5/27 ゴルフの再デビューは散々な結果に。

房総にいて、ゴルフをしないのはもったいないと思い、
40代にやめたゴルフを再開しようとしました。

まずは練習場へ。
設備がまるで変っており、昔だとボールを買って、手で置きながら練習していたのが、
今はカードを差し込むとボールが自動的に出てきて、打ったボール数も自動的に計算されます。
それにテイーの高さも足踏みスイッチで調整できる優れものです。

練習されている人のクラブを見ても、ウッドとは名のみですべて金属に変わっています。
私のようにパーシモンを使っている人は誰もいません。
アイアンにしてもしかりです。
すべたが様変わりです。

10年ひと昔と言われている上に私は20年、ふた昔になります。
完全に浦島太郎状態です。

クラブを貸してあげようかという知人もいましたが、
再デビューはまずは慣れた自前のクラブでやります。

1回目の練習時には全く当たりません。
そんなはずはないと焦ります。

2回目の練習で漸く、スプーン・5番・9番アイアンに当たりが出始めました。
でも、ドライバーは全く当たりません。
当たるようになったクラブでも飛距離がそれぞれ20ヤードは落ちています。

愕然とします。

3回目の練習には今回、案内してくれる友人のIさんに同行してチエックしてもらいました。
距離は出ないけどまっすぐ飛ぶからと、再デビューのOKを頂きました。

今日、房総カントリーで再デビューしてきました。
メンバーはIさんと蕎麦の会のメンバーとその友人です。

天気も良く、意気揚々とスタートしたのですが
出足の1番ホールのテイーショットでチョロが出て、後は無残な大たたきです。

”こんな筈ではない”と思っても体が言う事を聞いてくれません。
あっという間に1Rが終わってしまいました。

22歳で初めてラウンドした時のスコアー(124)よりも遥かに悪いスコアーです。

でも、めげません。

ゴルフそのものは楽しかったですし、昔のように高額な遊びではなくなっていて、
私のようなものでも気軽に遊べるようになっています。

続けていこうと思います。

まずは練習です。
そのうちにクラブも替えようかなと思います。

5/24 ビワの収穫、梯子を使った高所作業です。

今年は1週間早い、ビワの収穫です。
残念なことに、一緒にビワの世話をしているAさんは奥さんの実家に行ってられて
一人で収穫します。

IMG_0203-1.jpg

実が一杯なっています。
摘果したところも、摘果し忘れたところも実の大きさにはあまり変わりがありません。
要は日当りのいいところが大きくなっています。

IMG_0204-1.jpg

実を地面に落とすと実が黒くなってしまうので、梯子を上り下りしての
作業のため、はかが行きませんが、それでも1時間ほどで沢山収穫できました。

梯子でとどかない高い処は、明日以降に回します。

IMG_0206-1.jpg

毎年、ビワゼリー、ビワ酒を作っていましたが、子供たちに評判が良くないので、
今回は生食用に大きめのビワを選んで送ります。
小さいのは自家用とします。

5/23 おっかなびっくりの紅葉の剪定作業

家を建てると同時に植えた紅葉が大きくなり、
庭のシンボリーツリーになっています。

形にこだわり、帽子型に毎年選定しています。

この作業は一人の時にはできず、妻がいるときにやります。
何しろ南側は崖になっていて、高さが5m以上あります。
もし、梯子から落ちて怪我をしても、妻が介抱・救急車を呼べるようにしています。

P1000416-1.jpg

実は私、ビビりなんです。(笑)

剪定ばさみと高枝ばさみを使って1時間半で作業を終えましたが、
かなり疲れました。


5/22 南房総で唯一の紅茶専門カフェ”れりっしゅ”で昼食

スマホを使いこなす妻、あれこれと情報を見つけて、教えてくれます。

今回も鴨川に紅茶専門店が出来て、ブログで紹介されていたが、
物は試し、一度昼に出かけないかとお誘いを受けます。

地元では全く評判になっておらず、”ホオー”っという感じ。
でも、誘いを断るほど野暮でもありません。
(実は私はコーヒー党で紅茶には全く興味がありません。)

ナビに入れて出かけようとするが、該当する住所も電話もなく、ブログの地図便りに
出かける。
ぐるぐる迷って、散歩されている地元の人に聞いても”知らない”、
仕方なく、店に電話して漸くたどり着きます。

長狭街道沿いの普段通っている場所で、”なぁんだ”って感じです。

店は普通の住宅でしゃれた雰囲気はありません。
IMG_0174.jpg

玄関を入っても普通の住宅で、出てこられたオーナーもごくごく普通の家庭の主婦です。
IMG_0176.jpg

奥のテラスに座ります。
庭の緑がきれいです。
P1000409.jpg


ランチ(週替わり)は昔懐かしいナポリタンです。
ランチと私はコーヒー、
妻は紅茶のブランドを何にしようか迷っていましたが、今まで飲んだことがない”ルワンダ”を
アイスで注文します。
IMG_0181-1.jpg

ナポリタンは甘目のトマト味で、太めのモチモチパスタで
美味しいかったです。
IMG_0185-1.jpg

アイス紅茶は2杯分と並々とあり、少し私も飲ませてもらいましたが、
美味しいけど特別でもありません。

周りを見るとママ友達がゆっくりとお茶を楽しんでいます。

オーナーや店の感じも気取らず、ゆっくりするのには良い店かなと思います。

TEA HAUSE れりっしゅ
住所:鴨川市大里(ダイリ)435-1
TEL:04-7099-1539
営業時間:11:00~18:00
営業日 :金~月曜日
*オーナーは紅茶教室ChaTea認定のジュニア・テイーアドバイザーの
 資格を持っておられます。
 ちなみに紅茶メニューはダージリン セカンドフラッシュ・ブレンドは800円、
 ウバが700円、ルワンダは450円等7種類の紅茶があり紅茶好きには嬉しいものです。

 でも紅茶を知らない私には高めに感じました。

5/20 庭のバラが咲き出しました。

丹精込めて世話をした庭のバラが咲き出しました。

まずは玄関前。バラが1本、さみしいですね。
IMG_0170-1.jpg

部屋から見た庭、左側から
IMG_0164-1.jpg

中央へ。バラがなくさみしい配置です。
IMG_0167-1.jpg

右側は。バラの色が不統一なうえ、シナワスレナグサに邪魔をされています。
IMG_0166-1.jpg

全体的につるバラはの開花時期が遅く、なかなか一緒に咲いてくれません。
つるバラのピンク2種が咲き出すと庭全体が明るくなるのですがね。

バラ園を見学してまねて、バラを増やし、配置も替えるのですが、上手くいかないものです。

狭い庭であれこれこねくり回して、楽しんでいますが、
いつかは満足のいく庭に近づいてくれるでしょう。

その試行錯誤を楽しみます。

5/14~5/17 ゼミの仲間との再会

還暦を過ぎてから始めたゼミの同窓会、毎年懐かしい仲間と再会します。

今回は奥飛騨に行き、観光と酒と温泉を楽しみます。

集まった仲間は8名、話題はもちろん学生時代の武勇伝です。
飽きもせず、懐かしく、一気に大学生に戻ります。

67~69歳と見栄えは年相応に衰えても、
気持ちだけはまだまだ若いつわものたちです。

IMG_0055-2.jpg


1日目は平湯温泉に12時現地集合。
早めに着いた私は
その前に白骨温泉で日帰り湯を楽しみ、乗鞍高原を巡り、ゆっくり集合時間前に到着。
(何しろ夜中の2時過ぎに出発しています。どんだけ早いんだ。笑)

IMG_0021-1 - コピー

IMG_0017-1.jpg

合流後は旅館の女将の案内で新穂高展望台、上高地を」巡ります。
展望台から槍ヶ岳が目の前に広がります。山々に圧倒されます。
まるでアルプスのようです。(笑)
(スイスに行ってはいなくてもTVでみる景色です。)

IMG_0053-1.jpg

1時間ほど歩いてたどり着いた河童橋から山を望みます。
山の名前を聞いたのですが、完全に忘れています。
(中学時代ワンゲル部に入っていたのですが、山は素人です。
 どの山も同じように見えます。笑)

IMG_0083-1.jpg

2日目の白川郷は人人で大混雑、中国語が幅を利かせています。
20数年前に行った時とは様変わりです。

ああ!しんど!

IMG_0153-1.jpg

3日目は高山の朝市、旧市街地観光です。

IMG_0106-1.jpg

IMG_0110-1.jpg

ここも人でごった返しています。
人を避けて入った茶房だけがひっそりとしており、外の喧騒から逃れて
妙に静かな時間が流れています。

IMG_0115-1.jpg

IMG_0113-1.jpg

店は京都の町屋と同じウナギの寝床、間口は狭くとも奥行が広く、
しっとりしています。

店には悪いがこれでなくては趣がありません。

ここで同窓会は解散をして、
私は奈良井宿のほうに向かい、単独で渓流釣りに向かいます。

4日目、20数年前、渓流釣りを始めた記念の場所で朝早くから竿を出します。
どうしたことかうんともすんとも魚信がありません。

諦めきれず昼過ぎまで川を釣りあがりますが、釣れたのは小さいヤマメが数匹。

IMG_0099-1.jpg

完全に期待はずれです。

今回の同窓会は行きと帰りの車の移動距離が長いものでしたが、
疲れもせず、無事鴨川に帰ってきました。

5/10 トコロテンと漁師料理を堪能。

P1050674.jpg

今日の蕎麦の会は場所を和田漁港に移し、
岡田さんの心づくしのトコロテン作り、漁師料理を味わいます。

まずはトコロテン作り体験。

乾燥させた天草を大鍋で煮て、布でこして型に入れるだけで
作り方はいたって簡単です。

出来上がれば、すぐにトコロテンの型に入れて一突き、酢醤油で頂きます。
(関西だと黒蜜なんですがね。)
P1050678.jpgP1050687.jpgP1050682.jpg

 天気は最高、気持ちいい風がそよぎ、時間がゆっくりと流れていきます。

岡田さんから前の磯の天然の生簀にイワシが閉じ込められるから網ですくえるよと
教えていただきます。
(満潮時にスズキ等の大型の魚に追われ、
 イワシが生簀に逃げ込み、その後、潮が引いて生簀に取り残されています。)

P1050686.jpg

シルバーも子供たちとすぐに童心に戻ります。

うじゃうじゃとイワシがいます。
子供用の網でイワシを追っかけまわし、上手い下手にかかわらず、
あっという間にバケツ3杯分をとります。

面白いですね。

磯で遊んだあとは、手作りの漁師料理を頂きます。

P1050695.jpg 

これでもかと言うほどの伊勢海老の量です。
岡田さんの食べさせてやりたいという心が伝わってきます。
P1050680.jpgP1050689.jpgP1050694.jpg
P1050690.jpgP1050684.jpgP1050681.jpg

伊勢海老は茹でたもの、味噌汁に入れたもの。
和田でとれるツチクジラの竜田揚げ。

サザエはつぼ焼き、サザエの胆煮、サザエご飯。
タカノハの焼き魚。

その他にもサラダ、ヒジキの酢のものと盛りだくさんです。

手と口が忙しくて皆さん黙々と食べています。
いつもの賑やかさはありません。

お腹がいっぱいになっては伊勢海老がもったいないので、伊勢海老だけを黙々と食べ、
一段落した後他の料理に手を伸ばします。

小ぶりとは言え、6匹も食べるとしばらくは伊勢海老はいりません。

大満足です。

5/9 アンチョビを作りました。

アンチョビのピザが大好きです。
でも、アンチョビって思った以上に買うと高いのですよね。

それで、いつか自分でアンチョビを手作りしたいと思っていました。

この3月に房総でも新鮮なカタクチイワシがあがり、
それに作り方を教えてくれる人にも出会いました。

条件がそろえばもう作るしかありません。(やりたい病発症です。)

まずは、カタクチイワシを3枚におろし、べた塩(30%)でイワシを漬け込み、
熟成させます。

P1050670.jpg

1か月半経った今日、漬け込んだイワシを水洗いし、
水分を取った後にオリーブオイルに漬け込みました。

これで出来上がりだそうです。

思った以上に簡単ですし、費用もイワシの500円だけですみました。

P1050673.jpg

すぐにでも食べられますが2週間ほど置くとオイルとなじんで
美味しくなるそうです。
待ち遠しいです。

5/5 サンドスキーで子供も大人も狂喜乱舞

孫の風邪がおさまると、
うずうずしてきて、全員で外遊びに出かけます。

場所は館山の平砂浦にある砂山です。

P1050669-1.jpg

海岸の砂が吹き上げられ、大きな砂山になっています。
砂山を超えるとまた砂山が現れ、ここでサンドスキーを楽しめます。

P1050659-1.jpg

まず、最初に孫たちが滑ります。

P1050615-1.jpgP1050637-1.jpg
P1050640-1.jpgP1050619-1.jpg
P1050664-1.jpgP1050668-1.jpg

滑っては、転んで、また砂山を駆け上がります。
もちろん、転んで口に砂が入っても泣きません、カメラを向けると笑顔でピース。

そのうち大人達も
孫たちからソリを借りてやりだします。

が、ちょっと体重が・・・。

P1050622-1.jpgP1050661-1.jpg

完全に童心に戻っています。

孫たちはソリを取り上げられたら別の遊び方を始めます。

急斜面をかけおります。
P1050665-1.jpgP1050646-1.jpg


足が追いつかなくて顔面制御です。
あまりの痛さに、じっと我慢です。

そのうち大人も孫たちも疲れて座り込みです。
穏やかな時間が流れます。

P1050666-1.jpg

疲れた、でも面白い。
もっとやりたいな!

次回はソリにワックスを塗ってスピードアップと計画しています。

5/4 さくらんぼをパクリ!

さくらんぼが色づきだしました。
P1050602.jpg

残念なことに上の孫が風邪気味で、一緒にさくらんぼ狩りはできませんでしたが、
採ってきたさくらんぼを2人そろってパクリ。
P1050606.jpgP1050608.jpg


酸っぱくはありませんが、特別甘くもありません。
私への義理で食べてくれます。

小さい孫たちにも、気を使わせますな!
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する