7/24 ウナギを釣ってうな丼に・・・。

世の中、今日は土用の丑の日。
TVを見ても老舗のうなぎ屋に並ぶ行列を映し出し、うなぎうなぎでうるさいくらいです。

年に1度くらいはうなぎを食べたいものですが、高価、年金生活者にはちょっと手が出ません。

それなら、うなぎを釣って、それをさばいて食べればいいといつもの楽観的思考がわいてきます。

都合の良いことに、鰻屋の社長も、さばいてあげるから何時でも持っておいでと
言ってくれています。

話は決まった。
早速、釣り友のHさんを誘って、うなぎの夜釣りに出かけます。

IMG_0332.jpg

今日の満潮は21時過ぎ、夕方の6時に現地集合して、釣りだします。

すぐに当たりがあって合わせるも空振り、竿を持っていかれるような当たりがあっても
空振りが続きます。

こちらが騒いでいるのとは対照的に黙々とやっていたHさんがうなぎを釣り上げます。

俄然気合が入ります。

釣れる時合の到来です。
すぐに私にも当たりがあり、十分待って合わせを入れると漸く、釣れました。

IMG_0330.jpg

可愛いサイズですが、うなぎはうなぎ、大事にクーラーボックスに入れます。

この調子で釣れるといいなあと思ったとたんに食いが止まります。
いつものよくあることです。

当たりもないまま、餌だけがなくなる状態が続きます。
陽は落ち、真っ暗です。

急に竿が曲がったと思ったら釣れたのは亀、勘弁してよ。

諦めかけた頃にもう一匹、鉛筆サイズが釣れましたが、
餌のミミズもなくなったので、これで終わりにします。
ちょうど21時です。

釣れたうなぎをHさんに持って帰ってもらって井戸水で泥抜きをお願いします。

2日後の月曜日くらいには泥も抜け、さばいて焼けば、立派な天然のうな丼の出来上がりです。

それにしても今回はできすぎですね。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する