1/20 ちょっとコーヒーブレイク by エミ

ダイビングから帰った夫と共に鴨川に。
10日間近く留守にしていた花が萎れていないか心配でした。
来てみると何とか生きていてくれ、けなげなこと。

水仙と季節外れのバラをとりあえずパチリ!

P1000256_convert_20150120123058.jpg

バリコーヒーを入れて一休み。

追伸:ダイビングの話が続いたので、これこそ一休みの妻の投稿です。

1/13 バリ島ダイビング3日目

今日のダイビングスポットはアメッドです。
車で2時間かけてポイントに行き、海岸エントリーで2ダイブを行います。

また、SHOPのスタッフ”さき”さんが同行して、ビデオで撮影してくれます。
気恥ずかしいですが、自分の泳ぐ姿を見たくて、初めてお願いしました。

このさきさん、日本女性ですがモルデイブやあちこちの国を回られ、
イタリア人のご主人とSHOPで働き、バリ島に定住されているようです。
若い人が自由に好きなことをされているのは羨ましい限りです。

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(2)_convert_20150118171900

着いたアメッドは昔の日本の海水浴場をほうふつさせる静かな場所で海に面して
食事・休憩処が並んでいます。

またもや、体力を消耗する海岸エントリーですが、2日目なのでそれなりにエントリーできました。
(イクジットの時は恥ずかしながら波を受けてフラフラで、ガイドに体を支えてもらって漸く上陸できました。)

水温28度、気温30度と温かくていいのですが、
透明度が悪く、ツバメウオ以外見るものがなかったのです。
出来上がったビデオをみるとそれなりの見どころがのっていました。

プロカメラマンの腕なのか、それとも私の見逃しなのかその差は歴然です。
ビデオからスクリーンショットして写真でお見せします。

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(5)_convert_20150118172032

恥ずかしながら、水中の2人です。

このツーショットに対抗できるのは・・負けていませんかね。
繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(11)_convert_20150118172100

気分直しにサンゴと群れを

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(12)_convert_20150118172134

ピンクの色がきれいです。

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(14)_convert_20150118172222

浅場なので太陽の陽が入って気持ちいいです。

ツバメウオの群れです。見ごたえがありました。

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(25)_convert_20150118172248

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(42)_convert_20150118172459

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(50)_convert_20150118012356

最後にサンゴの周りを泳ぐオニピッチの群れです。

自分の泳ぐ姿をビデオでチエックしたかったのですが、
見苦しい姿はさきさんが外してまともな(?)姿しかビデオにのっていませんでした。
プロ意識が醜い姿は自然にフレイムアウトさせてしまっていたそうです。
これって良かったの?

1/12 バリ島ダイビング2日目

今日はヌサペニダ島でのダイビングです。

同行者は我々2人と
ロンドンから来たベテラン女性の3人、それぞれにガイドがつき2グループに分かれます。

あいにく、朝から雨が降っています。
(雨季なので朝晩のスコールは仕方がありません。でも今日は1日降り続くかも。)

手前の小舟にのり、沖合に係留したボートへ乗り移り、島のポイントへ50分ほど走らせます。

NCM_0012_convert_20150118142233.jpg

島に近づくと風裏の波のないポイントを探します。
そのうち雨もやみ、太陽が降り注ぎ、透明度も期待できそうです。

NCM_0013_convert_20150118142315.jpg

午前中に2ダイブ、昼飯もボートで弁当を食べ、午後に1ダイブと1日中ボートで過ごします。

上の写真は休憩中にスタッフがシュノーケルをつけ、泳いでいます。
まったりした南の島の雰囲気一杯です。
どこか沖縄のケラマに似ています。

今日であった魚はニモ、ハナゴイ、ウツボ、タテハタ、ミノカサゴ、キューセン、アカモンガラ・・。
IMG_9791_convert_20150118132136.jpgIMG_9808_convert_20150118132212.jpgIMG_9810_convert_20150118132247.jpg
IMG_9812_convert_20150118132322.jpgIMG_9815.jpgIMG_9828_convert_20150118132512.jpg
IMG_9831_convert_20150118132545.jpgIMG_9835_convert_20150118132650.jpgIMG_9848_convert_20150118132911.jpg
IMG_9896_convert_20150118133213.jpg


サンゴ礁、魚の群れも
IMG_9833_convert_20150118132620.jpg
IMG_9840_convert_20150118132729.jpg
IMG_9841_convert_20150118132826.jpg 
IMG_9863_convert_20150118132953.jpg
IMG_9875_convert_20150118133034.jpg
IMG_9892_convert_20150118133125.jpg

やはり、陽が入ると魚もサンゴも映えます。

特にカスミチョウチョウウオが黄色できれいですね。

ケラマの海に似て大物はいませんが、透明度があり、きれいです。

この調子で明日も楽しませてくれるといいのですが。
 

1/11 バリ島ダイビング1日目

今日のダイビングスポットはトランベン、車で2時間半の場所です。

バリ島そのものは愛媛県とほぼ同じ550万米と小さな島で
トランベンはサヌールから北東の海岸にあります。
地図では近くだと思っていたのですが実際は遠いです。

サヌール市街を離れると片道1車線の道を車とバイクが
ちょっとしたレースのように追い抜きを繰り返して走っていきます。

信号待ちで少しでも前に出ようと右折車線に入り、
青になると直進車線に割り込むのも平気です。
不思議とクラクションも鳴らされず、特に意地悪もされません。
不思議なルールがあるようです。

中国の乱暴な運転とは違いますが、日本人には危なくて前をまともに見ておれません。

IMG_9775_convert_20150118013528.jpg

ハラハラしながら、眠ることなく、漸く、トランベンのレストランにつきます。

早速、準備・着替えをして
重いタンクを背負って海岸から歩いて行き、腰くらいの深さの所でフィンを履きます。
波が高く、苦労させられ潜る前にお疲れモードです。

潜ると、海の透明度は10m位と悪く、少ない魚を探します。

1本を潜った後はレストランで食事をとり、十分な休憩をとった後、2本目を潜ります。

2回のダイブで見つけた魚はコブダイやナガラ、オコゼ、カニ、ハコフグ等です。
特に見るべきものには出会いませんでした。

繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(61)_convert_20150118014208 繧ケ繧ッ繝ェ繝シ繝ウ繧キ繝ァ繝・ヨ+(38)_convert_20150118014021
IMG_9750_convert_20150118013439.jpgIMG_9733_convert_20150118013220.jpg
IMG_9726_convert_20150118013058.jpgIMG_9719_convert_20150118013014.jpg


それでも、どこにでもいる魚でも群れ(デバスズメ)のほうがやはりいいですね。

IMG_9745_convert_20150117234532.jpg 

気分直しに水面浮上時の泡でも見てください。

スクリーンショット (51)

海況はその時の天候に左右されるので、透明度、魚が少なくとも仕方ありませんが、
着替えて、また2時間半かけて帰ると思うとぞっとします。

ロケーションはリゾートぽくっていいのですが、
不安なバリ島ダイビングの幕開けでした。




 

1/10~16 バリ島でダイビングを

1/10から6泊7日でバリ島にダイビングに行ってきました。
チヌ釣り師のAKさんと2人の気儘旅です。

top_map.gif


日程は
1/10 羽田からのバリ島のデンパサール空港への移動
1/11 トランベンでの2ダイビング(海岸エントリー)
1/12 ヌサペニダ島で3ダイビング(ボートエントリー)
1/13 アメッドでの2ダイブ(海岸エントリー)
1/14 バタンバイからの2ダイブ(ボートエントリー)
1/15 ウブド観光
1/16 デンパサール空港からの成田空港への移動
     飛行時間は8時間、少し長めです。

NCM_0032_convert_20150117112024.jpg

お世話になったダイブSHOPはブルーシーズンバリです。
朝の7時にショップの迎えの車に乗り、
ショップで1日の予定の説明を受け、ダイブスポットに移動します。
ダイビング(2、3ダイブ)と昼食を取り、
またショップに戻った後ログつけをして、4時頃にホテルに戻ります。

今回で100ダイブ達成です。

IMG_0080_convert_20150117115710.jpg

まだまだ初心者ですが、定年後ダイビングを始め、100本の区切りを迎えることができました。
ケーキで祝っていただきました。

NCM_0021_convert_20150117112102.jpg

宿泊はタマンアグンビーチインでヴィラ形式のこじんまりした静かなホテルで
疲れを癒してくれました。豪華ではありませんが我々には十分でした。

それぞれ、サヌールにあり、この町は海岸リゾート地で
沢山の欧米人でにぎわっていましが、
彼らの過ごし方は何もないことを楽しんでいるようで、
優雅に見えました。

(我々以外の日本人にはあいませんでしたし、騒がしい中国人、韓国人もまれでした。)

我々もダイビングにどっぷりつかりながらも、
ゆったりとスローな時間の流れを楽しんできました。
次回からその楽しみ方を報告していきます。

1/5 初仕事はやはり草刈です。

今年の初仕事はやはり草刈です。

気になっていた謎のみかん畑を覗きに出かけてみました。

P1050003_convert_20150105162118.jpg

もうすでに大きな実がなっています。
収穫は4/中から4/末、今から陽を一杯浴びて、甘くなっていきます。

絡まった蔦や竹を切り、草を刈っていきます。

周囲は耕作放棄地でイノシシが土を掘り返し跡が随所にありますが、
みかん畑はいたずらされていません。

P1050004_convert_20150105162159.jpg

せっせと3時間、草刈りをして一段落とします。

久しぶりにかいた汗に風がそよぎ気持ちよく、タバコをくゆらせます。

1/3 完全休養です。

孫達が帰り、疲れがどっとでてきています。
孫達が特別騒がしいわけではなく、年相応なのですが、
あのパワーに接しているとこちらのパワーが吸い取られるようです。

今朝はゆっくり2度寝して、だらだらと過ごし、昼から粟斗温泉に日帰り入浴です。

P1030200_convert_20150103165246.jpg

ここのお湯は単純硫黄温泉で疲れを取るのに最適です。

P1030199_convert_20150103165204.jpg

今回はパジャマ持参です。
お湯に入っては部屋でごろんと寝ては、またお湯に入る、本当にゆったりします。
地元民ご愛用の湯治場のようです。

体が冷めないように家に直行して、またゴロゴロです。

20150103090758 (1)
(上の漬物も沢庵、白菜、奈良漬けは自家製です。初自慢です。笑)

夕食は胃の疲れもあり、娘の土産の茶漬けの素で、あっさりとお茶漬けですまして、早めに寝ます。

完全休養して、明日からは完全復活です。

粟斗温泉
住所:鴨川市粟斗1070
TEL:04-7092-1451
営業:10:00~19:00
定休日:毎週金曜日
入浴料:1100円

1/2 穏やかな日です。

昨日の雪が解け、今日は穏やかで暖かい日です。
窓からさす陽が暑いくらいです。

P1020188_convert_20150102133759.jpg
外食後、覗いた海も波がなく、鏡のようです。

外が静かなら家の中ものどかなもので、
孫のTVゲームを取り上げ、妻と長女が
何がおもしろいのかキャツキャと声をあげ、ボーリング、ゴルフを楽しんでいます。

ゴルフは苦戦していましたが、
ボーリングは昔の杵柄で180アップのスコアーを出し、両者ともご満悦です。

家の中で女性陣が機嫌いいのが一番です、家が明るくなります。

P1020192_convert_20150102140333.jpg
(お尻が大きいので、写真はUPしないでと叫んでいましたが、無視です。)

そのそばで、孫は雑誌を静かに読んでいます。

夕方にはその娘家族も帰っていきます。

明日から夫婦2人の普段の生活に戻ります。
静かさに耐えられるかな?不安です。

1/1 静かな元旦です。

家族全員で遅めのお屠蘇で祝い、
P1010178_convert_20150101151429.jpg

元気に明るく過ごせるよう、祈りました。

途中から雪が降り出し、庭が白くなり、孫たちは大喜びですが、
P1010180_convert_20150101151516.jpg

昼から柏に移動する下の娘夫婦はチエーンが必要にならないか落ち着きません。
雪の勢いはますます強くなり、予定を早めて、帰っていきます。

下の娘家族が帰ると、
上の娘の孫は雑誌を読み、大人たちは昼寝をして、急に家は静かになります。

元旦に珍しく、深々と雪が降り続けます。

P1010181_convert_20150101151619.jpg

追伸:下の娘家族はチエーンも使わず、無事柏についたとの連絡がありました。

1/1 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

P2190058_convert_20150101071633.jpg

より良い年でありますよう、心よりお祈りいたします。

鴨川でのスローライフにどっぷりと浸かり早6年、
それなりに人の輪も広がり充実してきました。
惰性だけは避け、毎年何か新しいものにチャレンジしようと
衰える体力に鞭打っていますが、なかなか・・・。

今年もバリ島ダイビングから始めます。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する