2014年1月セブ島ダイビング その7

番外編:道路・交通事情

 セブ空港近辺は舗装され、大きな工場があり、それなりに近代的な建物があるが
 そこから10分も車を走らせると、片道1車線の泥道に代わる。

 数日の雨で、道は冠水し、その水たまりに落ち込んで、ぬかるみに立ち往生する車がある。


 公共の交通機関がないマクタン島では、自転車の脇に席をつけた乗り物や

P1130112_convert_20140116160301.jpg

 バタバタと言われるバイクの後ろに席をつけた乗り物や

P1130111_convert_20140116160124.jpg

 ワゴン車を改造したジプニと言われる乗り物、

 タクシー、自転車、バイク、自家用車、商用バスが細い道を走りまわっている。

 我々はタクシーとジプニを利用したが、
 全て料金は事前交渉で決める。タフな交渉力が要求されるが、この料金も超安い。

 たとえばジプニに10人ほどが乗り、
 片道50分ほど走り、食事する間待たせて、帰ってもきても900ペソ(2000円程度)。

P1130118_convert_20140116160411.jpg

 ただ、このジプニ、途中でタイアに空気を入れさせたり、ガソリンを入れたり、自由気ままに走る。
 (どこまで事前整備されているかは疑問?、途中で故障することもありかな?)

 手伝っていたこの男の子、金を差し出すと飛んできてあめ玉を1個売りしたり、タバコも1本売りしている。

P1130119_convert_20140116160514.jpg

 機敏なことこの上なく、商売が済むとさっと自転車遊びをしだす。

 久々に、貧しくともたくましく育つ子供の姿を見た。

 追記:ご心配なく、空港からホテルまでの送り迎えはダイビングSHOPが無料でやってくれます。
    ただ、日々の出歩きにはやはり”タフな交渉”が必要です。
    旅慣れた人と行くしかありませんね。

2014年1月セブ島ダイビング その6

ダイビングの後の楽しみは夕食(もちろん酒も)。
1日目は近場のイタリアンでピザ+ビール。
 ピザ生地が薄く、チーズが効いた味に満足。 

2日目はホテルで定年出向者向けパーテイ。

P1110035_convert_20140116143414.jpg

P1110033_convert_20140116143523.jpg

 バンドが入り、メイン料理はブタの丸焼。

 延々と続くアンコールにバンドも降参、でも仲間は元気一杯で盛り上がる。
P1110043_convert_20140116143717.jpg

最後はプールの傍で打ち上げ花火の後、どうも恒例になっているらしき、
定年出向者全員のプールへの飛び込み。

寒さに震える中で、うらやましいほどの馬鹿馬鹿しさ。
何時までも若さ(馬鹿さ?)を忘れないのはいいもんですね。

続きを読む »

2014年1月セブ島ダイビング その5

今日は曇り、漸く雨がやんだが薄日が少しさす程度。
船を30分ほど走らせタニマポイントにつく。
荒れているほどではないが、少し波がまだ残っている。

気分がなえてしまったのか、船に酔う人が出てくる。

今日のテーマは貝殻を探す事と泳ぐ姿をゆっくりすることに決めて入る。
(バタバタして泳ぐ姿が醜いよと友人から注意される。自覚もあり、注意を素直に受け入れる。)

ここも魚影は濃い。(でも写真は少ないが)
P1140132_convert_20140116134747.jpg
P1140134_convert_20140116134838.jpg

続きを読む »

2014年1月セブ島ダイビング その4

2日目も風雨が強い。気持ちが萎えそう。
ポイントは10分ほどの超近場のコンキチ、ハドサン。

すぐそばでシュノーケルの人がバチャバチャしている。

P1120068_convert_20140116131635.jpg


迎えてくれたのはアジとイワシの群れ。

皆が写真を撮り終わった頃、群れに飛び込んで群れを散らす。
なんでもない魚だがやはり大きな群れになると見ごたえがある。

続きを読む »

2014年1月セブ島ダイビング その3

ダイビング初日(11日)はアイランドホッピングを予定していたが
生憎の風雨でナルスマン島近くで2ダイビングをして、島に上陸して
昼食をとる。

1ダイブが大体50分~55分、気温27℃、水温26度。

ダイビング中、6ミリのウエットスーツの私はそれほど寒くはなかったが、
4ミリのウエットスーツを着ておられる方は寒さで震えていた。
特に船が走りだし、波・雨にぬれると、風に体温を取られる。
南国のダイブとは思えない寒さに襲われる。

魚群は濃い、だが日差しがなく、海は暗く、透明度が悪い。

P1110025_convert_20140116125049.jpg

傍を泳いでいる仲間の姿もボーとしている。

続きを読む »

プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する