12/31 大晦日も大忙しで遊びます

朝一番に畑の手伝いをしたいという孫を連れて、
ブロッコリー、菜花、大根の収穫に向かいます。

P2014_1231_090217 (1)

”とったどう!”と得意満面の孫、収穫は子供でも楽しいものです。

家に帰ると上の娘家族がやってきて合流です。

お土産に使わなくなったTVゲームやおもちゃを持ってきてくれました。
早速、下の孫たちはすぐに虜になっています。

PC310172_convert_20141231181043.jpg

ダーツ、マリオを一緒にやった後はそれぞれが好きなおもちゃを使って遊びだします。
PC310154_convert_20141231155025.jpgPC310153_convert_20141231154930.jpg
PC310155_convert_20141231155101.jpg

レゴブロックや本を読むもの(さすがに小学6年です)、その間は静かです。
大人たちのお茶タイムです。
PC310158_convert_20141231155140.jpgPC310163_convert_20141231182119.jpg

同じ孫、同じように体験させようと、昼には流しそうめん、3時にはまき割り・たき火、焼き芋と
昨日と同じことをやらせます。

3時のお茶には3人の孫のお誕生日会とクリスマスのケーキ&焼き芋をいただきます。

PC310165_convert_20141231180955.jpg 

その後には大晦日恒例の巻きずしを全員で行います。
腹がさけたものや、細いもの、太いもの、不揃いのオンパレードですが、
わいわい言いながら作るのは年末の行事です。やめれません。

夕食はいつもは6時ごろですが、さすがに胃がついてこれず、
遅めの8時にしました。

家族ごとに鍋を囲むため、テーブルでは座れきれず、
下の娘家族は座るテーブルに分かれて食べます。

やはり、同じテーブルで食べるのが一番です。
そろそろ、全員が座れる大きなテーブルが必要になってきています。

12/30 1日中、スロフード作り

今日は朝から晩まで、1日中スローフド作りをしました。
煙が体に染みつき、良い匂いです。

先ずは、昼飯用に流しそうめん作りです。
竹を切ってきて、竹を2/3に割って、流しそうめんの台を孫と一緒に作ります。
思った以上に簡単に出来上がりました。

出来上がったころに娘夫婦がテニスから帰ってきて、早速、食べ始めます。

PC300145.jpg

天気はぽかぽか陽気、冷たいそうめんが合います。
孫たちは遊ぶだけで食べないだろうと思っていたそうめんがあっという間になくなります。
美味しい、もっとの声もでて、4束完食です。
大成功です。

次は焼き芋を3時のおやつ用に焼きます。
手斧と斧で薪を割り、小枝を集めて火をおこします。
孫たちは月桂樹の脂ののった葉がぱちぱちと音を立てて燃えるのが大好きです。

PC300136.jpg
焼きいもを忘れてたき火三昧です。
(焼きあがった時にはゲームに夢中で忘れてしまって、焼き芋は口にせずです。グスン。)

次は酒のつまみに焼き鳥を炭で焼きます。

PC300151_convert_20141230163729.jpg

さすがに息子・孫も手馴れています。
50本の焼き鳥が焼きあがるそばから次々腹に収まっていきます。
私は暖かい部屋で、焼き鳥を肴に冷酒をグビーと飲んで上機嫌です。

1日、作っては食べの連続で、スローフードを堪能しました。

12/29 雨が降れば・・・

今日は朝から天気予報通り雨がしとしと降っています。
こうなるとアウトドアー親父の私はやることがありません。

そこで帰省している孫たちを
館山に食事と温泉に連れだします。

まずは昼飯は”館山なぎさ食堂”です。
鴨川から車で真横に房総半島を横断して館山に向かい40分ほどでつきます。

PC290117_convert_20141229170822.jpg

ここは館山で定置網を自営している鮮魚卸の丸六水産が直営する食事処で、魚の美味しさは折り紙付きです。
まずはメニュー選び、孫は真剣にみて、お子様ランチを選択します。
PC290110_convert_20141229170541.jpgPC290111_convert_20141229170620.jpg
このお子様ランチ、なんと150円。安くてジイジイの懐にも優しいものです。

次に大人たちは3人は海鮮丼、一人、娘だけ具だくさんのボンゴレロッソを注文します。
実は隣に運ばれてきたボンゴレロッソを見て、
海鮮丼が上手いと勧める親を振り切って、急に心変わりして注文変更したのです。(この親不孝者め!笑い)



PC290116_convert_20141229170732.jpg

海鮮丼は見た目も味も美味く、期待通りです。

PC290114_convert_20141229170700.jpg 


このパスタも生麺を使い、ハマグリ・ホタテ等の海鮮がぎっしり詰まったもので、
これも美味かったです。
(実は文句を言いながら味見させてもらいました。親父の面目なしです。)
娘家族も女房も料理・店の雰囲気(館山湾をデッキ越しに見下ろす風景・インテリアもよく)大満足です。

食後、ルンルン気分でデッキに出て景色を楽しみます。

PC290123_convert_20141229171044.jpgPC290127_convert_20141229171000.jpg

雨上がりとはいえ、実は大人は震えるほどですが、孫は全開です。

後は冷えた体を温めるべく、”国民休暇村 館山”で日帰り入浴をして、
半日のドライブを楽しみました。

館山なぎさ食堂
住所:館山市館山1564-1
tel:0470-28-4927
営業時間:11:00~18:00


いつも混んでいます。(店の中は静かですが)
大勢の時は予約されるほうがいいですよ。



12/28 ワイルドやな!

孫たちとひだまりの郷の蕎麦の会に行き、餅つきをしました。
孫たちにとっては初めての経験、まず予行練習をして、
大人たちが餅をつき上げた後、ペッタンペッタと餅つきをやります。
PC280106_convert_20141228222916.jpg
子供用の小さな杵でも孫たちには重く、フラフラですが、一生懸命です。
5臼全部に手伝いが出来ました。

その後が驚きです。
ふらっと散歩に出かけた2人、すぐに、蛇がいると大騒ぎで私を呼びに来ます。
おっとり刀で出かけると、なんと、なんと

PC280108_convert_20141228222956.jpg

蛇を捕まえて、ぶら下げています。
ワイルドやな!怖くないようです。

これには私もびっくり(ほんとかな?)、急いでカメラで写真を1枚取ります(余裕やな)。
 
実は蛇は死んでいました。チャンチャン。

12/27 大掃除が終わりました。

気になっていた大掃除が無事終わりました。

隣の空き地から笹を切り、
その笹を使って天井や桟・壁のすすを払います。

PC270095_convert_20141227121614.jpg

少し大げさですが、東大寺の大仏のすす払いと同様、足場が悪い中での作業は大変です。

また、この作業は妻がいるときにしかできません。

もし落ちても妻がいれば救急処置をしてもらえますが、
一人だと救急車すら呼べません。

へっぴり腰ながら1年の埃を取り、後は天井の照明・FANのふき掃除です。

PC270103_convert_20141227121651.jpg

こんな作業も体が動かなくなったらどうしょうかと思いますが、
今年は何とかすることが出来ました。

あと何年できることでしょう。
健康が一番です。

これで新年を気持ちよく迎えることが出来ます。

12/26 お正月準備はできましたか?

お正月まであと少し、
気ぜわしく動いているのですが、
まだまだ、大掃除とか色々正月を迎える準備が残っています。

それでも、お酒だけは早々と準備完了しました。

PC260094_convert_20141226110810.jpg

今年の目玉は
1.純米大吟醸 福寿
  ノーベル賞受賞記念晩さん会で出された日本酒。
  ニュースで初めて知り、お取り寄せしました。
  (日本人がスウエーデンから教えてもらうなんて、変ですね。笑い)
2.麦焼酎 百年の孤独
  40代に初めて飲み、虜に。
  今では貴重な常備酒、大事にイベント時に飲んでいます。

その他、日本酒吉乃川、焼酎の空山独酌(貰い物ですが、妙に名前が私にぴったりです)、
ワインも十勝産があります。

鼻をぴくぴく動かしながら、
息子・娘たちに飲ませるのが楽しみです。
 

12/24 デッキの塗装

デッキを作って丸10年、表面がけばだつ等の傷みは出てきていますが、
それでも、腐らずつぶれず、立派に維持できています。

PC240090_convert_20141224153058.jpg

これも、毎年、梅雨前にキシラデコールを塗り、こまめにメンテナンスしてきたおかげです。
ただ、今年は遅れて今頃になってバタバタと塗装を行いました。

このデッキの上でバーベキューをやったり、寝転んだり、コーヒー片手に星を見たり、
四季に合わせて楽しませてもらっています。

私の一番のお気に入りの場所です。

12/23 今年も美味しい水を有難うございました。

今朝、富津市の田原不動様の湧き水を汲みに行きました。

コーヒー、お茶をおいしく飲みたい一心で今まで、数々の名水(久留里、熊野)を汲みに行きましたが、
ここの水が一番、私の口にあいます。

鴨川から車で40分ほどの志駒渓谷にあり、
春は桜、夏には青葉、秋には紅葉が目を楽しませてくれます。

PC230086_convert_20141223145441.jpg

田舎の細い1本道の突当にある、不動様の岩場から湧き出す水は豊富です。

PC230088_convert_20141223145514.jpg

岩場からくりぬいた丸太で水を引き、地元の人がボランテイアーで整備してくれています。
池にはきれいな鯉も人を怖がらず、悠々と泳いでいます。

2~3か月に1度、船橋用と鴨川用にペットボトルで60本ほど汲ませていただき、
心ばかりのお礼にお賽銭を入れてきます。

これで、お正月のコーヒー、お茶を美味しくいただけます。

本当に1年間、有難うございました。

12/22 やったと思ったら、間抜けでした。

今日、スーパーで買出しが終わって、出入り口付近で100円玉を拾いました。

やったと思って喜んだら、
ズボンに穴が開いていて、買い物前に自分が落とした100円玉を回収しただけでした。

それにしても、3時頃なのにスーパーが空いていて良かった。

12/21 まき割り、楽しんでいます。

朝からまき割りです。

数年前に丸太を頂き、庭に野積みしていたのを取り出し、
1本1本、斧で割っています。

PC210083_convert_20141221122144.jpg

スパッと割れた時の快感はたまりません。

逆に斧が途中で引っかかり割れないときは斧を外すのが大変で嫌になります。
節を避けて、割れそうなところを見つけて、斧を振り下ろします。

北海道など薪ストーブを使っている方の薪の量とは違って、
石窯や焚き火用の少量の薪だから、遊び感覚で楽しめるのでしょうね。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する