2/7 和田町ひだまりの郷での味噌つくり

今日はひだまりの郷での味噌つくりです。
他のメンバーは房州味噌、辛い味噌が苦手な私だけが白味噌を作ります。
違いは麹と塩、大豆の量加減です。

朝一番でひだまりの郷に着くと、もうすでに火をおこし、大豆を煮だしています。
いつもながら手際のよい準備で、ご夫婦に感謝です。

火の番以外やることがなく、まったりと時間が過ぎていきます。

昼食後、場所を加工センターに移して作業を行います。
IMG_1259.jpg

と言っても塩と麹、煮た大豆を混ぜ合わせ、
IMG_1263.jpg

ミンチして樽に詰め込めば仕込みは終わりです。
IMG_1266.jpg

詰め込むとき空気を抜くために樽に丸めた味噌をたたき込みますが、
これは楽しいです。
思い切りたたきつけてストレス発散です。
(こんな生活をしていて、自由気ままなのに、ストレスがないようで、あるのが不思議です。笑)

仕込んだ白味噌は2週間程度で食べれるようになりますが、
やはり3か月ほど冷温保存したあとのほうがおいしく感じます。

これで1年分の味噌10kを確保できました。

2/6 デカ盛りで有名な住吉飯店で昼食

昨年末にできた鋸南町の道の駅”保田小学校”へ妻をドライブに誘ってでかけます。

IMG_1240.jpg

元小学校の跡地を利用した食堂と直売場・宿泊施設がある何の変哲もない道の駅。
でも新しさからか、今のところは人で一杯、にぎわっています。

そう言えば鋸南町、小さな町なのに道の駅が2つもあります。

先にあった道の駅”きょなん”は不人気で人はまばらです。
どちらかと言えばつぶれそうです。

そこに新しく道の駅”保田小学校”を作ってしまったんです。
無駄な投資にならなければいいのですが、不思議な現象です。

話が脇にそれそうなので、元に戻します。
せっかく来たのだからと食堂を覗きますが、食べたいものが見当たりません。

近くの漁協直営の食堂”番屋”を覗いても人で一杯、1時間待ちです。
民営で頑張っています。

待つのが嫌なので、また少し車を走らせ、勝山の住吉飯店に向かいます。
運よく席が空いていて案内されます。
IMG_1242.jpg

後から来たサイクリストは寒い中、外で待っています。
ここはデカ盛りで有名な店で、このような若者に人気の中華屋さんです。

我々は同じデカ盛りでもエビが一杯盛られている

えびそば
IMG_1247.jpg

えびチャーハン
IMG_1250.jpg

を注文して、シェアーして2つの味を楽しみます。

どちらも、噂にたがわずエビが一杯、えびの味がそれぞれの麺、チャーハンにしみこみ、
おいしいです。
普通盛ですが、他店と比べればそれでも量は多めで、おなか一杯になります。

後から来た若者がタンメンの大盛を注文して、出てきたのを見たら、洗面器のような大きな器に
てんこ盛りでした。
恐れ入りました。
到底、われわれには食べれない量です。

住吉飯店、美味しくて記憶に残る店でした。

2/2 元朝桜が満開です。

このところの冷気が緩み、久しぶりに晴天です。
気持ちのいい日です。

沖縄の寒緋桜と早咲きを競う、
和田町の抱湖園の元朝桜を見にでかけます。

IMG_1226.jpg

IMG_1232.jpg

満開で青空にピンクの花が咲きこぼれ、
メジロがたくさん蜜を吸いに集まっています。

癒されますね。
ぼーっと日なたぼっこを楽しんでいます。

房総の春はすぐそこです。

*2月7日には桜まつりが開催されます。
 
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する