11/7 石窯にツタが・・・

久しぶりに石窯でピザを焼こうとしたら、
あれ、ツタが絡まっている。
P1000217_convert_20141107154159.jpg

石窯も作って10年、庭に溶け込んで、自然に戻っています。

窯は2重に耐熱煉瓦で組んでいるので、火を入れたとしても、
外側は手で触れるぐらいの熱さ20~30度にしか温度は上がらない。

このままでも、ピザを焼けないことはないが、なんとなく焼くのをためらってしまった。

”あさがおに釣瓶とられて貰い水。”てか!

11/4 夕陽がきれい

昨日に続いて、今日は夕陽がきれいに赤く光っていました。
PB040009_convert_20141104170800.jpg

雨戸を閉めようとして、見つけた一時のショーでしたが、あまりの素晴らしさにカメラを持ち出しました。

11/3 強風一過、気持ちのいい秋晴れです。

昨晩の強風一過、今日は素晴らしい秋晴れです。

まず、朝もやが向かいの山にかかり、幻想的な風景を見せてくれます。
PA260037_convert_20141103144709.jpg

そのうち、陽が上がるとともに朝もやが消え、今度は空一面にうろこ雲が覆います。
PB030007_convert_20141103144846.jpg

お陽さんの1本の線が雲を下から照らし出します。

デッキの上でコーヒー片手にしばし見とれています。

1年に何度もない朝の気持ちのいい景色です。

11/2 秋のめぐみを収穫

18号台風で倒れてしまった山芋の葉が黄色く枯れてきたので、
収穫時と思い掘ってみました。

PB020001_convert_20141102134247.jpg

小さいながら八つ手のような芋がたくさん育っていました。
台風にやられなければもっと大きくなっていたのにと残念ですが、
初めて収穫できたので、うれしいです。

この嶺岡の山には天然の自然薯が育つそうなので
山芋系の作物には土地が適しているのでしょう。

それから、いつもの喫茶店”カムカム”からキウイをいただきました。

PB020002_convert_20141102134325.jpg

私がジャムを作るのを覚えていてくれて、農家からもらったものをとっておいて、
おすそ分けしてくれました。

ありがたいことです。

11/1 気になっていた木の伐採を漸くやりました

鴨川の家は40区画ほどのミニ分譲地にあります。
この分譲地も御多分にもれず、バブルの時の高値から1/5に値下がりし、
投資目的で購入した人たちはバカらしくて見にもきません。

その為、空き地は荒れ放題で、
家に通じる道も生い茂った雑木が覆いかぶさってきています。

空き地の持ち主もわからないので連絡のしようもありません。
仕方なく気になった時に木を伐り整備をしています。

PB010040_convert_20141101150636.jpg

よく見ると山葡萄の木が自然に生えてきています。
PB010041_convert_20141101150742.jpg

これだけは残し、道に出てきている木をチエンソーで切り、
下草や木に絡みついているツタを刈払機で刈りだします。

PB010044_convert_20141101150709.jpg

もう少しで終わるときに土砂降りの雨が降り出し、中断です。

でも、かなりすっきりとしました。

気が付くと、残しておくつもりの山葡萄の木も知らないうちに切ってしまっていました。
熱中するとすぐに忘れてしまいます。
とほほ・・・・。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する