6/18 目先か数年後か? 悩みます。

今年もプラムが赤く熟してきました。
DSC_0513.jpg

毎朝、少しづつ収穫して食べています。
小さいながら甘くて美味しいです。

植えてから10年以上なりますが、
実がなるものってうれしいですね。

今年、植えた温州みかんにも
苗木屋さんの手入れがいいのか、
健気にも小さな実をつけています。
DSC_0512.jpg

本来なら苗木に負担をかけないためにも、
摘果して苗木を大きく育てるべきなのですが・・・。

悩みます。

老い先短いシルバー、
3年後の収穫か、今年の収穫か?

どっち?

6/9 今年は梅の生り年です。

庭に小さな(高さ2m)な梅の木があり、
毎年実をつけます。
DSC_0504.jpg

今年は実を一杯つけ、
網に毎日のように完熟した実を落とします。
DSC_0506.jpg

例年に比べ、大きく、数も多く、
生り年のようです。

今年も船橋の自宅の梅、鴨川の梅や貰いものの梅を
使って梅干を作りだしています。

私の作る梅干は
1.青梅の甘酢漬け:済み
2.小梅の梅干(塩10%):済み
3.完熟梅の減塩梅干(塩5%、冷蔵庫保管):これから漬ける

で、珍しく家族にも好評です。

今年は
この他にもカリカリ梅(孫の好物)にも挑戦しようかな。


6/4 山菜ミズの採取&ごま油炒め

今日も忙しく動き回っています。
まずは小林みかんが植わっている場所の草刈りに
汗を流します。

空き家の横を通って、山に入って行くのですが、
家の横を通った時に
がさがさと動物の動く音が聞こえてきます。

猪がいる場所なので身構えます。

しばらくして、逃げて行ったようなので、
ここから草刈り機を動かし、大きな音をたてながら、
草を刈りながら進みます。

人っ子一人いない山の中、
怖さ半分、
静かな中で気持ちがいいものです。

昼休憩は
喫茶”カムカム”で作ってもらったおにぎり弁当を
頬張ります。

山仕事にはおにぎりが合います。
美味しかったです。ありがとうね。

草を刈り終わったところを眺めてゆったり、
通り抜ける風がすがすがしいです。
DSC_0497 (1)

この後は、
近くの川に行き、
山菜ミズ(ウワバミ草)を採ります。

ミズとの出会いは裏磐梯に旅行した時、30年前です。
ニジマス管理釣り場の奥さんに
初めてご馳走になりました。

その後、房総には自生していないと思っていたら、、
”あるよ”って
山林組合の方に
ミズが群生している場所を教えていただきました。

教えていただいた時はうれしくって
毎年、採りに行ったのですが
この数年は行っていません。

久しぶりに行くと、
あれ!ミズが生えていません。
あれほど一杯群生していたのに。

温暖化が影響しているのですかね。

あちこち探し回って見つけます。

少なくなっているので、
採らない方が良いのかもしれませんが、
来年用に多くは残し、
ほんの少しだけ採っていきます。
(欲深い言い訳です。)

家に帰ったら帰ったで、
ミズの下ごしらえ(蕗のように筋をとります。)を行い、
DSC_0499.jpg

明日にゴマ油炒めにします。

甘辛にラー油のピリッとした味と
ミズのシャキシャキ感があいます。

温かいご飯でたまりません。

追伸:待てずに夕食用に作ってしまいました。
DSC_0501.jpg

6/3 打墨庵加瀬、久しぶりの都会風蕎麦を味わう。

ご近所さんとの午前中の共同作業を終え、
奥さんから蕎麦でも食べに行きませんかとお誘い頂きます。

そこで、鴨川有料道路を通るたびに気になっていた
蕎麦処打墨庵に出かけます。

蕎麦好きなのですが、繊細な味覚は持ち合わせず、
美味い、普通、不味いの3レベル位の舌しか
持っていませんので、悪しからず。

このお店は
藪蕎麦の流れの竹やぶ(柏本店)で修業されたご主人が
10年ほど前に開かれたお店で、
鴨川には珍しい本格的な蕎麦屋さんです。

ちょうど昼時、
店の前の駐車場は満杯、横の空き地に車をとめ
少し待ちます。
DSC_0493.jpg

店の作りは
古民家を移築したようですが、
重厚と言うより一見安普請ですが、
この玄関からして、
この店の店主のアイデアーとセンスの良さを感じます。

大きな切り株で玄関扉を囲むっていいですよね。

30分ほど待って入った店内も古民家の落ち着いた雰囲気と、
ちょっとした調度品の斬新さがあっています。
(満席の為、店内写真は遠慮しました。残念)

注文したのは
お昼のうらコースで、

1.そばがき
  今までのそばがきのイメージを一新するほど
  滑らかな舌触りで美味しかったです。

2.太切りそば
  10割蕎麦ではないと店の人が言っていたが、
  それに近いごわごわした味わいですが、
  味噌味のつゆは初めてですが、美味しかったです。

3.せいろそば
DSC_0494.jpg

  のどこしがよく、つゆもやぶ系にしては
  辛くなく、いい味です。
  (関西人なので
   蕎麦も腰よりのどこしの良さを好みます。) 

4.甘み
  水ようかん、これも普通においしく頂きます。

値段は2100円、
鴨川では高めでも都心に比べれば・・・。

これを高いと思うか、安いと思うかは好みでしょうが、
私はお気に入りになりました。

妻を連れていきたいのですが、
蕎麦アレルギーではどうしようもありません。

6/1 シンピジュームの植え替え

シンピジューム、不思議なもので、毎年おなじように咲くと、
大事に可愛がる気も薄れてきます。

そうは言っても、鉢一杯に根が張って、
新しい芽が鉢の縁から窮屈そうに出てきています。

鉢かえして3年、これ以上ほっておけずに、
今日、鉢替えをしました。

4鉢、それぞれ根がいっぱいで鉢から取り出すのに
一苦労です。
ナイフで鉢の周りを切り、引っ張りだします。
それでも取り出せなければ、株の一部を切り、掘り出します。
DSC_0491.jpg

根をほぐし、古い根と用土を取り除き、
新しい用土で植え替えます。

増やすつもりはないのに、
株分けすると4鉢が6鉢にまたまた増えてしまいます。

むげに捨てるのも可愛そうなので、
このまま育てていきますが、
丈夫な花もどんどん増えていき
、これはこれで困りものですね。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する