1/14 バリ島ダイビング4日目

今日のダイビングポイントは車で30分ほどのバタンバイ、
遊んでいると日にちが経つのが早く、ダイビング最終日になりました。

SHOPのスタッフがダイビングマスターの資格を取る訓練のため同行します。

NCM_0036_convert_20150119175350.jpg

小さなボートに10人近くが乗り込み満員状態で、
沖合10分ほどのポイントに出かけます。

前日までに聞いていた話では
小さなボートからエントリーする場合は、
①海の中にウエットスーツとフインをつけた状態で入り、
②BCDを来て
③タンクを背負い
④重りを腰に巻く
この手順で潜りだすと聞かされていました。
これは初めての経験、実際にやれるのかと心配していました。

でも、実際にはごくごく普通に
船上で機材をすべて装備してバックロールで海に入るだけでした。

NCM_0038_convert_20150119191450.jpg

スタッフの冗談に驚かされていただけなのか、
それとも急遽、我々の体力を考えて変更してくれたのかは不明です。
後者なのかな?

海は透明度が20mときれいです。

IMG_0073_convert_20150119175242.jpg

でも、魚が少なく見るべきものがありません。

その上、流れが速く、フィンを使って泳ぎっぱなしで、疲れがどっとでます。
エアーを予定以上に使って、船に直接戻る予定が、
途中で海面浮上して、ゆっくり泳いで船に戻りました。

潜っていた時間は38分間と今までの最短でした。

唯一のハプニングは
IMG_0034_convert_20150119174905.jpg

このモンガラにガイドが襲われ、焦ったガイドと格闘していました。

卵を守っているモンガラは気性が激しく、人を襲うから注意するように言われていましたが、
実際に目の前で見るのはもちろん初めてです。

船に上がってガイドの額を見るとこぶのように膨らみ、赤く切れていました。
痛かったと見えて盛んに格闘の様子を早口でしゃべっていました。

ダイビングはあっけなく終わってしまいました。

1/20 ちょっとコーヒーブレイク by エミ

ダイビングから帰った夫と共に鴨川に。
10日間近く留守にしていた花が萎れていないか心配でした。
来てみると何とか生きていてくれ、けなげなこと。

水仙と季節外れのバラをとりあえずパチリ!

P1000256_convert_20150120123058.jpg

バリコーヒーを入れて一休み。

追伸:ダイビングの話が続いたので、これこそ一休みの妻の投稿です。

1/13 バリ島ダイビング3日目

今日のダイビングスポットはアメッドです。
車で2時間かけてポイントに行き、海岸エントリーで2ダイブを行います。

また、SHOPのスタッフ”さき”さんが同行して、ビデオで撮影してくれます。
気恥ずかしいですが、自分の泳ぐ姿を見たくて、初めてお願いしました。

このさきさん、日本女性ですがモルデイブやあちこちの国を回られ、
イタリア人のご主人とSHOPで働き、バリ島に定住されているようです。
若い人が自由に好きなことをされているのは羨ましい限りです。

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(2)_convert_20150118171900

着いたアメッドは昔の日本の海水浴場をほうふつさせる静かな場所で海に面して
食事・休憩処が並んでいます。

またもや、体力を消耗する海岸エントリーですが、2日目なのでそれなりにエントリーできました。
(イクジットの時は恥ずかしながら波を受けてフラフラで、ガイドに体を支えてもらって漸く上陸できました。)

水温28度、気温30度と温かくていいのですが、
透明度が悪く、ツバメウオ以外見るものがなかったのです。
出来上がったビデオをみるとそれなりの見どころがのっていました。

プロカメラマンの腕なのか、それとも私の見逃しなのかその差は歴然です。
ビデオからスクリーンショットして写真でお見せします。

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(5)_convert_20150118172032

恥ずかしながら、水中の2人です。

このツーショットに対抗できるのは・・負けていませんかね。
繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(11)_convert_20150118172100

気分直しにサンゴと群れを

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(12)_convert_20150118172134

ピンクの色がきれいです。

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(14)_convert_20150118172222

浅場なので太陽の陽が入って気持ちいいです。

ツバメウオの群れです。見ごたえがありました。

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(25)_convert_20150118172248

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(42)_convert_20150118172459

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(50)_convert_20150118012356

最後にサンゴの周りを泳ぐオニピッチの群れです。

自分の泳ぐ姿をビデオでチエックしたかったのですが、
見苦しい姿はさきさんが外してまともな(?)姿しかビデオにのっていませんでした。
プロ意識が醜い姿は自然にフレイムアウトさせてしまっていたそうです。
これって良かったの?

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する