7/18 ミニ菜園の状況 ゆっくり育って。

ミニ菜園には
ネギ、サツマイモ、ショウガ、里芋、枝豆が
育っています。
DSC_0540 (1)

8月1か月間留守にするので、
その間何も手入れをしなくてよく、
草が生えにくいものを選んでいます。

猛暑にもかかわらず、みんな元気です。

ただ心配なのは枝豆です。
9/中に収穫するつもりで、
種を逆算して6/中にまいたのですが、
もう既に花が咲きだしています。
DSC_0541.jpg

このままいくと、8月末頃に収穫時期を迎えてしまい、
帰ってきたころには大豆になってしまうかも。

自然相手だと計画通りいかないものです。

あと一つ、8月中のネギの土寄せ作業が抜けています。
土の代わりに藁を両サイドに敷いて上手くいくのかなあ。

追記:ネギはとり越し苦労でした。
    1か月程度なら後から土寄せすれば青い部分も
    白くなるとブログ友から教えてもらいました。
    有難うございます。

7/9 暢気にブルーベリーの報告です。

全国各地に大きな被害が出ているのに、
暢気に日常の報告です。

気が咎めますが、
TV東京も同じだと割り切ります。

今年、産直売り場で買ったブルーベリーの苗に
実がなりだしました。

数年前にも
ブルーベリーの苗を買って地植えにしましたが、
周りに撒いた石灰が効いて、
土壌がアルカリに代わり、枯らしてしまいました。
(なんと不注意な事)

その為、水やりが面倒ですが今回は鉢植えです。
それも、苗は大き目(3年もの?)を注文し、
特別に農家から取り寄せてもらいました。

それが見事に1年目から実をつけ、
鳥よけのネットをはがすと熟した実を見せてくれています。
DSC_0532.jpg

奥の鉢(青いネット)には
別品種のブルーベリーが植わっていますが、
まだ実は小さく、青いです。
(品種を忘れているいい加減さ)

熟した順に収穫して、冷蔵庫に保管し、
沢山になれば、ジャムでも作ってみようと思っています。

自慢じゃないですが(自慢か)
毎年、知人から実を沢山いただきジャムを作っていました。

このブルーベリージャムの評判が良かったのです。


7/7 アボガドの発芽、超スローモーです

2月に行ったアボガドの発芽作業は見事に失敗です。
気温が低いのを無理やりコタツや湯たんぽで温め、発芽させようとしました。
種が腐りはしませんでしたが、2か月経っても変化がなく、
勝手に失敗したと思い込み、廃棄しました。

5月に入って気温も20℃を超えて、適温になったので、
2度目の挑戦です。

ブログなどを見ると1~2か月で発根、発芽するように紹介されていますが、
1か月経てども一向に気配なく、
今回も失敗かなと思っていたら、
漸く2か月経って発根しだしました。
DSC_0530.jpg

左は気配なし、でも種をひっくり返すと
根の元が膨らんできているように見えます。

DSC_0520.jpg

同じ時期にやりだしたのに、成長に大きな差がでています。
個体差があるのですね。

発芽して幹が見えるようになるのは何時のことやら、
気長なものです。

今回もスーパーで売られているアボガドを食べた後の種を使いました。

考えてみれば、南米で未熟なうちに収穫され、成長抑制剤などで処置されて
長い航海をへてスーパーに並べられています。

自然のアボガドの発根・発芽と同じように考えるのが無理なんですよね。

発芽して苗木が取れればもっけもんと考えて気長に
やっていくしかないんでしょうね。


6/18 目先か数年後か? 悩みます。

今年もプラムが赤く熟してきました。
DSC_0513.jpg

毎朝、少しづつ収穫して食べています。
小さいながら甘くて美味しいです。

植えてから10年以上なりますが、
実がなるものってうれしいですね。

今年、植えた温州みかんにも
苗木屋さんの手入れがいいのか、
健気にも小さな実をつけています。
DSC_0512.jpg

本来なら苗木に負担をかけないためにも、
摘果して苗木を大きく育てるべきなのですが・・・。

悩みます。

老い先短いシルバー、
3年後の収穫か、今年の収穫か?

どっち?

6/9 今年は梅の生り年です。

庭に小さな(高さ2m)な梅の木があり、
毎年実をつけます。
DSC_0504.jpg

今年は実を一杯つけ、
網に毎日のように完熟した実を落とします。
DSC_0506.jpg

例年に比べ、大きく、数も多く、
生り年のようです。

今年も船橋の自宅の梅、鴨川の梅や貰いものの梅を
使って梅干を作りだしています。

私の作る梅干は
1.青梅の甘酢漬け:済み
2.小梅の梅干(塩10%):済み
3.完熟梅の減塩梅干(塩5%、冷蔵庫保管):これから漬ける

で、珍しく家族にも好評です。

今年は
この他にもカリカリ梅(孫の好物)にも挑戦しようかな。


プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する