12/2 洲崎神社に立ち寄る。

今日の昼は波左間にある”伝平で”海鮮丼を妻と食べます。
いつもながら安くて魚一杯の丼で、1時間かけても行く価値があります。

その帰り道、洲崎神社を見つけます。
普段は素通りですが、タカ&トシが旅番組で紹介していたのを妻が思い出し、
ミーハー気分で立ち寄ります。

長い階段が続き、登れるか心配になりますが、息を切らしながらも登り切ります。

IMG_1085.jpg
登りきったところに本殿が堂々とあります。
IMG_1094.jpg

さすが、安房の国の一宮だけあって、風格がにじんでいます。
参拝者もなくひっそりとたたずんでいますが、境内はきれいに掃き清められており、
地元に脈々と愛され、崇拝されているのがうかがえます。

無神論者の私でも厳粛な気分になります。

帰り道、富士山を望む高台に向かいますが、残念ながら霧の中です。

IMG_1096.jpg

妻が”幸せの鐘”を思い切りならし、遊んでいるのか?何かをお願いしてるのかな?
カンカンカン。

真下の海岸を見て、帰途につきました。

5/23 今日もバラめぐり

今日も妻にせがまれて、バラ園を巡ります。

P5230091_convert_20140523173939.jpg

場所は君津のドリプレ・ローズガーデンです。

ここは開園当時、私自身、ボランテイアでバラ園の草刈り等のお手伝いに行ったところで,
 勝手に親しみを感じています。

東京で会社経営されていたご夫婦が君津に移り住み、山林を開墾され、
手作りのイングリッシュローズガーデンを 4年前に開園されました。

都会人のセンスが生きた、本格的な商業ベースのローズガーデンです。

5000坪の敷地に350種・2000本のバラが植えられています。

着いたのは開園時間の9時ジャスト、お客は我々と他に2人の女性のみ、
ゆっくり庭園を巡ります。

コースに従って、歩いてはベンチでしゃべり、ゆっくりゆっくり楽しみます。
P5230092_convert_20140523174122.jpgP5230094_convert_20140523174521.jpgP5230117_convert_20140523174351.jpg
P5230097_convert_20140523174823.jpgP5230110_convert_20140523175156.jpg P5230096_convert_20140523174656.jpg
P5230115_convert_20140523181009.jpg P5230101_convert_20140523175020.jpgP5230113_convert_20140523180054.jpg
P5230114_convert_20140523180819.jpgP5230099_convert_20140523175723.jpgP5230103_convert_20140523175914.jpg
P5230104_convert_20140523180623.jpgP5230102_convert_20140523180245.jpgP5230118_convert_20140523175535.jpg

少し残念なのは今年はバラの生育が遅れていて、バラは3分咲き、むせかえるようなバラの香りは
お預けとなりました。

歩いた後はオープンテラスで喫茶を楽しみます。
P5230122_convert_20140523181158.jpgP5230123_convert_20140523181343.jpg

ケーキとお茶のセットを頼みましたが、出てきたカップが素敵でした。
ウエッジウッドのアイスローズの高価な器を使っているのには驚きです。

600円のお茶セットで数千円の器、おしゃれですね。

(割ったらどうするのだろう、貧乏人根性が出てきます。
でも、やはりビジネスライクだけではなくご夫婦の趣味の世界が入っているのですね。)

ブルー好きの妻が家に帰りネットで調べていましたが、
品切れの貴重なカップだったようで、残念がっていました。

ドリプレ・ローズガーデン
住所:君津市大野台815-85
   ダンプが走る細い山道を通りますのでスピードの出し過ぎには注意を!
TEL:050-5532-6402
バラの盛期の営業時間  ・料金
5/15~6/16については9:00~18:00 入園料金750円 無休

その他の時期については、クリックしてHPを見てください。

4/2 魚見塚、鴨川の絶景ポイントです。

今日の散歩の折り返し点は
一戦場公園の先にある魚見塚展望台です。

嶺岡山系の東端の海抜110mのところにあります。

かっては、漁師が沖合の魚の群れを見張っていたことから
魚見塚と呼ばれています。

今は展望台の上に女神像(暁風)がたてられており、

P4020057_convert_20140402182832.jpg

展望台に上ると左側にサーファで賑わう前原海岸が見え、
ちょっとしたワイキキ気分が味わえます。(ちょっと大げさかな)

P4020062_convert_20140402182942.jpg

右は仁右衛門島(頼朝が初戦に負け、逃げ込んだ島)がある太海の磯が見えます。

P4020063_convert_20140402183159.jpg


真ん中には鴨川松島が見えますが、
ここからよりは、旅館松島のあたりから見るのがお勧めです。

特に日の出の時間帯が神秘的な気分・景色を味わえます。

人に邪魔されることなく、最高ですね。

但し、ご多分にもれづ、ひなびた観光スポットなので
駐車場とトイレ以外は何もありません。

ひっそりとしています。

訪れる方は一戦場公園をナビに入れ、到着すると案内板に沿って
行ってください。


3/17 大黒山展望台へチョイ歩き

昨日の続き。

相浜亭での昼食後に
これまた房日新聞に載っていた
勝山にある大黒山展望台に出かける。

P3170152_convert_20140317174547.jpg

駐車場に車を置き、案内板に沿って歩くと
すぐに急な階段になる。

展望台まで10分と聞いていたが、
これが大変、息が切れ、階段を上っては一休み。
休み休みで漸く山頂(標高74m位)に辿り着く。

P3170167_convert_20140317175131.jpg

                P3170153_convert_20140317174725.jpg

着くと、ちょとしたお城の様な櫓があり、そこからの眺望が絶景です。

P3170156_convert_20140317174847.jpg

我々夫婦以外には人はいない、
海を眺めたり、街を眺めたり、全て独り占めです。
広い景色を見ると何故か気分爽快。

今日は春霞が漂っていたので、遠くまでは見渡せなかったが、
良い時には対岸の久里浜やベイブリッジ、
もっと遠くは富士山まで見渡せるらしい。

それでもこの景色に満足、
息を切らせて登った甲斐がありました。

大黒山展望台
千葉県鋸南町勝山
(ナビに大黒山展望台と入れると駐車場まで案内してくれます。)
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する