FC2ブログ

8/16 標津サーモンパークで宿題

娘家族の道東滞在も残り少し、
孫たちの作文の宿題の題材を求めて、
サーモンパークに出かけます。

ここは小さな水族館、
餌をやったり、
DSC_0676.jpg

DSC_0674.jpg

指を魚の口に突っ込んだりと
DSC_0678.jpg

体験ができる子供には楽しい水族館です。

ここにも人気の差が出ています。
人気のイトウは皆が餌をやるので、
餌を与えても見向きもしません。
普通に目にするニジマスやウグイは腹ペコ状態で
餌をやると水面に飛び出し、壮絶な獲得合戦を演じます。

チョウザメの口に指を突っ込む、
水槽には子供がへばりつき何時までたっても離れません。

これで無事、孫たちの作文は出来上がりました。
DSC_0705.jpg

私のお気に入りはフウセンウオのキュートな顔、
DSC_0669.jpg
良いですね。

今日も最後は温泉で締めくくります。
オンネトーの野中温泉、
古いながらもきれいに清掃され、
DSC_0688.jpg

硫黄の匂いが漂う温泉です。

8/15 秋の気配を感じ、お湯につかる

お盆を迎え、秋の気配が漂ってきました。
この数日はシトシトと長雨が降り、
気温も低く(今日は15~18℃)、
濃霧低温注意報が出ているほどです。

こんな時は暖かい温泉が恋しくなります。

そこで、今日は津別にある
”ランプの宿森つべつ”に出かけます。
DSC_0666.jpg

途中の津別峠は霧の中、すれ違う車はありません。

宿に着くと、
まずは腹こしなえをしてお湯につかります。
お盆で町の人が少なく、家族で独占状態です。

頭は雨でひんやり、体はお湯でほっかほか、
いつまでもお湯につかっては
”ほぉ!”と言う声が飛び出します。

塩化ナトリウームを含んだ単純温泉、
体がつるつるしてきます。

湯上り後はロビーでゆっくりします。
DSC_0664.jpg

DSC_0660.jpg

木のぬくもりを感じますね。

これでランチ(スパカツORスープカレー)と日帰り湯が
セットになって1300円です。安い!

北海道はどこでも良い温泉があり
手軽に楽しめるのが良いです。

8/14 娘夫婦向け第二弾はゴルフへ

ゴルフを始めだして、面白くて仕方ない娘夫婦。
今回もゴルフクラブを大阪から送って、万全の用意をしてきています。

予約を取ったのは中標津から40分ほどの
弟子屈カントリー倶楽部、7:30スタートです。
DSC_0658.jpg
(公民館のようなクラブハウス)

7時前に着いたら係員の人だけがひっそりと迎えてくれ、
下手な3人、気兼ねなくプレイするために
時間前に即スタートします。
DSC_0657.jpg

コースは平たんで距離は長め、
OBを気にせず思い切り打ち放せます。
(変化は少なく我々初心者用)

娘夫婦はそれぞれ目標スコアーを切り、
ドライバーが当たらなかった、
ショットの距離が合わないとか不満を口にしますが
目標を達成して満更でもなさそうです。

天気も予報を覆して、
青空が見え、暑くもなくすがすがしいです。

昼前にラウンドを終えた途端に雨が降り出します。
やはり、持っていますね。(晴れ男健在です)

1R、思い切り遊んで、これで4400円/一人、安いです。

北海道では今までにも
札幌、函館等の都市近辺でゴルフをしていますが、
これらは関東近辺のゴルフ場と同じで観光客向けの
必要以上にお金をかけた、高い遊びになっています。

それに比べ去年の下川町や中標津近辺のゴルフ場には
必要最低限のものしかなく、町民が安く、安易に遊べるようになっています。

バリエションがあるのが良いのですよね。


8/13 娘の希望で知床トレッキング

昨日娘婿が合流し、娘家族が勢ぞろいしました。
今日からは
孫中心から娘夫婦優先に変更して行動します。

まずは娘の希望を入れて知床トレッキングです。
コースは
羅臼→知床峠→知床自然センター→
フレぺの滝(ミニトレッキング)→
知床海岸食堂(昼食)→地の涯ホテル(日帰り湯)の
1日観光です。

羅臼に着いた時には立ち込めていた霧が
知床峠に近ずくともに消え、快晴の空に羅臼岳が現れます。
ものの20分ほどの変化です。
持っていますね。
DSC_0639.jpg

この景色は何度見ても飽きません。

1600m程の低い山ですが、
北海道らしい伸びやかな雄大さを感じます。

次は知床自然センターに到着して
フレぺの滝に向けて1時間ほどのトレッキングです。

家族6人、鳥やセミを探しながら元気に歩きだします。

まだら行きかう人も少なく、
静かに林、草原を通り抜けて断崖にたどり着きます。

見下ろすとそこはオホーックの海に小さな滝が落ちています。
DSC_0650.jpg

ここでゆっくり休憩して、
行きの疲れ(大袈裟です30分ほどしか歩いていませんが)をとります。

戻り路は先ほど見た羅臼岳の裏の姿を見ながら
DSC_0651.jpg
進みます。

ここまでは天候にも恵まれ順調そのもの、
娘も大満足でした。

この後の昼食に知床海岸食堂を選んだのが
大失敗でした。

ロケーション、雰囲気は良かったのですが
海鮮丼、イクラ丼を注文して
待たされること1時間10分、
魚を海に取りに行っているのかと
思うほどの遅さです。

DSC_0653.jpg

腹はすくし、腹は立ってくるくるはで、
皆会話もなくなり大ダレです。

待った挙句に
出てきたものも普通そのもの(2400円)。
DSC_0654.jpg

この店にはうんざりです。

気分を治して、
地の涯ホテルのお湯につかり、嫌な気分を洗い流します。
DSC_0656.jpg

羅臼岳の登山口にあり、ここからは車は入れません。

秘湯感もあり、まずまずの温泉に満足して帰路につきます。
良かった。救われました。

8/12 鴨川からの連絡、え!キョンが!

鴨川の家の様子チエックがてらに
遊びに行った長女から朝一で連絡がありました。

ここんところ雨が降っていないので、
庭や畑の草は思った以上に伸びず、
まだ原型を保っています。
一安心です。

夕方に
キョンが網にかかっているとの第二報が届きます。
1534104999510.jpg

シイタケのほだ木を置いている場所で
無造作に漁網を張っているのに
キョンの子供が見事に絡まっています。

数か月前のご近所さんと同様に
何故こんなに目につく網に絡まるのか不思議です。

網を切って、逃がしたそうですが、
手こづったでしょう。

ご苦労様、災難でしたね。

キョンもこれに懲りて
家の周りに近づかなければいいのですが。
プロフィール

JOY

Author:JOY
少年時代の夏休みに
丹波の田舎で過ごした遊びが忘れられず、
房総鴨川でアウトドアライフを楽しんでいます。
団塊世代の日々の生活を備忘録として記載します。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する