2/25 椎茸の駒打ち

椎茸のほだ木を補充すべく
IMG_3059.jpg

新たに20本ほどのほだ木に駒を打ちます。
IMG_3058.jpg

今年は少し木が細めですが、
持ち運びが簡単なので良しとします。

1家族に7本ほどですが、2年に1度補充すれば、
20本ほどのほだ木が維持できて
家族で食べるには充分な量の椎茸が取れます。

駒を打ち終わったほだ木は林の中に入れ、
仮伏せをして、1,2か月間湿度を保ちます。

菌が回ったら本伏せ(最初の写真)にし、
秋には新しい椎茸が出だします。

秋と春の2回椎茸が収穫できます。

今年ももう春の椎茸が出だしました。
IMG_3060.jpg

2/22 気を回してそそくさと草刈り

昨日、いつもお世話になっている農家のOさんから
”みかん畑の草刈りやっている、
やっていなければ手伝うよ”との
電話がありました。

このミカン畑、周りは耕作放棄地で、
みかん畑の持ち主から好きにやったらと言われ、
なんちゃってオーナーにならせてもらっています。

今までこんな電話は全くなく、
何かOさんにクレームでも入ったのかと気を回し、
そそくさとみかん畑の草刈りに出かけます。

昨秋に草刈りをやっていたようで、
そんなに草も伸びていません。

せっかく来たので、ついでに草刈りを始めます。

やはり、人の気配がしないので猪の運動場になっています。
水たまりにはくっきり猪の足跡、けもの道が随所にあります。
IMG_3047.jpg

みかん畑までのあぜ道の草を刈り、
IMG_3049.jpg

みかん畑にたどり着き、ここも草を刈り、
IMG_3052.jpg

ふと見ると、
蕗の薹が沢山、芽吹いています。
IMG_3046.jpg

もう2日ほど前なら
もっといい状態の蕗の薹が採れたのですが、
残念です。

小林ミカンも今年は裏年、剪定を強めにしたので
なりは少ないですが、一つ一つが大きい実がなっています。
(4月末に収穫です。)

気を回し過ぎたのは事実ですが、
あの電話は何だったのかと不思議に思います。

やれやれ。

2/19 1周遅れの劣等野菜の収穫

遅く種を蒔いたたり、植えた冬野菜がそろそろ収穫できるかと
棚田の畑を覗きます。

皆さんが収穫したあとに、
1周遅れで収穫できるようにしたつもりですが、
やはりうまくいかないものですね。

葉が巻くには巻いたが、小さいままの白菜です。
IMG_3035.jpg

小さなままとうがたってきた水菜です。
花が咲きそうです。
IMG_3037.jpg

やはり蒔き時、植え時を守らないと
良い野菜はできないものですね。

それでも選べば、一人で食べる分には十分ですが!
強がりです。

スケベー心の完敗です。(グスン!)

2/6 何のみかん? 正体を明かせ!

数年前にホームセンターで
オレンジの苗木を買い、庭に植えました。

昨年、初めて2つ実をつけ、
お正月に孫たちが来た時に収穫しましたが、
見た目はオレンジぽくないし、
味も酸っぱくて食べれないものでした。

今年は30個ほど実をつけ、
IMG_3008.jpg

熟すまで待っていますが、
風が吹くたびに実が落ちて、
1/2ほどに減ってきています。

IMG_3010.jpg

落ちた実を食べても酸っぱくて食べらたものでは
ありません。

一体、何のみかんで、いつ頃食べられるようになるのか
皆目わかりません。

君の正体は何?

1/26 椎茸のほだ木の切り倒し

今年のシイタケはなり始めは遅かったものの、
12月頃から次から次へとなり、沢山のシイタケを収穫しました。
干して、保存しています。
IMG_2947.jpg
(最後のシイタケです)

シイタケだけはお裾分けすると、嫌がる人もなく、喜んでいただけ、
作り甲斐があります。

今日はご近所さんと2人で来季のほだ木を補充するべく
クヌギの木を切り倒しにでかけます。

IMG_2946.jpg

1軒当たり、ほだ木5本として、3軒分で15本、
2本のクヌギを切れば充分まかなえます。

この後は自然乾燥させ、桜の咲く頃に、菌を植え付ければ完了です。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する