1/7 今年初めてのアジ釣り、大物ゲット!

釣れているよとのお誘いに、
軽トラに乗って堤防に釣りに出かけます。

堤防に着いたのは2時半、アジが釣れるにはまだ早い。
釣り場を確保するためにクーラーボックスを置き、準備だけはして、時合を待ちます。

常連の人も世間話をして、和気あいあいです。

IMG_1199.jpg

ゆったり時間が流れます。

この釣り場の釣り人は常連さんが多く、それぞれが顔見知りで、
マナーがよく、後でわかるのですが、お祭りしても気持ちよく対応してくれます。
釣果以上に気持ちのいい釣り場です。

3時半くらいからアミコマセを入れて、飛ばしサビキ仕掛けで釣りだします。

昨日はこの時間から釣れだしたのに、全く誰にもあたりがなく、時間だけが過ぎていきます。

クライマックスは4時半過ぎ、陽が山に入り、陽が陰った時に港の入り口から釣れだします。

一斉にやる気モードに突入します。

私の浮きにもあたりがあり、アジ特有の浮きが静かに沈んでいきます。
あげてみると、2匹のアジ(30㎝弱のビッグサイズと20㎝のレギュラーサイズ)が
かかっています。

マアジで30㎝弱を堤防で釣り上げるのは初めてです。
テンションが上がりまくり、MAXです。

隣の釣り人にも40㎝クラスの大物が釣れます。

マアジというより体高もありシマアジと見違えるようです。

大物が釣れるポイントは限られます。
狭いポイントに私も含めて3人が投げるので、お祭りも発生しますが、気持ちよく、それぞれが対応します。

釣りたいのは皆一緒、譲り合い・気を使いながら釣る、お祭りしたら手早く対応する。
これが大事なんです。

順調にアジが釣れ続きます。

陽が完全に落ちて、暗くなってTHE END。

私のアジの釣果は30㎝クラス1匹と20㎝クラスのレギュラーサイズ6匹と数は少なかったが、
大物が釣れ、和気あいあいと釣りができて大満足です。

この堤防、病みつきになりそうです。

IMG_1201.jpg

家に帰り、風呂に入って、アジの刺身で一杯、これが釣り人の特権です。


プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する