4/16 今日は3ダイブ、フルに潜る

前日の爆睡が効いて、体調も良好です。
天気も良く、朝から3ダイブを決め込み、朝2ダイブ、昼1ダイブを行う。

ただ、大潮で流れが早く、潜るポイントは限られるようです。

7:45分の集合で迎えの車に乗り、途中2人の女性を拾い、我々2人と合わせて
4名で出発する。
クルーは船長とガイドと助手の3名でゆったりダイビングを楽しみます。

まず、第一のポイントはアイスクリーム:水深18mで山形(アイスクリーム)の根があるポイントで
マダラトビエイのクリーニングステイション(皮膚についた虫をベラに食べてもらう)になっています。

P4160060_convert_20140417142350.jpg 

ここではマダラトビエイには出会えませんでしたが、 
小さな魚たちが迎えてくれ、それなりに楽しませてくれました。
1段目の左はクマノミですがこの地にしかいない珍しいものです、
その右は光る貝です。オレンジ色の光を発行して不気味ですね。後はいつもの奴です。
P4160057_convert_20140417142242.jpgP4160063_convert_20140417142448.jpgP4160064_convert_20140417142549.jpg
P4160069_convert_20140417142649.jpgP4160077_convert_20140417142755.jpg

2本目、マダラトビエイを狙い、今度こそはとパイプポイントに入る。

先客が既に入っています。
渓流釣りでもそうだが、先客が入っていると魚が逃げて姿を消していることが多い。
嫌な予感がするが、潜行してマダラトビエイをひたすら探します。

いた!、でも遠すぎる。そのうち前から後ろに回ってきたがこれも遠い。
肉眼では悠然と泳ぐ姿を確認したが、写真は駄目、ピンボケです。

その後、あちこちと探すが残念。

P4160081_convert_20140417142855.jpg  

海底砂丘、何もないですがひかりが差し込んできれいです。

P4160077_convert_20140417142755.jpg 

昼飯を挟んで、3本目、ビーチダイビングに行く。
ポイントはラウラウ、砂浜から足首が水につかる海岸を50mほど歩いて、潜行します。

ビーチダイブは久しぶり、タンクを担いでの行軍(?)は老体に響きます。
ここではアジの群れ玉を探して入りましたが、アジも他の魚もおらず、

貝殻探しに目的を変更し、ひたすら海底を見ながら行くと、やっとのことで水字貝を見つけましたが、
まだ、生きているのでこれは取るわけにはいきません。

全くのくたびれ儲けになってしまいました。

ああ!効く。2重に効きました。

ホテルに戻って爆睡したのは言うまでもありません。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する