3/31 親父の年を超えました。

今日は誕生日、68歳になります。
これで、父親の年を無事超えるとともに親父を思い出し、
感慨深いものがあります。

親父は上の2人の兄に商売を引き継がせ、
自分は50代半ばから半隠居的な生活を
大阪の家と堺の家を行き来しておくっていました。

若い時から動物好きで多趣味な人でした。

印象深いのは鶯の餌をすりこぎでする親父の姿です。
毎年のように鶯を買い、毎年のように夏には鶯が死んでいました。
鶯の鳴き声が好きなだけで、飼い方を知らない人でした。
めげず、懲りない人でした。

また、堺の庭に大きなゲージを作り、雉を飼っていました。
これも飼いい方がわからず、最後は・・・。
その後、このゲージはドーベルマンの飼育小屋になり、
おばぁさんと私たち兄弟に面倒を見させていました。

見るのが好きなだけで散歩・餌やり等は人任せです。

そうそう、錦鯉もそうでしたね。

趣味では謡・詩吟を習い、
自宅に先生を呼び、上の2人の兄弟やご近所さんと定期的に習っていました。
これもうまくなく、すぐに兄達に追い抜かれていました。

後は釣りや山登り、猟にも出かけていました。
何故かステテコ姿で首に望遠鏡をかけ、稜線に立つ写真を思い出します。

何でもやりたがる人でしたが凝ることなく広く浅く楽しむタイプでした。
(そうでもないか、詩吟は20年以上やっていましたね。)

お酒は全く飲めませんでした。
ビール1杯で顔が真っ赤になるくらいの下戸でした。
それでも、毎日、晩酌をしていたのですから好きだったんでしょう。
残ったビールのご相伴は上の兄2人も全くの下戸なので、
私とすぐ上の兄が引き受けていました。
おかげで下の2人は酒飲みに育っています。

親父の酒の武勇伝は女優の桑野みゆきとダンスしたこと、
行きつけの料亭の玄関で必ず大声で”たのもーう”と言って下足番を呼び、上がったこと。
この2つの話が出るときは親父の機嫌のいい印でした。

驚くのはおはぎの量です。
おふくろに大量におはぎや甘いものを作らせ、1回に5,6個食べていました。
それからコーヒも1日5杯以上飲んでいました。
若い頃、神戸の貿易商(確か自転車)に勤めていた時にコーヒにはまってしまったそうです。
煙草もヘビースモーカーでした。
心臓病を持ち、医者から止められていてもコーヒと煙草は死ぬまでやめれませんでした。

有馬温泉で再発し、近くの病院に担ぎ込めれ、見舞いに行った時の言葉も
”章、帰ってきたのか! いつもの喫茶店に行くぞ”でした。
酸素のテントに入れられ、意識がもうろうとしているときの最後の言葉でした。

姉に言わせると親父は短気で怒りっぽい人だと言います。
難しいことを相談すると分からなければわからないと言えば良いのに、それが許せない人で
すぐに怒り出し、最後には好きなようにせいとほっぽりなげていたようです。

実は昔気質の人で子供にわからない、少し考えておく等が言えなかっただけだと思います。
弱みを見せれないと虚勢を張っていただけだったんだと思います。

5人兄弟の末っ子だった私には優しい親父でした。
と言うか、要領よく私が立ちまわっていたのかもしれません。
自分なりの答えを持って相談にいくと承諾してくれる親父でした。
反対されたり怒られた記憶がありません。

高校時代、サイクリングツアーがやりたかった時も、
すぐにねだるのではなく、
夏休みの前半に店を手伝い、親父の点数を稼いでから、
実は友達と大阪から能登半島一周のサイクリングツアー(2週間くらい)に行きたいので
計画、費用はこうで安全に行動するから
費用を出してほしいと持ち掛けたら気前よく出してくれました。

当時でサイクリング車はナショナル製で3万円(大卒の初任給より高かった)くらいでした。
細かい日程など見もせず、聞きもしませんでした。
気を付けて行けよとの一言で送り出してくれました。

これも、アルバイト代と報酬を請求していたら、親父の激怒を食らっていたでしょう。
子供が親の商売を手伝うのは当たり前と考える親父に報酬は禁句です。
言い方を変えて、ご褒美を要求すると気分よく答えてくれるのです。
何事も理詰めだけで迫るとだめで、感情に訴えるのが一番でした。

酔った頭にまだまだ一杯、とめどもなく親父の思い出が浮かんできますが、この辺で。

姉曰く兄弟の中で一番私が親父に似ているそうです。
私も親父が一番(?)好きだったんです。

最後に”親父、親父の年を超えたよ!”、”ありがとうな!”

つまらないことに最後までお付き合いいただきありがとうございました。

真夜中だというのに目が覚めて、眠れません。
酒に酔っぱらっているうえに親父との思い出に酔っぱらっています。

3/30 スモモの白い花が咲きだしました。

子供の頃、父親と奈良を歩いていた時にスモモの果樹園に迷い込みました。
緑の若葉に白い花が咲き誇り、見事でした。

その後、夏にも同じ場所に迷い込み、農家の方が実を収穫されているのに出くわし、
甘い実を頂いた記憶が残っています。

乾いたのどに甘いスモモが特別おいしく感じました。

奈良のどこを歩いていたのかは全く覚えていませんが
その時の見た花、食べた実が忘れられず、
鴨川の庭にもスモモの木を植えています。

IMG_1368.jpg

まだ木が小さく(6年くらい)、見上げるほどではありませんが、
この花を見ると幼い時に迷い込んだ果樹園を何故か懐かしく感じます。

家族とお弁当を持って、
何かというと奈良を歩いた記憶と一緒になっているのですね。

IMG_1364.jpg

3/29 おうた妻に教えられる!あれ・・・。

10年前に娘から携帯をプレゼントされ使いだした妻。
ハイテク・IT音痴で使うのを怖がっていた妻に
壊れないから好きなように気ままに使ったらと教えていました。

それが今ではスマホを使いこなし、あちこち遊びまわっているようです。

そんな妻に先日、2つの人気ブログを紹介されました。

一つは何を作ろうかと困ったら見る家庭料理のブログです。

2月で66歳・・・還暦以降、ボケ防止に始めたブログ

簡単そうなんですが、とても美味しそうで、ぜいたくな気分が味わえる日々の献立が並んでいます。
でも、困ったことに基本ができていない私には作り方が全く分からず、宝の持ち腐れです。

何を食べようかと日々困っているのは事実ですが、これでは参考にもなりません。
亭主の料理の腕くらい覚えておけよ。買いかぶっちゃいけないよ。(笑)

2つ目は大阪のおばちゃんのユーモアあふれるブログ。

RAKUのつぶやき日記

一人で憂鬱になった時、このブログを見て笑い飛ばしてと教えてくれました。

言う通り大阪のおばちゃんのバイタリテイー・ユーモアーがすごい。
吉本も真っ青の笑いのセンス、話を作っているのではと思うほどの日々の笑いです。
センスが好きです。

以上2つの妻から教えられたブログを紹介しました。
暇なときに覗いてください。

3/27 くら寿司の仇をスーパー回転寿司やまとでうつ。

先日、お彼岸の墓参りの帰りにくら寿司で昼食を取りました。

TVコマーシャルでうな丼980円を盛んに宣伝していて、
見ているだけで唾がじわーっとわいてきて、
何度も見るうちに頭に染みついていました。

うなぎが2切れでそれなりの大きさ、これだけでウナギ好きにはたまりません。

店に入るなり寿司を注文する前にうな丼を注文して、
一口食べてがっかり。
(注:寿司がまずいとは言っていません。念のため。笑)

ご飯は固まり、ウナギはスーパーで売っている冷凍ものをチンしたように固く、
まずいの極みです。

3000円近いうな丼が980円で食べれると思う、浅はかさよ。
いい年こいて、この馬鹿さ加減にいや気がさしました。

今度は妻から
木更津のスーパー回転寿司やまとがTVの旅行番組で取り上げられており
美味しそうだったからお昼に行こうと誘われます。
とりわけウニの軍艦巻き(2貫)が480円がおいしそうだったと言います。

TVネタにすぐ食いつくアホ夫婦。
また、安さにつられて・・って思いますが、神さま(かみさん)には逆らえません。(こら!)

ネットで調べて、近くの館山店に出かけます。

P3270037.jpg

昼時だったので順番待ちで、駐車場の車を見ると東京・神奈川・埼玉ナンバーがずらっと止まっており
地元の車が見当たりません。(嫌な予感)

妻同様TVの放映効果が出て、こみこみです。

順番が来て席に案内されると、皿は回っていません。

すべて、パネルで注文して、その都度、職人が握って、レーンを通って届きます。
(寿司ボーイじゃなくてよかった。笑)

まずはお目当てのウニ続いて中トロ、ツブ貝、エビとタッチパネルを押して、まとめて注文します。

(60肩には頭の上のタッチパネルを押すのは疲れます。パネルを下げてよ。笑)

P3270039.jpg

ウニを食べて、一言、うま~い!
これはあたりです。

ツブ貝もコリコリしてうま~い!

その後もあぶら坊主、やりいか、ホタテと注文します。

あぶら坊主は寿司で食べるのは初めて、以前刺身で食べてあまりのあぶらっ濃さに
おなかをこわした記憶があり、戦々恐々として食べます。

ハタのような深海の大魚です。今日のは和田で水揚げされたものです。
aburabouzu.jpg

あぶりが程よくあぶらを落としていてこれまた
うま~い!。

P3270041.jpg

カルビ焼のようです。(だったらカルビを食べろってか!)

最後にイクラ・ウニ・トロの3種盛りを食べて大満足で食事を終えます。

2人で15皿食べて5000円ちょっと、うまくて安くて大当たりでした。

これで、くら寿司のうな丼の仇を見事打ち取りました。

神さん、あんたはえらかった。
ちゃんちゃん。

3/26 一日遅れのゴルフ反省会、ビデオで盛り上がる。

都合で1日遅れでゴルフの反省会をTUさん宅で行いました。
お邪魔した離れは大工自慢のTUさんが棟上げ以降すべて自力で建てられたものです。

焼き肉をするとあって、手製のダクトをセットして開始です。

IMG_1360.jpg

料理は焼き肉、サーモンサラダ、モツ煮込み、それに今年初物の自宅で取れたワラビと明日葉のお浸しと
持ち寄った肴で飲み会開始です。

カメラを向けると恥ずかしがって固くなっています。(初老の可愛さ:笑)

IMG_1361.jpgIMG_1362.jpg


ゴルフのスコアが悪かったのでTUさんが撮ってくれた
ビデオを見ながら解説です。

IMG_1363.jpg

私の場合はフォロースルーがなく手が曲がっており、完全な手打ちになっています。
写真では気づかなかったのが、ビデオだとまるわかりです。
恥ずかしい・・・・。

さて、どうやって癖を治すかです。
次回の4/1に向けて猛特訓です。(笑)

3/24 そろそろ餌やりも終わりです。

冬の餌が不足する間だけ、鳥たちに餌を与えて楽しんでいます。

P3210028.jpg

スズメ、モズ、ウソ、カケス、メジロ、ヒヨドリ等が庭にやってきます。

冬の初めは米等の穀物、途中からはみかん類を輪切りにして与えます。

餌をやりだした頃はメジロがたくさん来ていたのですが、次第にヒヨドリが餌を独占しだし、
他の鳥を追いかけまわすようになりました。

P3200017.jpg

自分が食べないときでも近くで見張っていて、餌箱に他の鳥が近づくと追っかけています。
可愛げのない鳥です。(フェンスの中ごろにいます。)

餌箱にヒヨドリが入れないように格子状に枝をいれても、
その枝をくちばしで外して、その効果は長続きしません。

今ではあきらめて、ヒヨドリの好き放題にしてしまっています。

P3210026.jpg

写真を撮ろうと、餌箱を毎日少しづつ窓辺に近づけようやくパチリととりました。
この時はガラス戸があるとはいえ、私が座る席から4mほどの距離でも怖がらずに餌を食べています。

怖さより餌なんでしょうね。必死なんでしょうね。

貪欲さのなかにけなげさを感じてしまいます。

こうやって楽しむのももう少し、4月になれば餌やりをやめます。
好きなメジロが伊豆の大島に戻ってしまうからです。
(これも不思議ですよね。
 あの小さなメジロが房総と大島を海を渡りいききするんですよ。)

3/22 飲んで歌って談笑して。喫茶カムカム。

今夜は喫茶”カムカム”の飲み会です。
場所は”うな陣”、参加者は店の常連で15名ほど。

P3220029.jpg
(真ん中の中腰の女性は元NHKアナウンサーSMさん)

名目は何でもいいのですが、
一応今回はシーズンステイを終え、長野に戻られるKIさんご夫婦の送別です。

山の上に住む私にとっては、送り迎えつきの都合のいい飲み会です。
(飲酒運転はできないので、外飲はめっきり減っています。)

いつもの朝のG7(じじが7名)のメンバーに奥さんたちも加わりG&B(じじとばば)となり
飲んで、歌って、談笑して、あっという間に時間が過ぎていきます。

今回は初対面のご夫婦と隣り合わせになりました。
(あんなに話をしたのに、当然仕事の話は全くないので、何をしている人かはわかりません。
 ただ同年配のうまが合う人だというだけです。)
 
また知り合いの輪が広がります。

これが喫茶”カムカム”コネクションです。

3/22 リタイアーした人の職業って何?

先日もネットアンケートに答えていると、
質問項目に職業がありまして、シルバー世代に対する商品アンケートにもかかわらず、
一般的な職業の区分(会社員・公務員・・無職)だけでリタイアーされた人を表す区分が見当たりません。

リタイアーした人は無職と答えろと期待しているようですが、
答えるほうには抵抗があります。
無職=仕事がない人=落ちこぼれ、無意欲・・等々、否定的な感覚しか
わいてきません。
勿論、このアンケートをしている会社・商品に対しても、好印象を受けることはありません。
むしろ無神経で形式的な裏に隠れた体質にあきれます。

他のアンケートや各種申し込みでも同様です。(公的、私的)

何故、職業を調べる必要があるのかもわかりませんが、
調べる必要があるなら、当然のことながらリタイアーした人に対する配慮・区分があって
しかるべきだと思うのですが、全くありません。

不愉快になるのは私だけでしょうか、皆さんはどう感じられていますか?

欧米では”リタイアード”ってリタイアーした人を表す区分があるそうですが、
日本には全くありません。(私の知る限りでは)

一億総活躍社会、
日本人のおもてなしの心って偉そうに威張っても、
自国の多数を占めるリタイアー世代に対するこのような無神経な扱いに気づかなくていいのでしょうか。
リタイアー世代を味方にしたければすぐにでも改善してほしいものです。

このブログにしては珍しく、
初めての意見ていうか、シルバーの歯ぎしりでした。

3/21 房総の春を告げる海の幸”ヒジキ”を頂く。

鴨川での私の知り合い・友人は3つのコネクションから成り立っています。

一つ目は”ひだまりの里”OSさんを中心にそばの会のメンバーや地元の農家・漁師の方々。
2つ目は”喫茶カムカムで知り合った地元の皆さん・サーファー・別荘族の方々。
3つ目は鴨川の家の近くの同年配の田舎暮らしの仲間(ゴルフ仲間)達です。
(住居は地元の集落とは飛び地になっており、ここでは全く地元とはお付き合いがありません)

それぞれ縛られることなく、気ままに、時には濃密に、時には疎遠になりながらも、
お互いが会いたい時にあい、必要な時にはできることなら進んで手伝ったり、
手伝っていただいたりして暮らしています。

数は少ないですが楽しい仲間・知り合いたちです。

今日も”ひだまりの里”のOSさんからヒジキを頂きました。
房総のヒジキは長く、ミネラル豊富で食べこたえがあり、好きな食材です。

3/15からヒジキ・ワカメの漁が解禁になっていますが、
温暖化の影響か、今年も生育が思わしくなく、取れる量が少ないと嘆きが聞こえており、
今年はダメかなとあきらめていました。

そんな中で貰いもののお裾分けだからほんの少しだよと言われていたのが、
貰ってみると下のようにトロ箱に一杯です。
P3210019.jpg

いつもながら、田舎の少しに戸惑ってしまいます。
と言いながら、やはり沢山だとうれしさも倍増です。(笑。)

沢山いただければその分、お裾分けのお裾分けができる人ができます。
でもその時にはもらったのが、自分で取ったものに変わっているかも。(かわいい偽装です。笑)

本当に、ありがとうございます。

後はワカメですね。INさんブログ見てくれているよね。よろしくね!ね、ね!

3/20 春の色が出てきました。

昨日の雨・風で梅の花が散ってしまったら、
代わりにノースポールや
P3200016.jpg

ムスカリが咲きだしています。
P3200015.jpg

毎年のことながら、春を1番に教えてくれる我が家の庭の花たちです。

なんの手入れもしなくても、
自然に種が落ちて花を咲かせたり、一度植えた球根から芽を出し花を
咲かせてくれます。

ずぼらな私に向いています。(笑)

追伸:ゴールデンベルは水仙ですが、ほかに比べて花が遅く、
    花が咲くのはもう少し先、4月の中旬くらいです。
    今はネギみたいに葉っぱだけですがもう少し我慢してください。
   (昨年、球根をあげておきながら、花の咲く時期を言わなかったので心配している
    いとこへの追伸です。)
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する