5/31 ビワの収穫

今年からビワの木の管理を任せれ、世話をしています。

先日、畑作業の合間に、ビワが黄色く色づいているのに気がつき、試しに食べてみたら、
まだ酸っぱさが残っています。

まだ、完熟には時間が必要なようです。

でも、周りを見るとビワを食べちらかした形跡があちこちにあり、
鳥や獣(ハクビシン)が出没しているようです。

彼らは完熟したものしか食べないので、木にはビワがたわわになっていますが、
完熟する頃に、残っているか心配です。

P5310153_convert_20140531152850.jpg

そこで、今日、鴨川のAさんと、手の届く範囲のビワだけでも取りに行きました。
暑い昼間、1時間もすると汗だくです。

摘果したところは効果が出ていて、大きな実をつけています。
今年は1房に1個、1房に2個、1房に3個と摘果する度合いを試しましたが
やはり、1房に1個~2個にするのが良いようで大きさに目に見える違いが出ていました。

P5310154_convert_20140531153027.jpg

充分、収穫したので、手が届かない場所は完熟する来週に残しておきます。
(もちろん、鳥や獣にやられず、残っていればの話ですが。)

今日収穫したビワは1週間ほど置いておき、完熟度合いを見ながら、
食べようと思っています。
当然、生食ばかりでは食べきれませんので、
去年評判の良かったビワゼリー、ビワ酒・ビワ種酒も作ってみます。

美味く出来るか乞うご期待です。

5/30 キス・イシモチに見はなされ、3タコです。

P5300149_convert_20140530180719.jpg

26日の夜、天気が大荒れになったら、
今まで釣れていたのが嘘のように、何も釣れません。

28日、キス釣りに和田浦に行けども、海藻などのゴミが一杯で、30分ほどで諦める。
     キス1匹のみ。1タコ。

29日、2日もたてば、海が落ちついただろうと、同じく和田浦にキス釣りに行けども、
     全く同じで、釣りにならず、それでもゴミが少ない処を釣り歩いて1時間でやめる。
     キス1匹のみ。2タコ。

30日、キスが駄目なら、濁っている海が好きなイシモチ釣りに千倉海岸に出かける。
     朝の5時~8時までの3時間粘るも、フグのみ。
     駄目押しの3タコ。ぐったり。

飽きずに、めげずに3日間やりましたが、釣れない時はどうしょうもありません。
風邪気味の身には潮風が冷たく感じます。

5/29 遅咲きのつるバラが咲き、全てが咲き揃いました。

名前を知らない品種も含め、10種類程度のバラを庭に植えていますが、
ピンクのつるバラが咲き、これで全て咲き揃いました。

P5290141_convert_20140529184351.jpg

蜜が甘いのか、蜜蜂や大きいクマ蜂が花に群がっています。

それから、既に咲いていたバラは2番花が咲き、庭は今が一番きれいな時期です。

P5290142_convert_20140529184712.jpgP5290143_convert_20140529184842.jpg
ブルーシャトーエンチャンテイッド イブニング

青のバラを探していた時たまたま買ったバラ2種、
似ていますがちょとどこかが違うようです。
青と言うより藤色で、まだ青いバラを見た事がありません。

5/27 今年も真っ赤なグミの実がなりました。

子供の時食べた、甘酸っぱいグミの実、
郷愁に駆られて植えたビックリグミの木が大きく成長し、毎年真っ赤な実をならせます。

P5270137_convert_20140527153047.jpg


潮風にも負けず、峰岡の林道筋にも自然のグミの木が自生しているように、
よほど、この自然にあっているのでしょう。

初めのころはグミの実を収穫し、生でつまんだり、グミ酒やグミジャムを作ったりしていましたが、
思っていたほど美味しいものではありません。
(子供の時の記憶はなんだったんでしょう。)

この頃は2~3粒、生で食べる以外は赤い実を眺めているだけです。

郷愁って遠くで感じているのが良いのですかね。

5/26 自然薯の植え付けと島ラッキョウの試し掘り

今日は夜から天気が荒れ、雨が降る予想です。

自然薯を植える絶好のタイミングと思い、
畑を耕運機で耕し、鍬で畝幅90㎝、高さ40㎝の畝を作り、自然薯を植えました。

これで、夜の雨で水をやることができます。(降れ降れ!)

あと、隣に生えている島ラッキョウの試し掘りをしました。

P5260136_convert_20140526172714.jpg

これで良いと言えば、良い大きさなのですが、せっかくなので後1週間ほど収穫を待ちます。

自然ともに、まじめに畑仕事をした1日でした。(笑い)

5/25 玉ねぎの収穫を終える

この前から、玉ねぎを収穫サイン(茎が横に倒れる)が出たものから、
順次見つけ、収穫してきました。

P5250134_convert_20140525173807.jpg

今年は生育が不ぞろいなのか、いつまでたっても終わりません。

次のサツマイモの植え付け準備が控えているので、
サインを無視して今日の夕方、、無理やり全て収穫をしてきました。

P5250132_convert_20140525173619.jpg

全部で100個くらいですか。

おすそ分けしたり、
オニオンスープ用に炒めた物やフライドオニオンで冷凍保存したりしますが、
夏までに食べきるのは大変です。

(玉ねぎは1年中使う便利な野菜ですが、そのままでは8月位で腐ってしまいます。)

何か良い保存法はありませんかね?

5/24 喫茶カムカムの開店祝い

P5240127_convert_20140525085218.jpg

今年の正月に和田町の花夢花夢(カムカム)広場から花園のくじら家の食事処に移転して、
再OPENした、喫茶カムカムの開店祝いが昨晩行われました。

P5240126_convert_20140525084921.jpg

集まったメンバーは地元の人・サーファー・別荘/移住者達25名ほど、
何時もカムカムにたむろする(?)人たちです。

P5240130_convert_20140525085706.jpg

ご夫婦の用意したものや常連の持ち込んだ酒・料理で賑やかに盛り上がります。
特に定置網漁師(サーファー)が作ってくれたちらし寿司や
くじら家の社長が持ち込んでくれたクジラの料理や
大寿司のマッキーがその場で握る寿司が出てくるのはこの店の最大の特徴です。

きさくで居心地のいい喫茶(食事処)を提供するカムカムのご夫婦と
ご夫婦に感謝し、少しでも店を盛り上げようとする常連客の
普段からの心使いがあらわれています。

6時から始まり、延々と飲み会が続きますが、
珍しくカムカムご夫婦はサービスに徹して飲んでいません。
P5240129_convert_20140525085443.jpg

普段なら1時間もすれば、我々と同じように出来上がっているのですが、
酒好きなのに今日は我慢しています。

それもそのはず、
10時にお開きになり、ご夫婦が車でご近所さんを家まで送って行きます。
私は店に泊めていただきました。

楽しい開店祝いでした。

喫茶カムカム
メニューはコーヒー210円、モーニングセット550円、昼定食550円等少ないが
安くて、それなりに美味しいですよ。
サーファー にとってはご飯のおかわりが出来るのはうれしいかも。

でも、作り置きせずその都度、料理を作っているので、待たされます。
気の短い人、時間に余裕のない人はパスかも。 

地元の情報を仕入れたい人にはお勧めです。

世話好きでちゃきちゃきの奥さんと
おっとりしてやさしいご主人が親身に相談に乗ってくれます。

営業時間:AM7時~PM4時
      年中無休
住所:南房総市和田町花園127-3

5/23 今日もバラめぐり

今日も妻にせがまれて、バラ園を巡ります。

P5230091_convert_20140523173939.jpg

場所は君津のドリプレ・ローズガーデンです。

ここは開園当時、私自身、ボランテイアでバラ園の草刈り等のお手伝いに行ったところで,
 勝手に親しみを感じています。

東京で会社経営されていたご夫婦が君津に移り住み、山林を開墾され、
手作りのイングリッシュローズガーデンを 4年前に開園されました。

都会人のセンスが生きた、本格的な商業ベースのローズガーデンです。

5000坪の敷地に350種・2000本のバラが植えられています。

着いたのは開園時間の9時ジャスト、お客は我々と他に2人の女性のみ、
ゆっくり庭園を巡ります。

コースに従って、歩いてはベンチでしゃべり、ゆっくりゆっくり楽しみます。
P5230092_convert_20140523174122.jpgP5230094_convert_20140523174521.jpgP5230117_convert_20140523174351.jpg
P5230097_convert_20140523174823.jpgP5230110_convert_20140523175156.jpg P5230096_convert_20140523174656.jpg
P5230115_convert_20140523181009.jpg P5230101_convert_20140523175020.jpgP5230113_convert_20140523180054.jpg
P5230114_convert_20140523180819.jpgP5230099_convert_20140523175723.jpgP5230103_convert_20140523175914.jpg
P5230104_convert_20140523180623.jpgP5230102_convert_20140523180245.jpgP5230118_convert_20140523175535.jpg

少し残念なのは今年はバラの生育が遅れていて、バラは3分咲き、むせかえるようなバラの香りは
お預けとなりました。

歩いた後はオープンテラスで喫茶を楽しみます。
P5230122_convert_20140523181158.jpgP5230123_convert_20140523181343.jpg

ケーキとお茶のセットを頼みましたが、出てきたカップが素敵でした。
ウエッジウッドのアイスローズの高価な器を使っているのには驚きです。

600円のお茶セットで数千円の器、おしゃれですね。

(割ったらどうするのだろう、貧乏人根性が出てきます。
でも、やはりビジネスライクだけではなくご夫婦の趣味の世界が入っているのですね。)

ブルー好きの妻が家に帰りネットで調べていましたが、
品切れの貴重なカップだったようで、残念がっていました。

ドリプレ・ローズガーデン
住所:君津市大野台815-85
   ダンプが走る細い山道を通りますのでスピードの出し過ぎには注意を!
TEL:050-5532-6402
バラの盛期の営業時間  ・料金
5/15~6/16については9:00~18:00 入園料金750円 無休

その他の時期については、クリックしてHPを見てください。

5/22 らん花園でランチを

今日のお昼は妻と
らん花園に行き、ランチをとりました。

このらん花園、鴨川では珍しく、バラを中心にしたイングリシュガーデンを持つ、
軽食喫茶です。
造園家のご主人が花のある時期に開いている季節限定の店で、
バラが咲き誇る5/中~6/末がお勧めです。

今日も開店時間の11:30には20名近くのお客さんが列をなし、
待っている状態で、待つこと15分、漸く席につき庭園を散策します。

P5220078_convert_20140522171605.jpg

今年は例年に比べ花の種類が少ないように、感じましたが、
それでもそれなりにバラがきれいに咲いています。

P5220082_convert_20140522171752.jpg

庭園は200坪(?)ほどこじんまりしたもので、
普通のバラ園を想像しいていると期待を裏切られます。

P5220087_convert_20140522171944.jpg

本当は昼時を少しずらして、空いている時間に行き、
ゆっくりとテラスでランチを取るのがお勧めです。

今日は一杯のお客に店側もてんやわんや、不手際が目立ちます。
これも造園家の趣味の延長の商売だと受け入れるしかありません。

夫婦そろってハンバーグランチを食べましたが、
サラダ・スープ・マリネ・ハンバーグ・雑穀米が盛り付けらた1プレートに、
コーヒー付きで1、600円、男性には量が少ないが味はまずまずです。
料金も庭園の入場料が入っていると思えばこれもまずまずです。

妻も含む中高年の女性に支持を得ている人気店です。

らん花園
住所:鴨川市広場1238
TEL:04-7093-0158
ランチタイム:11:30~16:00
定休日:毎週火曜日
注)2008年にHPを立ち上げていますが、メンテナンスがされておらず、
  ランチメニューその他が現状と違いますので注意が必要です。

5/21 分かりました。便利ですね!

P5210076_convert_20140521163211.jpg

この青いパステルカラーの花の名前が分かりました。

ふとした事で頂いた種をまいて育て、増やそうとしていました。
しかし、その名前を聞き忘れて、名前が分からず、もやもやしていましたが、
今の時代、便利になったものです。

ネットで花図鑑に写真を張り付け、問い合わせたところ、ものの10分ほどで名前を教えていただけました。

ぐだぐだ書きましたが、
その名前は”シナワスレナグサ”です。
原産地は雲南省やチベットの高地(1900~3500m)の草原や林の中に
自生しているそうです。

すっきりしました。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する