5/8 バラが咲きだし、庭の花の種類が一番多い季節になります。

赤と白のバラが咲きだし、一気に庭が華やかになりだします。

まずは宴、このバラはこの土地にあって丈夫で挿し木で簡単に増やすことができ、好きな品種です。
IMG_1524.jpg

白いバラ、名前は忘れてしまいましたが、これも丈夫な品種ですが、挿し木には弱いようです。
IMG_1531.jpg

今朝、暇に任せて庭の花の総点検をしていますが、
なんと名前を忘れている花が多いこと、我ながらあきれます。

名前がわかっているもの
カラーIMG_1526.jpgマーガレットIMG_1527.jpgノースポールIMG_1528.jpg
ウツギIMG_1536.jpgゼラニュームIMG_1535.jpgユリオプシスIMG_1538.jpg
ルリマツリP5080005.jpgシナワスレナグサIMG_1540.jpgパンジP5080001.jpg
ビーダンスIMG_1541.jpg

名前を忘れてしまった花、スンマソン。
P5080004.jpgIMG_1543.jpgIMG_1534.jpg

どなたかご存知なら、教えてください。
お待ちしています。

今日は備忘録としての花の総点検でした。
それにしても、バラを除いて13種ですか、無いようであるものですね。

5/7 カタクチイワシが大漁です。

何も釣れないとぼやく日々。

知人から”浅瀬にカタクチイワシが逃げ込んで、網ですくえるよ”と
連絡があり、すぐに海岸に出向きます。

着くと、地元の人が数人、子供も交じって網ですくっています。
上から覗いても、イワシがピチピチと跳ねているのが見えます。

胴長に履き替え、手には網を持って海岸におります。
(子供の夏休みモードです。)

沖の方から岸に向かって網を入れると、
面白いようにイワシがすくえます。

ものの10分でバケツ一杯。
IMG_1516.jpg


とるのは面白いがこれ以上はいりません。

ご近所さんにおすそ分けしても沢山のイワシが残ります。
仕方ないので、イワシの煮干しを作り出します。

まず、バケツの水の中でイワシを軽くかき混ぜ、鱗を取ります。
水を7回かえながら、やるときれいにうろこが取れます。

今度はそれを塩水(3%)で4分ほどゆでます。
ゆですぎると身が剥がれたり、頭が取れたり、汚くなるので注意。

後は天日で干しあげれば出来上がりです。
IMG_1518.jpg
(もう半分、干しきれずに冷蔵庫の中です。)

天気にもよりますが、3日も干せば良いのではと思います。

獲るのは10分、後始末が半日。

やはり、ほどほどが肝心です。

5/3 よう! ジイジ・バアバ殺し!

娘家族が婿さんの実家に向けて、朝一番に出発、楽しかった喧噪ともお別れです。
1462302090181.jpg


年長さんの孫は赤ちゃん言葉になって”すぐ戻ってくるから、待っててね”と言い、
小3の孫はしおらしく静かに車に乗り込みます。

バイバイーの
絶妙のタイミングで、その小3が”待って!”と言って、
車を降りてきて、ジイジ、バアバと言って抱き着いてきます。

孫・バアバの目にはうっすら、涙が浮かんでいます。

絵に描いた映画のワンシーンのようです。

可愛い、これで疲れが吹っ飛んでいきますね。

いつまでも、ジイジ・バアバにとって天才子役でいてくださいよ。

追伸;疲れから早く寝た結果が3時に目が覚めてブログを書いています。

5/2 布良の海岸で磯遊び

堤防がだめなら、海岸があるさ。

布良の海岸に孫を連れだします。
ここは人がいないプライベート気分が味わえるお気に入りの場所です。
1462192680669.jpg

天気も良し、波も穏やか、さぞ海岸線で足を濡らせば気持ちがいいだろうと
思っていましたが、孫たちはその横の磯場に一直線です。

カニを見つけて、とろうとしますが、
敵もさるもの石の中に入り込み、簡単には取らせてくれません。
1462192564558.jpg

棒を見つけてきて、カニを引き出そうとします。
なかなか取れず、四苦八苦しています。
1462192575574.jpg

娘の気をつけての声も耳に入りません。
ただひたすら岩にへばりついてカニと格闘です。

堤防なら命にかかわる事故も考えられますが、
ここなら、足をすりむく等の事故程度、好きにやらせるさと
少ない日陰を見つけて見守ります。

業を煮やして、”ジイジ!とってよ”と声が飛びますが、
1匹をとってやり、見本を見せて、また見守ります。

孫だけで徐々に捕まえることができるようになり、
得意のポーズ”獲ったどーう!”が飛び出します。

延々2時間のカニとの格闘でした。

帰路、安房自然村に立ち寄り、不老不死のお湯につかります。
1462225461538.jpg

お風呂の中で孫が一言、
”今日が一番楽しかったね!”。

5/1 ジンタ3匹、のどかな釣りです。

来る前から釣りをやりたいと言われ、
事前にあちこち探し回りましたが、今は本当に何も釣れていません。

仕方なく、釣れなくとも安全な釣り場、鴨川のヨットハーバーに孫家族を連れて出かけます。

心配した風も収まり、のどかそのものです。

4本の竿に順番に仕掛けをセットしていきます。
まず最初に渡した娘に当たりがあり、アジの小型・ジンタが釣れます。

早く仕掛けをつけろと、猛催促が始まり、
上の孫、下の孫、婿さんと竿を渡し、コマセを入れて釣りだします。
1462078191381.jpg

すると次々にジンタが釣れ、これは忙しくなるぞと喜びますが、
そのあとはばったりと釣れなくなります。
ほんのひと時でした。

次のジンタを狙って真剣に釣りますが、釣れないと次第にだれてきます。
201605011050 (1)

だれてきた時が潮時、早めですが、1時間で釣りを終えます。

1462078200458.jpg

それにしても1匹だけでも、釣れてよかった。
約束は守れました。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する