若いのだから。笑)

まず、ひだまりの郷のご主人からそば打ちの説明・実演があり、
子供たちも神妙におとなしく聞いています。

親子で一つのそばを打ち出します。
IMG_1569.jpg

IMG_1568.jpg

どの子も真剣ですね。
母親が手を出そうとすると、怒り、自分がやると手を払いのけています。

サポートしている我々も手を出したくなりますが、
ぐっと我慢です。
口は出せども手は出しません。

昼飯に自分たちが打ったそばを食べることになるので、
それなりに打てればいいのですが。

子供と母親の組み合わせで何やかやとありながらも、
飽きもせず、楽しくそばが打ち終わります。
これが一番ですね。

昼食後は庭に出て、
IMG_1570.jpg
大きなキャンパスにみんなでお絵かきです。

手や足に絵の具を塗り、ぺたぺたやる子も出たり、クレヨンで大きく書き出したり、
自由です。

この頃になると、ちょっとしくしく泣き出す子も。
自分が書いているところに他の子が上書きして邪魔をしたとか、
クレヨンを貸してくれないとか、原因は色々ですが、喧嘩にはなりません。

3歳から5歳くらいの幼児はお互い遠慮がちです。
母親を通して訴え、言い合っています。

早く、仲良くなって、子供同士で喧嘩できるようになるといいね。

絵よりそのやり取りを見ていましたが、そろそろ疲れたのと出番がなくなったので
途中でひだまりの郷を引き上げました。

皆さん、今年1年楽しんでね。
できることはなんでも手伝いますよ。

5/13 小林ミカンの剪定

小林ミカンのなんちゃってオーナーを初めて3年、
その間、下草刈りや施肥はすれでも、剪定はしていません。

今年も4/中に甘いミカンを収穫したばかりですが、
枝が伸び放題、枝が絡まり日当たりが悪くなってきています。

みかんの木があるのは人里離れた携帯も入らない場所、
一人ではもしなにかあったら危ないので、
NKさんの応援をもらい、選定作業に汗を流します。

もうすでに花が咲いたり、受粉したりしています。

IMG_1558.jpg
上の方になっている実は隣の木の取り忘れです。このままでは木が弱りますね。

上を詰め、全体に陽があたるように剪定しながら、
来年の収穫を考え、花がついた枝は極力残していきます。
IMG_1554.jpg

枝が折れないかと心配しますが、
さすがベテランNKさん軽々と枝に乗り作業を進めてくれます。
私も教えてもらいながらやりますが、完全にへっぴりこしです。

2時間ほどで作業を無事終えます。
せいせいとすがすがしい気持ちになります。

あとは下草刈りと花が終わったころに施肥をすれば、一段落です。

NKさん、ありがとうございました。

5/13 バラに異変、葉っぱが針状になりました。

1本のバラに異変です。
花は一杯咲いているのですが、変に密集して咲いています。

変に思ってよく見ると葉っぱが針状に細小さくなっています。
IMG_1552.jpg
(右側の枝の葉っぱが変ですよね。)

同じ品種の他のバラは元気に今を盛りに咲いているのに、
IMG_1553.jpg

一向に株から新芽がでず、大きくなりません。
委縮しているようです。

ネットで調べたら、同じような異変が報告されていて、
原因として
1.除草剤や抗菌性の殺菌剤がかかった時
2.天狗巣病
が考えられ、天狗巣病なら直す薬はなく、株を抜き、焼却しなければいけないと書かれています。

そういえば今春に除草剤を隣の空き地にまきました。

笹が勢いよく生い茂っていて、庭に侵入してきたので、
普段は一切除草剤は使わないのですが、
まあ、いいか、放棄地だからと軽い気持ちでまいてしまいました。

その除草剤が風に乗ってバラにかかったと考えられます。

まずは天狗巣病でなくてほしい、
薬害ならその枝を切ればいいかと、楽観的に考え、処置しました。

除草剤なんてやはり素人が使うものじゃないですね。
思わない薬害にあってしまいました。

5/10 雉の親子に出くわします。

棚田のジャガイモの芽カキを終えて、
戻ろうとしたところで、雉の親子に出くわしました。
IMG_1544.jpg

カメラを取り出し、軽トラの中からパチリ。
メスと5,6匹のヒナが草むらに逃げ込みます。
2匹のヒナは逃げ遅れ、道路の上にまだいます。(見えますかね。)

もっと良く撮ろうと、車を降りたとたん、メスが道に出てきて、威嚇してきます。
羽を広げて、注意を引こうと懸命です。

残念ながら、その写真は撮れませんでしたが、
サービスで走る姿を撮らしてくれました。
IMG_1547.jpg


本当にけなげなものです。

5/8 タコとりは指をくわえて、不発

喫茶カムカムの常連のNさんから
今、タコが取れているよと情報を頂きます。

磯場にいるタコを素手でつかんだり、銛でついて、とるそうで、
私は未経験です。

先日も10匹もとったそうで、磯場を見ていればタコが見えるからそれをとるだけ、
誰でもとれるから、やってみろと場所を教えてもらいます。

NCM_0012 (1)

いました、老人が一人、銛を持って、岩と岩の間をのぞき込んでいます。
近くに近づき、話しかえると、タコの気配はなく、イセエビをとっているといいます。

バケツを見ると20㎝くらいのイセエビが5匹ほど入っています。
でも、イセエビは漁業権がないととれません。
少し、タコを探しますが、ベテランが見つからないものが素人に見つかるわけが
ありません。

残念です、先日の10匹で取りつくされたのか?
イセエビは見つかるのですが、タコはいません。
指をくわえて、磯場を後にしました。

次回、潮が変わる次の大潮の時に出直します。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する