5/10 トコロテンと漁師料理を堪能。

P1050674.jpg

今日の蕎麦の会は場所を和田漁港に移し、
岡田さんの心づくしのトコロテン作り、漁師料理を味わいます。

まずはトコロテン作り体験。

乾燥させた天草を大鍋で煮て、布でこして型に入れるだけで
作り方はいたって簡単です。

出来上がれば、すぐにトコロテンの型に入れて一突き、酢醤油で頂きます。
(関西だと黒蜜なんですがね。)
P1050678.jpgP1050687.jpgP1050682.jpg

 天気は最高、気持ちいい風がそよぎ、時間がゆっくりと流れていきます。

岡田さんから前の磯の天然の生簀にイワシが閉じ込められるから網ですくえるよと
教えていただきます。
(満潮時にスズキ等の大型の魚に追われ、
 イワシが生簀に逃げ込み、その後、潮が引いて生簀に取り残されています。)

P1050686.jpg

シルバーも子供たちとすぐに童心に戻ります。

うじゃうじゃとイワシがいます。
子供用の網でイワシを追っかけまわし、上手い下手にかかわらず、
あっという間にバケツ3杯分をとります。

面白いですね。

磯で遊んだあとは、手作りの漁師料理を頂きます。

P1050695.jpg 

これでもかと言うほどの伊勢海老の量です。
岡田さんの食べさせてやりたいという心が伝わってきます。
P1050680.jpgP1050689.jpgP1050694.jpg
P1050690.jpgP1050684.jpgP1050681.jpg

伊勢海老は茹でたもの、味噌汁に入れたもの。
和田でとれるツチクジラの竜田揚げ。

サザエはつぼ焼き、サザエの胆煮、サザエご飯。
タカノハの焼き魚。

その他にもサラダ、ヒジキの酢のものと盛りだくさんです。

手と口が忙しくて皆さん黙々と食べています。
いつもの賑やかさはありません。

お腹がいっぱいになっては伊勢海老がもったいないので、伊勢海老だけを黙々と食べ、
一段落した後他の料理に手を伸ばします。

小ぶりとは言え、6匹も食べるとしばらくは伊勢海老はいりません。

大満足です。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する